50歳からの海外移住生活

風とカモメの街に暮らして                               

ちょっと、鬱状態になり、長年の友人に電話しました。

2019-08-10 21:13:20 | ボランティア 犬

こんなことで、夜も眠れないほど、辛くなるなんて、そして、鬱状態になってしまうなんて!
昨日は、一日中、何をする気にもなれなくて、気分が滅入った一日だった。
ブログも書く気になれなかった。


庭のバラは、今は白いバラが満開だ。

ボランティアで行ってた犬ペニーとのお別れを考えると、辛くて、辛くて、そして、犬を引き取ったKさんは、明らかに、私のことを、うっとおしいと思ってるのが、わかるので、余計に、ペニーを散歩させてもいいか?を聞き出しにくくて、もやもやした気分が続いていた。

犬を飼っていた人が、飼い犬を亡くした時、どれほど、つらい気持ちになるか、今の私には、よくわかる気がする。
自分の家族を亡くした時と同じ気持ちになる、というのも、今の私には理解できる。
ボランティアで散歩していた犬に会えないだけで、こんなにダメージがあるなんて。

私は、犬を散歩させていただけだけど、それでも、1週間に多い時で、5回くらい、少ない時でも2回、6年以上、ペニーを散歩させていた。ペニーは、人間の気持ちがわかる犬。悲しみも、喜びも、わかってくれる、そんな気がしていた。

中学時代の友人は、脊髄の手術(背骨のずれ)を治す手術をしないといけないらしい。
長年、ヘルニアで苦しんできて、いよいよ、手術しなければ、寝たきりになるということで、手術をすることになったらしい。そんな彼女の事を考えたら、私の鬱なんて、ばかばかしいことだと、わかってる。
私は、一応、健康で、恵まれている。

でも、気分が沈むのは、どうしようもない。
いったん、鬱状態に陥ると、夜、眠れない、同じことを、堂々巡りで、考えてしまう。
ポジティブにならなければ、と言い聞かせるのだが、頭で考えているだけでは、上手く行かない。

鬱になる人というのは、子供の頃、虐待や、いじめに遭った人に多いらしい。
ポジティブな考え方が、なかなか出来ないのかな?

私は、親に虐待されたことはないけど、小学校が、とてもガラの悪い学校で、いじめられた経験がある。
いじめられながらも、学校には我慢して行ったものだ。
今みたいに不登校など許される時代では、なかった。ただ、クラスに一人くらい不登校の女子がいて、
彼女が、久々に登校した日、私に、「○○ちゃん、友達いる?」と聞いたことがあった。
私は「いないかも…」と答えると、「私が、いるやん!」と答えてくれて、嬉しかったことを覚えてる。

今日は、1年に1回は必ず、電話する北海道の友達に電話した。
彼女とは、20歳の時に知り合って以来、友達関係が続いている。
いろんな苦労をしてきた彼女だけど、昔から、とても優しい人だった。
いつも、私を励まし続けてきてくれた。
彼女の娘さんが、イギリスに留学に来た時は、お手伝いさせていただいた。

犬の話になると、彼女は、「きっと、また別の犬に出会えるよ!」と言ってくれた。
すでに、今日は、Borrow My Doggieで、見つけた犬と、散歩出来ることになっていた。
ゲイのカップルの犬だ。まだPuppyで、ものすごいエネルギーだ。
小型犬だけど、すごく力が強くて、引っ張られること、この上ない。

この犬と会うのは3回目だけど、ちょっと見ない間に、Matureになったなあ、って思った。
今日は、生徒のレッスンが終わってから、この犬を公園に連れて行った。
いっぱい犬を連れてる人々がいて、ピーナツ(犬の名前)が歩いてると、Puppyと思われる子犬が集まってきて、一緒に遊んでいた。
犬たちが、転がりながら遊んでる姿が、可愛くて、思わず笑顔になってしまう。
ついでに、他の犬たちにも触ったりして、自分も楽しむ。
人々との会話も、はずむ。
これじゃ、孤独だなんて、言ってられない。
犬は、疲れを知らない。特にPuppyは。
夫は、犬と一緒に駆け回っていた。
私は足が痛いので、駆け回ることは、出来ないけど。


ピーナッツもボール遊びが大好き。


庭のラベンダーには、ミツバチがいっぱい!!



久々に、ラムステーキを食べました。300gで、4ポンドと、reasonable!
ラムは、柔らかくて美味しかったです。ミントソースで食べます。



デザートは、フルーツ盛り合わせ。パッションフルーツ、初めて食べました。安かったので買ってみました。種を食べるのですが、甘酸っぱくて美味しいです。キウイも、Super Sweetと書いたものを買いましたが、酸っぱさが少なくて美味しいキウイでした。

やはり、犬のいる生活は、幸せな気分にさせてもらえます。







にほんブログ村
コメント (2)