50歳からの海外移住生活

風とカモメの街に暮らして                               

夫の同僚を招きました。

2018-06-24 13:21:38 | 料理
昨日は、朝から、仕事の合間に、料理の準備で、大忙しでした。
ちらし寿司と、マグロのカルパッチョ、それに、野菜のお味噌汁でしたが、ダグの奥さんがベジタリアンということで、お味噌汁は、カツオだしの入っていないもの、そして、カルパッチョは、マグロの代わりに豆腐を使いました。

当日は、庭のバラの花を切って、マントルピースの上に置いて、おもてなしの準備をしました。
花瓶は、亡き母が、陶芸で作った花瓶。



最初は、このメニューで気に入ってくれるかどうか、少し心配でした。

特にアダムは、お魚が食べられないとのことで、大丈夫かなと思っていましたが、心配は、無用でした。

マグロは、二皿分(4人分)用意して、豆腐は、一皿分(1、2人分)用意しました。
でも、アダムと、ダグでマグロのカルパッチョは、完食してくれました。

それに、ちらし寿司は、お茶碗に、何杯もお替りをしてくれました。



皆、Gorgeous! Gorgeous! と繰り返し、褒めてくれました。
そして、美味しい、美味しいという言葉も繰り返してくれて、とても嬉しかったです。




マグロのカルパッチョ、

土曜日の朝、最初の生徒さんが来る前に、海岸沿いの魚屋さんに、買い出しに!

1.マグロにマヨネーズとわさびを塗り付けて、その上に、胡麻を振りかけて、下準備する。

2.サラダ用のドレッシングを作る。(醤油、ごま油、酢、みりん)
 
3.ニンニクのみじん切りを用意しておく。

4.サラダ用に、レッドオニオンのスライス、そして、ロケット(なければ、水菜などで代用する)
 トマトをスライスしておく。
 お皿にあらかじめ、これらの野菜を敷き詰めておく。

5.フライパンに、多めのオリーブオイルをしき、みじん切りにしたニンニクを、キツネ色になるまで
 炒めて、マグロを、ミディアムレアに軽く表面だけを焼く。

6.そして、焼いたマグロを一口サイズに切り、サラダの上に乗せ、上から炒めたガーリックと、用意して あったドレッシング をかける。


ベジタリアンには、マグロの代わりに豆腐を用意。



アダムは、お土産に、素晴らしい花束を持ってきてくれました。(花瓶は、夫が陶芸で作ったもの)



狭い我が家なので、花瓶を置く場所がありません。
壁にかかっているのは、私の描いた絵。



いろいろ話が尽きることなく、彼らは11時過ぎまで、我が家にいました。
私にも、いろいろ気遣ってくれて、ゆっくりと、私にもわかるようなスピードと話題で話してくれて、楽しい時間を過ごせました。

お料理の準備は、結構、大変でしたが、久々に、私自身も、滅多に作らない料理を、客人と一緒に、食べることが出来て、楽しめました。

そして、お客様が来る前に、何もかも準備しておいたので、お客様と一緒に会話が楽しめたことは、良かったなと思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« Summer Solstice (夏至)の一... | トップ | 騒音に悩まされる日々 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

料理」カテゴリの最新記事