50歳からの海外移住生活

風とカモメの街に暮らして                               

毎日、喧嘩の日々、本当に疲れてしまう (-_-;)

2021-01-07 07:27:14 | 海外生活 コロナウィルスの影響

今日から、ロックダウン、
朝から歯医者の予約があった。
いつもの担当の歯科医の先生と会って、いろいろ相談をした。

年末に右奥の歯が痛み出して、別の歯科医に、「これは、抜くしかない」と言われた。
Antibiotic(抗生物質)を5日分、処方されて、痛みは和らいだけど、根っこが殆ど残っていないので抜くしかないと言われた。
毎日、一生懸命、歯磨きして、Hydorogen Proxideも使って消毒して、痛みは殆どなくなったけど、それでも、歯茎から、血(膿)が出る日もあって、やはり、抜かないといけないのかなと、覚悟はしていた。
今日、いつもの先生に相談してみると、とりあえず、クラウンの端っこの方が、壊れていて、そこから、歯茎の痛みがあるのかも、ということで、とりあえず、クラウンを外してみて、新しいのに変える処置をしましょう、と言われた。
もし、それでも、ダメなら抜くしかないでしょうと。

もう、右下は、歯が、もう殆どないから、この奥歯がなくなったら、噛む歯がなくなる。
かと言って、奥がないので、ひっかけるフックがなく、入れ歯は難しいとのこと。
インプラントは、恐ろしすぎて、パス!!
歯がなくなり、ますます年寄りになってしまう。
出来る限り、歯を抜きたくないので、クラウンを変える処置に、賭けてみることにした。
次回の処置の日は、2月初めだ。

今日は、診察代、78ポンド、(1万1千円ほど)
クラウンを変える処置は、300ポンド(4万2千円ほど)
そして、抜歯をするなら、さらに(2万1千円ほど)かかる。
日本に帰れる見通しが立たないから、仕方ない。こちらでやるしか。

こんなに、出費が多くなるのに、仕事が、一つも出来ないので、今月と来月は、無収入になってしまう。厳しいな。コロナがなかったら、貯金も、多少、出来ただろうに。

生徒さんにも、全て、ロックダウン解除になるまで来てもらえなくなってしまった。
2月の終わりくらいまで、ロックダウンは続くようだ。
収入だけではなく、精神的に落ち込んでしまう。

日本はお店もフィットネスクラブも開いてるし、仕事も出来る、学校も開いてる。
レストランなどは、時短で閉まるだろうけど。

この国の子供たち、一年の半分以上も学校に行けてない。
それだけでも、大丈夫なのかと思ってしまう。

仕事をしている人々は、殆んどの人がファーローのお金が政府から支給される。
だから、日本みたいに、文句言う人は、殆んどいない。
給与の80%が、仕事を休んで何もしなくても、支給されるのだから。
勿論、自宅で仕事をしないといけない人もいるけど、日本とは、えらい違いだ。

今日、夫は、またTVニュースを観ていて、アメリカの虎さんファンの様子、虎さんのことを、ボロクソに、けなし始めた。
聞いていて不快なほど、そして、私のことを、せせら笑い始めた。
こんな陰湿な性格だったのか?と思うほど。

近頃、イギリスに来たことを本当に後悔する日々が続いてる。
ここに来なかったら、母と一緒に暮らしていたかもしれないのに。
母と、一緒に暮らしたかった。
子供の頃から、母が一人きりになったら、絶対に一緒に暮らすと決めていたのに。

TVニュース、それで、また喧嘩になってしまった。
マスメディアの言う事しか信じない夫。
中国のことは、批判しても、梅さんを応援する夫。
梅さんが好きだからでなく、虎さんが嫌いだからだ。

でも、スーパーマーケットのMarks and Spencerが、中国からの商品を一切、仕入れない方針を決めたというニュースを教えてくれた。
今日、実はM&Sで、スリッパを買ってきたのだが、日本製と比べると、履き心地が悪いので返品に行こうと考えてる。

今日の喧嘩では、また昔のように、「出ていけ!!この家から出ていけ!」の罵り声が響き渡った。
武漢ウィルスで、今すぐ、出ていけるはずもないのに。
ホテルも閉まってるし、日本に帰れる目処もついてないし。

限りなく、嫌な気分になった。
そして、「離婚だ!」と言い出した。
久しく、この言葉は聞いてなかったけど。

コロナで、狭い家に二人閉じこもる生活、特に冬は雨で、外に出られないことが多いので、ストレスがたまる。

知り合いのYさんは、彼氏がいるけど、彼氏はスペインに住んでいて、年に数回会って、旅行したり、スカイプで話をして、楽しんでいる。 
人生を謳歌しているYさん、スペインとイギリスを行ったり来たり。
ずっと一緒に住んでるより、たまに会う方がうまくいくようだ。

階下に住むジョージも、たまにガールフレンドと会って、旅行するときは、一緒にスペインなどに行ったりして楽しんでる。クリスマスの日は一緒に料理をして過ごしていたようだ。
でも、普段は、決して一緒に住まないみたいだ。
その方が、うまくいくのかな?

イギリスの感染者数は、100万人を超えて、今や、50人に1人が感染してるという。
ロンドンだけに限れば、30人に1人、感染してるという。
いつ感染しても不思議ではない状態。




今日、バスに置いてあった無料新聞、メトロの一面。

日本に終の棲み処を見つけて、一人暮らしを始めようかという計画も密かに立てている。
それには、まず、日本に帰って、物件を見つけないと。

ここにいても、仕事がなければ、何よりも夫に離婚と言われて、私は失うものも多いけど、やはり、少しずつ覚悟しないとなあ、と考えている。
こちらの人は、簡単に離婚する人が多いから。

確かに私にとっては、損が多いけど、体が動けなくなって、虐待されるようになってからでは、遅いかなと思ったりもする。
それに老後はやはり、日本食とお風呂が、恋しくなる。
夫が、コロナに罹ったら、絶対に私も感染するだろうな。

日本みたいに、コロナの軽症者を隔離してくれるホテルなどないからね。この国は。

しかし、オリンピックは、やめてほしいものだ。
日本の2Fという親中派の政治家、何とかならないものか?
やめてくれたらいいのに、という意見が多いのに。

虎さんが選挙で敗れたら、ますます、中共に日本は侵略されていくんだろうな。
ほんと、恐ろしい。。。
特段の事情で中国人をバンバン入国させるのも、いい加減にしてほしいものだ。

にほんブログ村




コメント (6)