50歳からの海外移住生活

風とカモメの街に暮らして                               

ABRSM jazz piano grade5 課題曲に選んだ曲

2017-09-06 21:52:03 | 楽器演奏
いよいよ、秋めいてきました。
朝晩は、寒いくらいです。
でも、まだまだ昼間は暖かくて、気温は、快適な気温です。
昨日、おとといと、雨模様で、肌寒く感じました。
このところ、最高気温は、18度くらいで、ちょうど心地良い気温です。

秋のABRSMの試験の季節が迫ってきました。
今回、私の生徒さんで、受ける人は、たった一人です。
まだ、準備できていない人が殆どだから。
仕方ないですね。

私は、自分自身、ジャズピアノグレード5を受けるつもりです。
これで、ジャズピアノグレードの最上級になるのですが、本当は、グレード8くらいまで
あった方が、勉強の目標になるのに、と思います。

このレベルは、まあまあ、中級ジャズピアノといった程度かなと思っています。
それでも、私にとっては、このジャズピアノの勉強をすることで、大変、意義があったと思えるのです。

スケールは、未だに、どういう時に、ドリアンコードを使うのか、ミクソリディアンなのか、リディアン
なのか、未だにわかっておりません。
ペンタトニックと、ブルースコードも、どういう風に使い分けるのか、わかっておりません。
ただ、単に試験のために、丸暗記してスケールの練習をしているだけです。

曲は、課題曲、ブルース5曲、スタンダード5曲、コンテンポラリー5曲の中から、1曲ずつ選んで、与えられたコード進行で、半分くらいインプロバイズするというものです。

あとは、オーラルテスト、クイックスタディという科目があります。

今回、私が選んだ曲は、ブルース Jamming with Jools

https://www.youtube.com/watch?v=9LxcufMGe_E&t=2s

スタンダード Take the A train

https://www.youtube.com/watch?v=7f8umBIE4wY

コンテンポラリー Waltz for Autumn

https://www.youtube.com/watch?v=hPS1Xz1jW60

Youtubeといえども、カメラで自分自身が、弾いている姿を撮影するとなると、なかなか緊張するものですね。そのせいか、間違いが、多く、なかなか、ナーバスになって、リラックスして弾くのは、難しいなと思いました。



庭のバラは、今も満開。庭から取って来たフィーシャスとバラ。
マーメイドは、夫の作品(陶芸)

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 初めてのディンギー | トップ | Secret Gardenを見つけた日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

楽器演奏」カテゴリの最新記事