50歳からの海外移住生活

風とカモメの街に暮らして                               

メディアの言論弾圧

2021-01-23 10:12:46 | コロナウィルスの影響、情報操作

連日のように虎さんへの罵詈雑言をメディアは伝えていた。
日本だけではない。イギリスでも。
虎さんが、退任してからも、奥さんのメラニアさんに対しても、ずっと、不愉快な位の罵詈雑言が繰り返されていた。
虎さんの周りは敵ばかり。

国民の殆どは虎さんを支持していたにもかかわらず、よくもまあ、あれだけ、大手メディアは、罵詈雑言を言えたものだと、Yahooニュースを開いても、気分が悪くなる毎日だった。

やっと、売電の就任式が終わって、メディアは、少しマシになったようだ。
真実の報道をするメディアが殆どなく、日本にいる私の友人達も、怒り心頭だった人が多い。

また、虎さんサポーターだと言うと、変人だとか思われる、ということで、隠している人も多かったようだ。
反対意見を言うと、叩きのめされる人もいたようだ。

私の夫も、売電サポーターで、というより、虎さんが嫌い、理由もなしに。
そして、毎日、こきおろしていた。不愉快で、何度も喧嘩になった。
でも、日々、虎さんの真実の姿を知るにつれ、何と素晴らしい大統領だと惹かれるようになった。多くの虎さんサポーターも私と同じだろう。

私は、虎さんは、今ままでの大統領の中で、一番、偉大な大統領だったと思う。
アメリカの国民の貧困率を下げ、戦争を一度もしなかった。
自分の報酬は、一年にたった1ドルだけ(報酬のために大統領になったわけではない)

何よりも、中共に対して、厳しい態度で、立ち向かった。
暗殺されそうになったことも何度かあったそうだ。(メディアには公に報道されていないが)
虎さんの味方をする弁護士なども、何度も脅迫や、家族への危害も加えて、脅迫があったという。本当に勇気のある人しか、出来なかった偉業だと思う。
こんな大統領、かつて、いただろうか?

日本に来た時も、北朝鮮の拉致被害者と向き合って、話した。
そしてキム主席とも会見して、虎さんの就任中は、北朝鮮は、ミサイルを日本に向けて打ってこなかった。
日本は、どれだけ、守られてきたか?

そして、今、売電が大統領になって、日本も危なくなってきた。
危機感を持たないといけないのに、今もマスコミは、虎さん叩きをしてる。
どういう神経してるんだろう?完全に中共に乗っ取られた感じだ。
日本が、中国の一省になるのを、むしろ推進しているように思える。

大手のSNSも虎さんやサポーターの言論弾圧をしている。
こういう様子を見てると、まさに中共そのもの、という気がしてくる。

私の生徒さんに中国人とイギリス人のハーフの子がいる。
お父さん(Dさん)はイギリス人、2年前に上海から、家族でイギリスに戻って来た。

去年の2月コロナでロックダウンになる前に、ドアの戸口で短い会話をしたことがある。
中国は、密告社会で、政府に不都合なことを言ってる人を、密告すると報酬をもらえたりするそうだ。
そして、密告された人は、逮捕されたり、仕事を失ったり、不都合なことが起きる。
だから、誰も信用できないと言ってた。
恐ろしい社会だ。
日本やアメリカがそういう社会になるのは、恐ろしい。

私は、それまで、能天気に中国では、今も人々が自転車で、走って工場に行ってるイメージを描いていた。トイレが汚くて、一列に皆座って、前の人のお尻を見ながら用を足す、そんな国だと思っていた。

Dさんに、「このウィルスは、中国の生物兵器だという噂がありますが?」と聞くと
「十分、あり得る話だよ。隠蔽体質の国だからね」と言われた。
「まるで、北朝鮮みたいですね?」というと、「まさにその通りだよ!」と言われ、
衝撃を受けた。

私は、コロナになるまで、何も知らなかった。政治にも興味がなかった。
世界のことを何も知らなかった。

それからは、ショックな事実を知ることの毎日だった。
いろいろ調べたり、本当のことを、自分の信じられる事実を知りたかった。
Youtube でみた中国武漢の青年、「逮捕されることを覚悟でこの動画をUpします」と切実な声で語ってた。今、その動画は削除されたけど。
「自分の父親がコロナになって、病院にも行けない、毎日、死体を燃やす煙が上がってる、今さっき、P4研究所だと思われる場所当たりで爆破音が聞こえた。」と語っていた。

その動画を観た時は、恐ろしくて背筋が凍ってしまいそうだった。
青年は、きちんとした服装、マスクをしているけど、整った顔立ちの青年だった。
あの後、逮捕されたのだろうか?

日本がそんな国に侵略されたら、と思うと、私は気が気ではない。
そうなる前に、何とか、親中派の政治家などを辞めさせないと、と思う。

虎さんや、サポーターのSNSは、削除されたり、凍結されたり。
アマ損もパーラーというサイトを使えなくして、全てのSNSが、ぐるになって、言論弾圧してるということだ。私は、昨日、アマ損プライムを解約した。これが、私に出来る、ささやかな抵抗。イギリスのスーパーマーケット、Marks and Spencerは、中国製品を仕入れないという決定をしたそうだ。
こんな風に、ささやかな抵抗をする会社が増えてくれたらと思う。

にほんブログ村




コメント

ロックダウンから3か月

2020-06-18 07:19:19 | コロナウィルスの影響、情報操作


3月18日にロックダウンになってから、明日で、3か月になる。
ロックダウンになる前後には、それは、それは、いろいろショッキングなことが一度に、押し寄せてきた。

ABRSMの試験が生徒さんの試験の前日に突如、キャンセルになったことは、最も、Upsetする出来事だった。

去年の夏前から、レッスンに来始めた7歳の男の子Aくん、すごく、物覚えがいいけど、生意気な子。

お母さんが中国人で、お父さんがイギリス人のDさん。
お父さん、毎回、ちがう車に乗り換えてくる。 ランドクルーザーなど高い車が多い。 趣味で飛行機の運転をしていて、飛行機の免許ももってるという。
私の主催したライブにも、息子さんを連れて二度ほど来てくださった。
お母さんは、躾に厳しい人で、感じの良い人、英語は、とても上手で、中国人のアクセントが、殆どない。
きっと、良い家庭に育ったんだろうな~という感じの女性。
 
上海に住んでいたけど、空気が悪くて、毎朝、「今日はマスクをつけないといけない」ということを、気にすることが嫌で、イギリスに家族そろって戻って来たという。

2月末には、こちらに住む日本人の人達と集まって、レストランで、お食事会をした。
一人の女性が、「コロナウィルスってねえ、コウモリから来たらしいよ」と言い出した。
その時は、「コロナウィルス、そういえば、ちょっとニュースで聞いた」くらいだった。

知り合いのブログで、コロナウィルスが、「生物兵器かもしれない」と書かれていて、驚いた。
それから、しばらくして、A君のお父さんのDさんに、コロナウィルスのことを聞いてみた。
「中国が生物兵器を作ってるという噂があるんですけど」というと、「あり得る話だよ。
あの国では、国家は嘘ばかりで、真実なんて言わないからね」と言ったのが衝撃的だった。

私は、中国のことなど、全く興味がなかったし、行きたいと思ったこともなかったから。
そしてDさんは、「住人同士が密告し合う社会だ。本当のことを言うと逮捕される」と言った。
私は、いくら何でも、そんな国だとは思っていなかったので、本当に無知で、「ええ!? それじゃ、北朝鮮みたいじゃないですか?」というと、「まさに、その通りだよ」とDさんは答えた。

こんな無知な私が、それからというもの、毎日、ネットニュースを毎朝、読むのが日課になってしまった。週に3、4回行ってたジムも閉鎖されて、ルーティンワークがなくなった。

勿論、ロックダウンになり、それまで来ていた生徒が一人も来なくなった。
こんな私でも、苦労して、やっと生徒が15人ほど集まって、やれやれと思っていた矢先だった。

日本のニュース、そしてイギリスのニュース、日本に帰る予定だったのが、無理になり、切符を変更したが、それでも、もう無理になり、キャンセルとなった。

週1回、手伝いに行ってたカフェの仕事もなくなった。 毎日、届くのは、恐ろしいニュースばかり。
私が知らない間に、日本は、中国に静かなる侵略を少しずつ着実に、され始めていた。
毎年、日本に帰るたびに、異常なくらい中国人が増えていて、自分の居場所がなくなる感じになっていた。 
ここは、いったい、何処の国? というくらい。
関西空港や大阪駅のインフォメーションセンターの案内係でさえ、中国人のようだ。
そういう人たちは、ちゃんと教育されてるから、マナーは、いいけど、何だかなあ~という気がした。

そして、最近では、マスコミは真実のことを言わないとネットの人々は言う。
そういえば、朝日新聞デジタルを購読してたけど、中国に対する批判など、一度も書いていないのが、不思議なくらいだった。
こんなに問題になってるのに、何一つ書いていないのが、異常なくらい。
やはり、真実を書かない新聞など読みたくなくて、購読をやめることに決めた。
面白い記事を書いてる人もいたけど。

ロックダウンから、ずっと暗い気持ちで毎日を過ごしてきた。
素晴らしい季節になってきたことだけが救いだ。
毎日といっていいほど、夫と丘の散歩に行き、時にはフリスビーをするのが唯一の楽しみになった。



そして、疲れたら、一休み、暫く、空や海を眺めて、リラックスタイム。
癒される時間だ。
ロックダウンになってから、心が乱されることが多く、何に対しても、集中できないでいる。

昨日、久々に長い間、連絡していない日本の友人Sさんに電話してみた。
彼女は、ツアーガイドをしている。 ガイドの免許も持っていて、去年の今頃は、「仕事が、忙しくて嬉しい悲鳴をあげてます」というメールが来ていた。
去年、日本に帰った時、会う約束していたけど、結局、彼女が、あまりにも忙しくて、お互いに都合がつかず、会うことはなかった。

そんな彼女も、今は、仕事が殆ど無くなったと言ってた。
でも、給付金がもらえるようなので、私よりはマシだ。
彼女も、自粛要請が出てから、何も手につかなくなり、集中出来なくなったと言ってた。
とても勉強家で、常に新しい資格を取得していた彼女だったけど。

こういう風に言ってるのは、彼女だけじゃない。
私だけでもない。
他の友人でも、何に対しても集中できない、と言ってる。

私もほっといたら、鬱状態になるところだ。
収入には、あまりならないけど、スカイプレッスンをすることにしたのは、5月中旬になってからだ。
ロックダウンになってから、2か月間、何もしていなかった。
今は、子供たちばかり、5人ほどスカイプレッスンしてる。
大人の人は、スカイプレッスンには、興味ないようだ。

セッティングが難しい。 トライポットにスマホをセッティングして、キーボードが見えるようにするのが
一番難しい。

朝は、毎日、ネットニュース、そして、毎日、観るYouTube、何と、昨日、電話で話したSさんも、やっぱり、この番組を観てるようだ。
怖いけど、観ずにいられないという、私と同じ理由。
少し安心した。
私だけじゃなかったんだと思うと。

やっぱり、皆、日本のことが心配なんだね。
友人や知り合いに電話してみると、やはり、皆、中国に侵略されるかもという不安を抱いてる人が多いみたいだ。
やはり、急にSFのような世界になって、皆、動揺してしまったんだろうね?
これで、スーパーシティ法案が可決されたとか、AIやロボットの世界になるなんて、嫌だ!
私が生きてるうちに、そんな世界になってほしくない!

しかし、年寄りは、死ねってことかな?

イタリア人のYoutuberが言ってた。 「イタリア政府は、中共と結託して、老人を削減しようとしてるのかな~って、皆言ってるよ。 それなら、政府は年金払わなくていいからね」 

私だって、もしかして。。。と思ってしまう。 これは、人口削減が目的? 世界各国のトップと経済界のトップが、結託して、それなら、納得できるじゃない? 年金、払わなくて済むしね。 老人が増えてるし。
でも、これは、多分、陰謀論だと思うけど。 100%陰謀論とも思えないのが、怖い。
楽に死ねるのなら、それでもいいけどね。

そして、何故、日本のマスコミが、真実を言わないのか?
政治家にも、中共が浸透してきてることが、恐ろしい。 特に悪名高いのが、2Fという爺さん。
自民党でも、日本のことを考えてる政治家がいるのに、それらの良い政治家の足を引っ張ってるようだ。
腹が立つよ~~! 本当に老害!! ってこういう人のこと言うんだね。 中共の言いなりになってる。

こちらでは、日本のテレビが観れないけど、私の友人は、日本のテレビを観てても、本当のこと言わないから、観る気がしない、という人が多い。
これって、中国化してきてるってこと?! と思ってしまう。

水間条項TV
https://www.youtube.com/watch?v=GbI7by5MC7g&t=220s

コメント欄に書いてあったコメントを読み、衝撃を受けました。こんなこと知らなかった私は、本当に無知だと思い知りました。

中国人留学生を廃止してほしいです。日本にとってなんの意味もないしそんなお金があったら日本人の苦学している大学生を支援してほしいです。
奨学金は日本の学生に手厚く支給すべきだ!文部省の役人や外国人頼みの学校の既得権を打破すべきだ!
日本が呼んでいる中国人国費留学生には、一人年間380万円も補助金を出しています。
これは日本人の年収に直すと約490万円になります。

今の日本で年収490万円(手取り380万円)稼ぐのは結構大変な事です。
それを反日国の中国人留学生に出しているわけです。
国費留学生対象200カ国余りの中で中国人が一番多く、全体の約15%を占めています。 ※お金は個人に直接渡すのでは無く中国大使館の口座に振り込まれ、大使館から必要な経費が渡されます。

実際どの様に使われているかはわかりませんが、一部が工作活動に使われている可能性は高いでしょう。

日本に送り込む留学生の人選は中国共産党が行い、来日前に工作員教育を受ける事が決まっています。


要するに中国人工作員を年間380万円も出して招待している事になります。 お金を出して工作員を呼ぶ必要がどこにあるのでしょうか?

まったくおかしな政策です。 一般の奨学金を借りた日本人は、卒業後その返済に追われます。
中には就職できず返済不能状態になる者もおり、最悪の場合強制執行されてしまいます。

いつから、こんなことが行われていたのでしょう?
私はシングルマザーで、息子を大学に行かせるのに、本当にお金に苦労しました。
極貧の生活でした。 それなのに、これが事実なら、酷すぎる!


毎日、うちの窓にやってくるカモメ、すご~く、しつこいです!(;'∀') 夫が餌をやってから、毎日、ねだりにくるのです。





にほんブログ村

コメント