50歳からの海外移住生活

風とカモメの街に暮らして                               

イギリスの「なんば花月?」に、行ってきました!(^^)/

2018-08-28 17:22:43 | 海外生活
土曜日から夫の娘さんが来ています。

昨日は、ブライトンのKomediaまで行き、ガマージョバット(日本名 がーまるちょば)を
観に行きました。

ガマージョバットを知ってる人は、日本人では,少ないかも?
イギリスのエジンバラフェスティバルで優勝して有名になった人達です。



ガマージョバットを観に行くのは、これで、3回目です。
今回も、思い切り笑いこけました。

ロンドンの日本人向けニュースペーパーで、ガマージョバットが来ることを、知り、早速、予約したのです。



会場は、笑いの渦に巻き込まれていました。
パントマイムで、全く言葉を話さないコメディなのですが、観客を巻き込んで、やる芸は、本当に
何度、行っても、面白くて、思い切り、笑わせてもらえます。

15ポンドの料金は、60歳以上だと10ポンドと割引があるんですが、今回は、娘さんの分も払ったので
手数料、一人1ポンドずつで、合計、38ポンドでした。

彼女も楽しんでいたようで、良かったです。
昨日は、バンクホリデイだったせいか、小さな子供たちも、大勢来ていました。
そんな観客層をみてか、ガマージョバットの昨日の芸は、ちょっと子供向け、みたいな感じもありました。

前回、5年ほど前に行った時は、殆ど、大人ばかりだったので、内容も、ちょっと、ちがっていました。
ちょっと、Hっぽい内容も。。。(#^.^#)

そして、前回行った時は、前の方の席だったので(早めに行ったので)一緒に行った友人の一人が、
ステージに呼ばれて、恥ずかしそうにしていました。

今回は、開演時間ぎりぎりに行ったので、後ろの方の席しか空いてなくて、視力の悪い私は、あまり見えなくて残念でした。

それでも、四六時中、大笑いをして楽しい気分になりました。
こんなに笑うことって、滅多にないことですから。。。

今回は、初めて、ガマージョバットのお二人が、最後にスピーチをしました。

拍手喝さいがあって、お二人が再登場した時に、初めて、声を出して、話したのです。
"We can speak!" と行った時は、「おお~~!本当だ!」とびっくり。
一人は、英語を流暢に話していましたが、もう一人は、恥ずかしそうに、"Thank you very much!"
と言った後、日本語で、「本日は、どうも有難うございました!」とあいさつされました。

夫は、それを聞き逃していました。
しかし、前の席の方に、何人か日本人の人々がいたので、きっと、その方たちに向って挨拶したのかも?

遠くの席で、ちょっと残念でしたが、思い切り笑って楽しい夜を過ごしました。

帰り際、夫がビールを飲みたいというので、パブに立ち寄りました。



お洒落なパブでした。照明が素敵~と思いました。



パブによく置いてある年季の入ったピアノ。



ちょっと弾いてみましたが、ホンキートンク調の独特の音色でした。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 熱中症になった時のこと(死... | トップ | 何やら、大変なことの多い九... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

海外生活」カテゴリの最新記事