50歳からの海外移住生活

風とカモメの街に暮らして                               

久々にブライトンまで出かけました。

2018-10-31 22:39:56 | 海外生活
今週の月曜日は、久々に隣町のBrightonまで行ってきました。

Brightonは、町(Town)ではなく、正確に言えば、Cityです。
イギリスでは、人口が10万人から30万人以上で、Catherdral(大聖堂)と、University(大学)がある
大きな町をCity(市)と呼びます。

人口2万人から10万人の町を、Large Town(大きなタウン)と呼びます。
イーストボーンは、私がここに来た当初は、(2003-2004年頃)人口が、6万人でしたが、わずか、14年の間に10万人もの人口になってしまいました。
ロンドンから移住してくる人が多いからでしょう。

Brightonには、カサドラルは、ありませんが、その代わり、パビリオンがあります。



Universityは、大きな大学が、二つあります。Brighton University と、University of Sussexです。
そのせいか、ブライトンは、若者の街であり、お洒落な、若い人々も多見かけます。
そして、若いホームレスや、ドラッグ中毒者も多いのも事実です。

月曜日は、半年以上ぶりに、ピアノのCasualレッスンを受けに、ブライトンの先生の所に行きました。
クラシックの先生なので、私の生徒が弾きたがってる、グリークのコンチェルト、と、ドビュッシーの月の光、そして、ほぼ完成に近いショパンのノクターンC♯minorを、殆ど練習もしていないのに、見ていただきました。
いつも、この先生のレッスンを受けると、やる気が出ます。そして、レッスンを受けた後は、満たされた気持ちになります。

先生のお宅のピアノは、YAMAHAのグランドピアノ、すごく大きな音量が出ます。
クリアな音で、先生の家の広いラウンジでも、かなり大きすぎる音量のピアノです。

私は、どちらかと言うと、以前おいてあった、スタインウェイのアップライトの静かな、柔らかい音の方が好きです。

ピアノのレッスンが終わった後、この日は生徒さんが来ないので、ゆっくりして帰ることにしました。

ブライトンに行った時は、たいてい立ち寄るChilli Pickleというインド料理の店。
月曜日は、ターリーがお安い値段で提供されています。

一人だけど、一人でも入れる雰囲気のレストランなので、お昼を食べていくことにしました。

注文を取りにきた若い男性!めちゃイケメン!
思わず、うっとり。。。ずっと見ていたい! 見てるだけでいい。。と思いました。
そして、その彼は、チャーミングな笑顔で、親切な対応をしてくれました。

残念ながら、お年よりの町、イーストボーンでは、絶対、こんなイケメンを見かけません。
住人は、太った人や、ダサい服装の(私も含めて)人が殆どです。

お店と言えば、High Streetに立ち並ぶCharity Shopばかり。Taxがかからないのと、働いてる人が全員、ボランティアなので、経営が成り立っているのでしょう。




ターリーのセットメニュー、これで、10ポンド(約1500円)です。
消費税が20%含まれている料金なので、かなり、お安く感じます。

結局、食べきれなくて、3種類の料理をナプキンに包んで持ち帰りました。
黄色いカステラ、これは、甘くないカステラなんです。カレー味の、でも、美味しいです。

食事のあとは、サウスレーンをぶらぶらしました。
アートギャラリーや、狭い路地に、小さないろんなお店が並んでいます。

ハロウィーンの前とあって、お店には、こんな蜘蛛の巣を張り巡らした飾りつけが、なされていました。



お店のショウウィンドウには、こんな人形が飾られていました。



さすが、ゲイの町だけあります。

帰りは、ブライトンに来るたびに立ち寄る日本食料品で、買い物をして帰りました。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 急に寒くなりました。 | トップ | 映画 Bohemian Rhapsodyを観て »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

海外生活」カテゴリの最新記事