50歳からの海外移住生活

風とカモメの街に暮らして                               

日本の平和の事を考える日々。

2017-09-27 16:00:03 | 国際情勢
日本に帰ることを考えて、いろいろ、情報を集めているが、外から日本を見てると、何と危うい国なのかと、不安になってくることが多い。

まず、今、一番、不安なのは、北朝鮮が、いつどのように、どういう形で、日本も、攻撃される可能性があるかもしれないこと。

PCを開くと、毎日のように、北のキチガイMの顔がUpされて、朝から、嫌な気分になってしまう。
水爆を太平洋に落とすとか、トランプは、やはり、北のキチガイを、刺激するような言葉を投げて、
結局は、甚大な被害を被るのは、日本や韓国なのだ。

遠く離れているアメリカには、被害が及ぶことは、まずないだろう。

韓国は、徴兵制度があり、2年の兵役が若者に課されている。

昔、語学学校で会った韓国人の男の子が言ってた。
兵役を免れるために、語学留学にやってきたのだと。

そうなんや。。日本には、徴兵制度というのがないから、ちょっと驚いたけど、北朝鮮のような危ない国が
隣にあったら、やはり、徴兵制度は、必要になるのかもと、今になって納得したりもする。

日本は、やはり、平和に、どっぷり漬かっているので、国民全体が、差し迫って、身の危険を感じないのかもしれない。
日本に帰ったら、テレビ番組も、お気楽なバラエティが殆どで、なんだかなあ。。と思ったりする。

日本よりも、こちらにいる方が、北朝鮮のことを、過激すぎるくらい報道していて、不安にかられてしまう。

地球温暖化も怖いけど、もし、北朝鮮とアメリカが、戦争になったら、核で、汚染されて、日本は破滅だろうし、そうなると、世界中が、どうなるのだろう?
3次世界大戦になったら、地球は破滅だ!

考えると恐ろしい。中国や、ロシアは、アメリカと北朝鮮が戦争になったら、これ幸いと思うかもしれない。
こんな時期に、安倍首相は、内閣解散するという。このような情勢の時に、総理大臣が変わったら、その間の空白に、北のキチガイが攻撃してきたら、日本はどうなるのだろう?

政治のことは、よくわからないが、広島、長崎の、原爆の被害を、思い浮かべてほしい。
焼き殺され、そして、水を求めて、さまよった人々。

その後、何年も何年も、苦しみ続けた原爆被害者のこと。

一瞬のうちに、何もかも、終わってしまうのなら、まだいい。
ずっと、ケロイドで苦しみ続け、原爆症で苦しみ続けた人々の事を思うと、やりきれない。

今一度、平和の大切さを、そして、何とか、日本の平和が、続くことを祈らずにはいられない。
 
コメント

ニースの悲劇に続いてバルセロナのテロ

2017-08-20 09:12:56 | 国際情勢
もう、かれこれ9年前になるが、スペインのバルセロナに、ショートステイの旅行をしたことがある。
バルセロナは、魅力的な町だが、残念なことに、今回のようなテロがまた、起きてしまった。

行った時から、移民の数が多いとは思っていたけど、ジプシーなども多く、気を付けなければいけない。
いろいろ、売りつけてこようとするから、下手に口をきこうものなら、付け込まれる恐れもある。

バルセロナでは、それほど高くもなく、安すぎないくらいの中くらいのホテルに、4泊滞在した。

朝食が、とても豪華で、ビュッフェ形式なのだけど、色んな種類のハムやら、チーズやら、パンがあって、
朝食だけで、昼食は要らないくらいだった。

小腹がすくと、あちこちにあるファラフェルのテイクアウトを買ったものだ。
たいていは、アラブ系の人々がお店を出している。

ファラフェルは、アラブの人たちにとって、馴染みの深い食べ物で、いまや、ベジタリアンの間で、大人気の食べ物である。もともとは、エジプトから来た食べ物だそうだけど。

このファラフェル、野菜や、お豆がいっぱい入っていて、お腹も満たしてくれるし、お味も美味しく、何より、安く食事を、済ませれるのが、嬉しかった。

スペインや、フランスは、特に、アラブからの移民が溢れていると感じた。

2年前に行ったフランスのニースでは、アラブ人の経営するケバーブのお店に入ってケバーブを頼んだりした。外食は、イギリスでもフランスでも高くつくからだ。

イギリスでも、テイクアウェイといえば、ケバーブだ。
安い上、羊肉や、サラダが、たっぷりついてきて、栄養満点だから、そして、不味いイギリスのテイクアウェイより、よほど美味しい。
やはり、経営者は、アラブ系の人々だ。

スペインのラスランブラス通り、今回、テロの被害に遭った通りは、とても賑やかな、活気にに満ち溢れた通りだった。
ストリートパフォーマーが、ギターやマラカスを持ち、ラテン系のの歌を歌い、賑わっていた。

昼間は、シエスタで(私たちが行ったのは、8月終わりだった)お店は閉まっていて、夜8時ころになったらオープンする。

夜7時になったら、お腹が空いてきて、早くレストラン開いてほしいと思うのだけど、どこもかしこも、閉まっていて、夜8時頃になったら、ようやくお店も開く。
スペインの人達が、本格的に食事を楽しむのは、9時くらいからのようだ。
随分、夜型の生活だこと!
8月の終わりに行ったのだけど、それにしても、夜8時くらいでも、明るかったような気がする。
緯度はイギリスより、ずっと南なのに。

そして、スペインの活気のある夜は、一晩中続いてるのではないかと思うくらい。
どこもかしこも、お客で、いっぱい。明るい笑い声、歌声が響いてくる。
もともと、スペイン人というのは、陽気で、イギリスの語学学校でも、通りを歩いていても、スペイン人のグループだと、すぐわかる。声が大きいのだ。それに彼らは、団体で行動するのが好きなようだ。
何となく日本人、それも、関西人と似通ったものを感じる。

ラスランブラス通りでは、昼間、大きな大きな、まるで、子牛くらいのサイズの犬を連れたおじさんがいた。観光客の注目の的になっていた。それが、白と黒で、ホルンスタインみたいな牛のような犬だったから、余計笑える。
まだ生きてるのかな?あの犬。

教会の裏では、スパニッシュギターを奏でる若者たちがいた。
廻の建物の壁に、エコーして、何とも美しいサウンドだった。
ああ、もう一度、聴いてみたいな、あの美しい音色。

スペインは、食事も美味だった。新鮮な魚介類、美味しいハムや、新鮮な野菜や果物。
日本人の口にぴったり。
特に、イカのフライなど、イギリスのレストランでも、最近は、出すようになったけど、スペインのタパスは、日本の居酒屋と同じような感じで、ここになら住んでみたいなと思ったりもした。

今回の事件も、ニースと同様、とても残念で許せない事件。
罪もない、そして、こういうテロを起こす連中がいるお陰で、普通の一生懸命、生きようとしているアラブ系の人々まで、差別的な目に遭うのかと思うと、いたたまれない気がする。

被害者の方々の、ご冥福を、心からお祈りいたします。

コメント