50歳からの海外移住生活

風とカモメの街に暮らして                               

今日も雨、寄り添って歩ける人は?

2021-01-19 21:49:20 | 海外生活、日本の将来の不安

今日も朝から雨です。
昨夜は嵐でした。
こういうお天気だと、気持ちも滅入る一方です。

仕事もない。
何処にも行けない。

11月から12月まで、ロックダウンでしたが、あの時は、まだEducationは大丈夫だったので、家で生徒を教えることが出来ました。お互いにマスクして、あちこち消毒して。

ロックダウンの間は、レストラン、パブだけでなく、お店が全て閉まります。
衣類も買えない、靴も買えない、電化製品も買えない、カーペットなどの日用品も買えない、
食料品と、ネットだけでしか、買えないので、とても不便です。
美容院も閉まってるので、髪の毛ものびてきたまま。
勿論、フィットネスクラブも閉鎖です。

ロックダウンの合間に、大慌てで、安物の靴屋で、安いブーツを買っておいて良かったです。
このようなお天気だと、足元が泥んこになるので、ブーツはとても、役にたっています。

日本はまだ、8時までレストランも開いてるので、(それでも、経営者の方は大変だと思いますが)ランチくらい、できるので羨ましいです。

夫は、週に3日、エッセンシャルワーカーの人々の子供が学校に来るので行ってます。
その他の子供たちとの学力の差がつくような気がします。
しかし、毎日のように、学校でもコロナに感染する生徒、先生、スタッフが出るので心配です。
夫は今の所、週2回、学校からもらってきた検査キットで、テストしています。

ポジティブになっても、熱が出ても、よほど、重症でない限り、入院させてもらえない状況だそうで、自宅で死ぬ人も、出てきているようです。

夫と、一緒に歩くとき、丘など登る時、夫は、いつも先に歩いて行ってしまいます。
私の歩調に合わせるのが面倒なんだと思いますが、ちょっと寂しいですね。

他のカップルや、家族連れは、仲良く連れ立ってあるいています。

このところ、意見の食い違いなどもあり、私は単なる同居人になってきました。
出来るだけ争いを避けるため、会話なども必要なこと以外、話さなくなりました。

孤独との闘いですね。日本のことを話しても、今は無関心です。

今朝方、夢を見ました。
何かの集会か、何処かにいて、席に座ってるのですが、隣に座っている男性がいます。
その人は、いつも、私のことを思っていてくれてる。
何も言わず、ただ、隣の席に座ってくれているだけなのですが、何故か、心が温かくなる、
そんな夢でした。
誰なのか、全くわかりません。
そういう人が現れてほしいという私の願望なのでしょうか?
心穏やかになる人と一緒に過ごしたい、話したい、同じような意見を持っていて、敵対しない人と話せたら、どんなに幸せだろうと思う今日この頃です。

老後は、やはり、日本に帰って心穏やかに過ごしたい、少々、孤独でも、と思い描く日々です。

ワシントンは生物化学兵器対応の臨戦態勢◇嘘ポイ菅首相の日本解体所信表明』第355回【水間条項TV】 - YouTube

この動画の中での、菅首相、施政方針演説

★秋からデジタル庁始動。
 3月からマイナンバーと健康保険証、4年後に運転免許証と一化。

 ★外国人の国内財産を、相続税の対象外にする。

 ★海外の人材がビジネスを容易に開始できるよう在留資格の特例を設ける。

他、外国人(C国人)にとって有利な政策が、書かれていますが、これって、日本人よりも外国人を優先する法律にしか思えません。

特に外国人の国内財産を相続税の対象外にするとなると、今、北海道などで、中共の富裕層に、爆買いされている土地には、今後とも、どんどん中国人が入ってくるということになりますね?
日本は、本当に乗っ取られます!恐ろしい計画ですね。

政府が、このような恐ろしい計画をしているとは、もう、日本人のための政府では、ないような気がします。
私も、もし、日本に帰ることが出来たら、選挙で投票したいです。

日本が、こんな状況になっても、2Fさんに投票する人いるのですね?
そんなこと考えたら、本当に胃が痛くなりそうです。
老後、日本で暮らす計画も、少なくとも、安泰には、暮らせそうにないです。

にほんブログ村



コメント   この記事についてブログを書く
« いよいよ、日本の近い未来が... | トップ | 今日も嵐の一日、外に出られ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

海外生活、日本の将来の不安」カテゴリの最新記事