50歳からの海外移住生活

風とカモメの街に暮らして                               

イルミンスターのショップウィンドウは、芸術だった!

2016-12-15 20:27:30 | 海外生活
サマーセット州、ダウリッシュ・ウェイクに滞在の最後の夜、ずっと、雨が降る日が続いていたが、
夜になると、雨はやみ、お月さまが顔を出した。

荷造りもしないといけないので、この夜は、村に1軒だけあるパブで、夕食を取ることにした。



パブには、歩いて5分くらい。
着いた時は、まだ6時過ぎくらいだったので、割と空いていた。



クリスマスの飾りつけがされていて、いかにも、田舎臭い感じもしたが、雰囲気は、まあまあ良かった。

私は、クラブケーキ(蟹の身がはいったコロッケのようなもの)を、注文した。

パブでは、日本のように、陳列ケースや、写真入りでメニューが出てこないので、頼んでみて、「なんだこれは?!」と、思うこともあるので、無難なものを注文するようにしている。

タルタルソースに、チップス(フライドポテトのこと)と、サラダが、タップリついてきた。
お値段も、お手頃な値段で、お腹が空いてたせいか、殆ど全部平らげて、満腹。

翌日は、帰る時になって、お天気が回復してきた。
ダウリッシュ・ウェイク村から、車で15分くらいの所、(隣の村)イルミンスターに立ち寄っていくことにした。



小さな村の、ショップウィンドウは、クリスマス一色!
しかも、ひとつひとつのお店には、芸術とも思えるようなデコレーションが、施されていた。





村の教会は、普通の教会よりも大きい。2階に大きなパイプオルガンもある。



来週には、キャロルコンサートもあるらしい。







最後に、美味しそうなケーキ屋さんで、アップルケーキと、アプリコットのケーキを買って、帰途に着いた。



家に辿り着いたのは、夕方の5時半。
朝、10時に出て、寄り道もしたけど、渋滞もあって、疲れ切ってしまった。

いつものことながら、サマーセットまで、行くのは、しんどいことだ。
コメント