50歳からの海外移住生活

風とカモメの街に暮らして                               

気が沈む出来事が、続けてやってくる。

2019-07-17 20:22:41 | 日記

穏やかで、平和な日々が続いたらどんなにいいだろうと思うのだけど、現実は、なかなか、そんな風に
行かない。
切れやすい夫は、また庭の事で切れた。
庭は、自分が取り仕切らないと気が済まないのだ。
雑草を抜いたら怒るし、だから、出来るだけ我慢出来る範囲で、雑草を放置しておいてる。
日本だったら蚊がいっぱい出てきて困るけど、こちらは、蚊がいないからまだ我慢できるけど。

今日は、生徒さんが帰った後、車の掃除、そして庭の掃除、そして、気になるところだけ、こっそり、
雑草抜きをしていた。
ミントが庭にじか植えしてあったので、抜いて、鉢に移した。(どうやら、夫が植えたらしい。
というのは、ミントは、すごく増えて、庭を、覆いつくすからだ。
ミントはどんどん増えるので、今まで抜いていた。
でも、今日は、又切れやすい夫が怒った。勝手にミントを抜いてと言って。

それ以来、口をきかない。ちょっとしたことで切れるので困ってしまう。
仲睦まじい夫婦が羨ましい。
と言っても、この国の人々は、ちょっと気が合わないと簡単に離婚するからね。
離婚してるカップルの多いこと。
私みたいに我慢なんてしないのだ。

私は、日本にも、家族はいないも同然。
淋しい人生だ。



昔、植えた小さなラベンダーが大きくなって、こんなになった。
ミツバチがいっぱい、集まってくる。とても、良い香りがするのだ。

夫が、誰かからもらってきたブラックカラント、可愛いベリーが出来ていた。
黒くなったら、食べられるのかな?



ペニーに会えなくなったフィリスさんのこと、1週間に1度くらい訪ねていくが、今まで可愛がっていた最愛のペットに会えなくなって、かなり淋しいようだ。

そりゃそうだ。私でさえも、淋しくて仕方ないのだから。

シナモントラストから新しい犬の散歩の依頼があって、1週間に一度、行ってるけど、やはり、ペニーのような可愛さはない。
でも、散歩させるというルーティンワークが、私には必要なのだ。

もう一つ、ショックなことは、中学時代からの親友が、生死をかけるような大きな手術をしないといけないということだ。検査入院をして、背骨に注射をされただけで、死ぬほどの痛みだったという。

母も悪性リンパ腫の時、背中と胸に、骨髄液を取るために、注射をされたけど、「あんな注射されるくらいなら、死んだほうがマシ」とよく言ってた。

親友は、背中の骨にメタルを入れて、大がかりな手術を2度に分けてしないといけないそうだ。
いつも、明るい、どんな時も、明るく私を励ましてくれた友達が、電話しても出なかった。
ラインのメッセージでようやく答えてくれた。

どれほど、ショックで辛いだろうと思うと、胸が苦しくなる。
他人の私自身でさえ、ショックで、息をするのも苦しいくらいだ。
何もしてあげられないことが、辛い。
励ましの言葉も、今の彼女にとっては、無意味に聞こえるだろう。
手術を迎えることが、どんなに恐ろしいだろう。

こちらの友人のYさんの弟さんも、最近、事故で、足を切断することになった。
足を切断した後も、離婚した奥さんはおろか、3人いる子供たちのだれ一人も、お見舞いに
来てくれなかったそうだ。

その話も、辛すぎると思った。
彼はお姉さんのいるこのイギリスに、お姉さんに会いに来る予定だそうだ。
たった一人、自分を受け入れてくれる家族に会いに。

もう一人、若い友達、元私の生徒のMちゃんのお母さん、この方も、内視鏡の手術をする予定だそうだ。
次々に、私のまわりで起こる大変な出来事に唖然としてしまう。

私などは、足底筋膜炎くらいで、しかも何とか歩けるから、幸せだと思わなきゃいけない。
健康であることに感謝しないと。

怒りんぼで切れやすい夫だけど、仕事も殆どなくて不安定だけど、それでも、何とか健康でいてくれることに、感謝しないと、と思ってしまう。

その一方で、ビジネスで成功して、お金持ちの夫の友人の優雅な生活、世界一周旅行の話など聞いても、ふ~ん、そんな人もいるんだと思うくらい。

それにしても、平和で、穏やかな生活が一番だと思うけど、なかなか、上手くいかないものだ。






にほんブログ村
コメント   この記事についてブログを書く
« ハイパージャパンというイベ... | トップ | 息子との決裂。心に決めなけ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事