50歳からの海外移住生活

風とカモメの街に暮らして                               

8月最後の海水浴、日本には、いつ帰れるかな?

2020-08-26 07:29:23 | 海外生活

昨日は、朝から晩までずっと嵐。
今日は、朝から晴れて、やれやれ。
先週の木曜日が、この夏、最後の海水浴か?
あれから、気温が下がり、お天気も、ぐずついたお天気が続いた。
先週は、海辺の近くのレストランに、友人と、そのパートナー、うちの夫との4人で食事会。
この日はお天気でよかった。
イギリス政府の、太っ腹な計らいで、8月末まで、月、火、水、とウィークデイの3日間が、レストランでの食事が半額になるのだ。何と政府が、50%、レストランに負担してくれるとのこと。
そんなわけで、月から水曜日は、レストランは満員。といっても、普段より、ソーシャルディスタンスを空けないといけないから、テーブルは、隣との間は、開いていて、ちょうど、快適な広さ。



夕暮れ時のレストラン、外の席は寒いので、中にしてもらった。

勤めている人は、今も出社しなくても、政府から給料の80%が支給される。
何と、最長で10月末まで支給されるのだそうだ。
なんと、太っ腹なんだろう?!
そして、どこから、このお金は捻出されるんだろう?
日本とは、えらい違いだ。

しかし、解雇された人には、この政府からのお金は、支給されない。
私の周りでも解雇された人はいる。
たとえば、夫の息子のパートナー(彼女はグラフィックデザイナー)とか、隣の住人の若い男性(IT技術者)も解雇されたという。
それにしても、皆、なんとか、暮らしていってるようだ。



木曜日の海岸、この日、泳いだのが最後。前日、お天気が悪かったせいか、海の色は、茶色っぽくて、海藻がいっぱい浮いていた。でも、この日は、穏やかな海だった。



私たちが泳いでる、すぐそばで、カモメたちも泳いでいた。



のんびりヨットの姿も。


最近のお気に入りスナック、タラマサラータ、たらこにレモンジュースのディッピング、ライスケーキにディッピングして、小腹が空いたときに。





それにしても、未だに、いつ日本に帰れるのか見当がつかない。空港での検査、PCR検査は、鼻の穴に、ぐりぐり突っ込まれて痛いらしいし、陰性でも、公共の交通機関は使って帰れないし、タクシーもダメだというし、2週間の隔離、これじゃ、とても帰れない。

飛行機も直行便が今の所、飛んでいない。
友人の話では、British Airwaysは、3月末から飛ぶらしいと言ってたけど、旅行代理店に聞いたところ、キャンセルになる可能性もあるので、もう少し、様子を見てから、10月以降に予約した方が良いと言われた。
まだ、どうなるか、旅行代理店の方でも、検討がつかないそうだ。

にほんブログ村




コメント (7)   この記事についてブログを書く
« 夏の終わり。温厚な夫だった... | トップ | 今年初めての旅行、夫の息子... »
最新の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (SYU)
2020-08-27 10:27:27
今日は!

レストランの半額セールといい、給料の80%保証といい、私達から見ると素晴らしい国のシステムですね!
でもそのお金はどこから?と思いますね。

このコロナ禍、外国への渡航はいつになったらスムーズに行けるのでしょうね。 とても気になります。
Unknown (SYU)
2020-08-27 10:27:43
今日は!

レストランの半額セールといい、給料の80%保証といい、私達から見ると素晴らしい国のシステムですね!
でもそのお金はどこから?と思いますね。

このコロナ禍、外国への渡航はいつになったらスムーズに行けるのでしょうね。 とても気になります。
Unknown (SYU)
2020-08-27 10:29:22
ごめんなさい、間違えて2度も送ってしまいました。
イギリス政府の大判振る舞い (SYUさん、コメント有難うございます。)
2020-08-27 15:57:22
本当に、殆どの人は、今、コロナウィルスで、自宅勤務の仕事をしてる人が多いです。
でも、少数ながら、仕事を失った人もいますし、レストランでも、再開できてないところが、半分くらいあるようです。特に、バッフェスタイルのレストランは、安くて人気でしたが、今は閉じています。

さて、このお金、いったいどこから来るのでしょう?
一方で、こちらの医療事情は悪くて、病院は、どんどん閉鎖されていってますし、コロナでの死者も相変わらず、毎日出ています。
Unknown (Keiko)
2020-08-27 18:15:01
最近寒いですね…海で泳ぐ時はウェットスーツか何か着られるんでしょうか。

夫はもともと出勤日の少ない役職でしたが、8末までは8割補償だったのが9月から7割補償に減るそうです。それでも自宅にいるだけで7割ももらえるなんて信じられません。
政府債務が増えて増税にならないか心配です。

私も白日夢さんと同じく春の里帰りをキャンセルしたのですが、10月に日本に行くことにしました。
今は唾液検査で待ち時間も2時間だそうです。2週間隔離は憂鬱ですが、空港から認可タクシーで帰宅すれば自宅にいられます。
待っていても状況がよくなるとは限らず、決断が難しいですね…。
keikoさん、コメント有難うございます。 (白日夢)
2020-08-27 19:07:57
海で泳ぐときは、ウェットスーツ着ないですよ。
着てる人もいますが、水は思ったほど冷たくないです。
でも、コーンウォールに数年前行ったとき、ウェットスーツを着て、ボディボードをしましたが、それでも、1時間も波乗りで遊んでると、冷たさで手足がしびれてきます。
年々、温暖化で、海の水も暖かくなり、お天気の良い風のない穏やかな日は、海から上がった後の日光浴も気持ちいいです。
それでも、泳ぐ時間の限界は、20分くらいで、それ以上だと、やはり手足が冷たくなるので、海から上がってきます。
今は、唾液で検査できるんですね?
2時間待ちとは、随分、楽になりましたね?
政府(厚生労働省)のサイトによりますと、数時間から2日間と書いてあったので、無理~~と思ってしまいましたが。
それから、タクシーはだめで、ハイヤーならいいんですね?!検索したところ、いろんなハイヤーの会社が、送迎してくれるみたいです。
ただし、PCR検査で陰性になった人のみみたいですけどね。Keikoさんは、ロンドンから成田、または羽田ですか?それとも関空ですか?
Unknown (Keiko)
2020-08-27 20:55:28
私は泳げないので(笑)海に入りたいと思ったことがないんです。せいぜい足首まで。
イギリスの海は濁っているような気がして見ているだけでとても怖くなります…白日夢さんと正反対でとても臆病です。

今回はロンドン~羽田のANAを利用することにしました。タクシーも羽田の方が安いし。(笑)
唾液検査の場合はわかりませんが、先日帰国した友人は結果を待たずに滞在先に移動できたそうです。滞在先宛に翌日結果の連絡があったとか。
陽性でも陰性でも同じく2週間経過観察だそうです。
コロコロ変わるので、どこかにはっきりとわかるように情報提示して欲しいですよね。

白日夢さんも早く一時帰国できるといいですね。

コメントを投稿

海外生活」カテゴリの最新記事