50歳からの海外移住生活

風とカモメの街に暮らして                               

悲しい夢

2019-01-07 17:23:23 | 日記
今朝がた、とても、悲しい夢をみました。

私は、母と一緒に旅行しているのですが、旅館に行っても、母の姿は、見当たらず。
必死で探しまわります。電話もするのですが、電話には誰も出ない。
一体、どこに行ったのだろう?
と悲愴な気分になります。
母は、一体どこなの?
こんなに会いたいのに、会えないなんて、それに、どこに行ったかわからないなんて。
夢の中で、気が狂いそうなくらい、母の事が恋しくてたまりません。
どこに行っても見当たらない。

そして、夢の終わりに、もう、母は、この世に存在しないことを悟ります。
その時のショックときたら、私は泣きわめきます。
私も、同じところに行きたい!!
母に会いたい!と言って泣き叫びます。

そして、夢は覚めました。
夫が、悪夢を見ているのだと思って起こしてくれたのです。

この夢を見た後は、気分が、いつもより落ち込みました。
外は、どんよりとした曇り空。

そうそう、そういえば、犬のボランティアに行ってる飼い主さんが、病院に入院したとのこと。
昨日、散歩に行こうと思ったら、誰もいなくて、犬もいませんでした。
がっかりしましたが、多分、息子さんたちと一緒に犬も連れて散歩してるのかと思いましたが
テキストメッセージをしたところ、飼い主さんの息子さんが、「大変なことになった!ママが倒れて
入院した。」という返信がきました。

別のボランティアの人が犬を預かっているそうです。
私が本来ならば、一番、長い正規のボランティアなんですが。。。

ちょっとショックでした。
今まで、真っ先に、私に知らせてくれたのに。
そんなこと考えても仕方ありませんね。
でも、早く飼い主さんが元通り、元気になってくれることを願います。

私の方も、最近は、仕事が少なくて、つらいです。
夫は今日も仕事がなくて、アプリケーションを書いていました。
一件のアプリケーションを書くのに一日仕事です。
それでも、面接までこぎつけるかどうか?

在宅の翻訳の仕事などもWebで調べてみましたが、何となく怪しい感じの仕事(ブランド品の買い付けの仕事など)が多いので、応募するのは、やめました。

私は、以前、ブランド品の買い付けの仕事したことありますが、ロンドンに行く交通費にもならなくて、おまけに大金をもって歩くので、すごく怖かったのを思い出します。二度とやりたくないです。


クリスマス前にサマーセットに1週間、留守していたので、ゴンキチの事が心配でした。
出かける前に、チキンや、ドッグフードのドライフードを、庭にたくさん置いておきましたが、
果たして、ゴンキチ、サバイバルできるかどうか?
もう、年寄りキツネだし。。

暫くゴンキチの姿を見なかったのですが、餌を置いておくとなくなってるので、何とか生き延びているかと思っていました。

おとといの朝、ゴンキチが向かいの家の庭に横たわったまま動かないので、夫はゴンキチが死んでると思ったそうです。
でも、何時間か後に、私が舌打ちして、「ゴンちゃん」と呼ぶと耳が動き、起き上がりました。
生きてた!生きてくれていた~~!
どれだけ嬉しかったか!?
ゴンキチの存在は、私たちにとって、とても大切な存在だとあらためて気づきました。



お久しぶり~ どこへ行ってたんだよ~?!




にほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 節約?それとも、ケチになる... | トップ | 老後の不安 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事