50歳からの海外移住生活

風とカモメの街に暮らして                               

いよいよ6月、少しずつ、元の生活に戻って来たかな?

2020-06-02 01:43:40 | 海外生活、コロナウィルスに関すること

今日も、素晴らしいお天気、快適な気温、この季節だけは、ここに住んでいて、本当にラッキー!
何て気持ちいいんだろう? って思ってしまう。
現実に自分の国のことを考えてみると、不安な気持ちはぬぐいきれないんだけど。

昨日は、運動不足のため、家でYouTubeを観ながら、ボディバランスをやった。
40分、ビデオを観ながら、やったら、汗が出てきた。
そして、少し肩の凝りもほぐれて、午後3時からは、また夫とともに、丘に歩きに行った。
午前中は、座ってばかりのことが多く、PCなどに向かってるので、お尻が痛くなってしまう。

このところ、かなり風が強いので、なかなか、フリスビーは出来ない。
しかし、テニスコートも、ようやくオープンしたので、足底筋膜炎も治ったことだし、近いうちにテニスでも出来たらいいな、と考えている。

そして、仕事も、ちびりちびり、だけど、スカイプレッスンとセオリーの添削、殆どお金にはならないけど、
やっと、軌道に乗り始めてきた。
今のところ、生徒は、前から来てくれてる子供たちだけ。
しかも、5人だけだけど、何もしないよりは、気分的に全然ちがう。

そんなこんなで、スカイプレッスン、結構、セッティングが面倒だし、スマホは、30分やると、オーバーヒートするので、そして、トライポットを使ってやってるので、首が痛くなるので、やはり、一人30分が限界。

スマホでは、YouTubeが観れなくなった。
観ようとすると、
YouTube won't run without Google Play services, which are not supported by your device.
と出るのだ。
何度やってもダメ。Google Playをインストールしても、ダメだった。

困り果てたけど、その前の日は、やはりLINEでの通話が出来なくなった。
いろいろ、トラブル多いスマホ。
夫が、いろいろいじくってるうちに、何とか、LINEは、使えるようになって、やれやれ。
全て、削除して、またインストールとなると、かなり面倒なことになる。

そんなこんなで、タブレットを買うことにした。 
そうすれば、生徒さんからのリクエストがあったZoomも使えるかもしれない。

昨日は、ナスと、トマト、牛ミンチ、のボロネーズソースを作りました。
材料は、ガーリック、玉ねぎ、Minced Beef 5%fat, そして、ナス、トマト缶、セロリーなど。
ナスなど野菜を多めに入れて、ミンチは、少なめにしました。



美味しいスパゲティボロネーズが出来上がりました。
肉が少なめなので、あっさりしていて、胃もたれもしません。


庭の花も満開。今が一番、花の多い時期です。


色とりどりのバラも咲き乱れています。

雨が殆ど降らないので、水不足が心配ですが、バラは、水不足でも、あまり関係ないようです。


フリージアも可愛い! とても癒されます。


そして、庭は、まるで花畑のよう。 野生のマーガレットを少し植えたら、庭中、いっぱいになりました。



今の時期は、仏壇に供えるお花も、お店で買わなくて、毎朝、庭で調達しています。


バラとフリージア、マーガレット、母の作ったブルーの花瓶に似合います。

今朝、読んだ、この記事、日本では、コロナになっても、病院をたらいまわしにされることが多かったみたいで、恐ろしくなります。

幼子2人抱え、夫には持病が 感染した記者の60日間 
朝日新聞 今村優莉 2020年6月1日
https://digital.asahi.com/articles/ASN5X53LRN5PUHBI00P.html?ref=hiru_mail_topix1

そして、このYouTubeの情報、これが真実なら、本当に憤りを感じます。

スクープ!厚生労働省がコロナ患者の「国籍」を隠せと指令した「動かぬ証拠」』第118回【水間条項TV】フリー動画
75,811 views
•May 31, 2020
https://www.youtube.com/watch?v=k96zGNP1Ai4





にほんブログ村
コメント (4)

続くロックダウン、イギリスの医療を考えると?

2020-05-09 21:21:17 | 海外生活、コロナウィルスに関すること

先週は、素晴らしいお天気が続き、毎日のように、丘に登り、谷に広がる、芝生の気持ちいい場所で、フリスビーを楽しんだ。
毎日、午後2時半から3時くらいに出かけていた。

そして、昨日も、いつものように、丘に登って、夫とフリスビーを楽しもうと思って行った。
暖かく、陽射しも、気持ちよく、少し風がある程度だった。
人も増えてきた。
皆、家族連ればかりだ。

しかし、フリスビーを15分くらいやって、お茶を飲もうとしていたところ、何やら、10人以上の大勢の男たちのグループと二人の小さな男の子が、サッカーボールをもって、現れた。
こともあろうに、私たちのすぐ隣でサッカーを始めた。
他に、いっぱいスペースが空いてるのに。
私たちは、ゆっくりお茶も飲めなくて、その場所から引っ越しをせざるを得なかった。

どこの国の人たちだろう? アラブ系でもないし、 ワイワイ大声で、喋ってるが、中国語でもない。
カザフスタンか、ウズベキスタンか、トルクメニスタンとか、そっちの国の人っぽい感じ。
この町には、本当に、いろんな国の人達がいる。
しかし、同居の家族以外は、集まってはいけないというのに、これって、どうなの?!
完全に集団じゃない?

しかし、このような丘の真ん中まで、警察は、やってこない。
携帯電話だって、丘に行ったら、通じない。

この人達、ここで、何をやってるんだろう?
仕事してるんだろうか?

そんなこんなで、落ち着いてお茶も飲んでいられなくて、そのあとのフリスビーも、何かやる気なくなって、結局、帰ろうと言って
夫を促した。 夫は帰りたくなかったようだが、もう5時だから食事の支度もしないといけない。

そして、今来た道を引き返していくと、突然、夫が足をねんざしてしまった!!
どうしよう!?困った! 救急車も来れないし、どうやって、帰ったらいいのだ?!
暫く、夫は、呻いていた。 何とか助けようとしたが、「うるさい!ほっといてくれ!」というばかり。
「歩けるの?」というと、なんとか立ち上がって、歩き始めたが、みるみるうちに、夫の足のふくらはぎあたりが、すごく腫れてきた。
やっとの思いで車の停めてあるところまでたどり着いた。

家に帰って、即、去年、日本の友人から送ってもらった冷湿布を施した。
去年の夏、私は、足底筋膜炎で、歩くことも、ままならなかったのだ。
今は、そのことが嘘のように、いくらでも歩けるようになった。
こんなふうに、治るなんて、予測もしていなかった。
有難いことに丘も歩けるようになったし、足も痛まなくなった。
丘でフリスビーをしてると、気持ちよくて、ストレスが、発散できた。

しかし、夫が、足ねんざで、当分は丘を歩きに行くことも、フリスビーも、暫くは、無理だろう。

それにしても、お店が全て閉まってるので、不便だ。
カーテン(生地)を買いたいのだけど、街の中心地にあるカーテン地が売ってる手芸用品店も、
3月のロックダウン以降、ずっと閉まったままである。

やっと、ピアノのレッスンも、スカイプレッスンを、昨日、初めて生徒さんに試みた。
私のUpしたYouTubeを聞いてもらって、(生徒さん、一人一人に、合わせて送ってる)
そのうえで、スカイプレッスンをしてる。
今はまだ、収入には、結び付いていないけど、私には、他に出来ることが何もない。

大人の生徒さんたちは、スカイプレッスンには、興味を示さない。
しかし、子供たちは、さすがに、学校ももう長いこと閉鎖になってるので、親の方も何かさせないと、という気持ちになってるようだ。
今は一人の生徒さんだけが、続いてスカイプレッスンをしてくれることになったが、他の生徒さんたちも
やってみたいという人がいるので、YouTubeのUpとスカイプの準備で忙しくなりそう。

セッティングが、かなり面倒くさいけど、何もしないよりは良いと思って、やってみようと思う。

イギリスでは、もう死亡者が3万人以上に増えてしまった。
このことで、わかったことは、やはり、イギリスの医療が、以前から良くなかったということだ。
医療(NHS)にかける予算を、年々、削減してきたせいだ、とも思う。
今回は、首相自身が、コロナに感染して、生死の境をさまよったのだから、これからは、医療にかける
予算が多くなってほしいものだ。

昨日、夫から聞かされたカウンシルTax(市に払う税金)が、収入が少ないのに、すごく高いので、驚いた!! それなのに、草木のごみ収集も別途、支払わないといけないし、年々、税金が上がっていってるらしい。それも、大幅な金額で!!


イギリスでは、コロナの死亡者が3万1千人を超えてる。
先日、犬のボランティアの散歩に行ったときは、飼い主さんの息子さんがコロナで亡くなったと言っておられて。お葬式にもいけないし、息子さんと最後のお別れも出来ない。
つらいだろうな、と思う。

ロンドンでは、 バスの運転手が、何百人も感染して、20人ほどのバスドライバーが亡くなったらしい。
それで、最近は、この町でも、自転車に乗る人々が、すごく増えてきた。
公共の乗り物に乗ることの危険性を避けるためと、健康のためのエクササイズになるからだろう。

今日は、買いものにも行き、犬の散歩のボランティアにも行きました。
そして、後は、生徒さんのホームワークの添削。 自分のピアノの練習。 朝、昼、晩の料理。
少しずつ、自分自身の生活を取り戻していこうと思います。
収入には結びつかなくても、出来る限りのこと、ルーティンワークを続けようと思います。
精神的に崩れないためにも。
そして、食糧危機など、恐ろしいニュースもありますが、過剰な心配をしすぎないように、しかし、
ある程度、出来る限りの準備はしておかないと、と思います。

次にくるのは、経済危機でしょう。 この町の人々は、それでも、のんびりしています。
散歩に行っても、家族ぐるみで楽しそうにくつろいでいる人々が多いです。

中国とコロナ 危機便乗の行動を控えよ
2020/5/4 10:47 (JST)
©株式会社西日本新聞社
https://this.kiji.is/629857065722479713

#香港大紀元新唐人共同ニュース #ニュース #中国
「習近平の弟」武漢ウイルス研究所からの流出を認める
48,831 views
•May 9, 2020
https://www.youtube.com/watch?v=ZYrBz7yWmOM



にほんブログ村




コメント

コロナウィルスは、やっぱり、P4研究所から漏れた?!

2020-05-02 07:21:45 | 海外生活、コロナウィルスに関すること

いつも、朝は、ネットでニュースを見たり、Youtubeで、情報を調べたりしています。
今日は、いろんなジャーナリストが、報道していました。
とうとう、世界が中国に対して、賠償責任を求める裁判を起こすというニュースも聞きました。

人によっては、Youtubeの情報など、あてにできないと言ってますが、でも、Youtubeでのジャーナリストの報道が真実になってきました。
私は日本のテレビが観れないので、もっぱらYoutubeなどの情報を観ています。

やはり、武漢ウィルスは、生物研究所から、漏れたのですね?
うちの夫も、ずっと「そんなはずない」と言ってましたが、今日は、とうとうBBCでも、そのことを放送して、やっと、納得していました。
武漢のP4研究所のトップの石正麗さんという女性は、家族とともに海外に亡命したらしいです。
真実がわかるとよいのですが。 
しかし、やはり人工ウィルスだったということですね。

そして、ウィルスが漏れた研究所は爆破されたと、以前にも中国人の一般の人が、Youtubeで発信していましたが、そのビデオは、すぐに消されてしまったようです。

コロナウィルスの後、やってくるのは、食糧危機だそうです。
そして、今は中国共産党の幹部が日本の北海道でも、食糧危機になるのを予測して、買い占めしているということです。 

こちらでも、ずっと前から、小麦粉が、スーパーの棚から消えてしまいました。
小さなお店(移民街で、移民の人々が経営してる)だと、小麦粉は、まだ売っています。
でも、ライムギ粉とか、そば粉は、どこにも売っていません。 (夫はライムギ粉で、パンを焼きたいと言ってましたが、どこにも売ってないので、もう、無理っぽいですね)

しかし、パンは売ってるので、多分、ベーカリーには、直接、サプライヤーから仕入れるのでしょう。

中共の幹部は、アメリカでも、大豆など買い占めしているらしいので、今後、納豆なども、食べられなくなるのでは、と心配です。
それどころか、お米が売ってなくなったら、どうしようという心配もあります。 
日本のお米も買い占められる恐れがあります。
食糧自給率が40%の日本、どうなるのでしょう?! 本当に心配です。

日本でも今、ホットケーキミックスが手に入りにくくなっているそうですね?
本当に恐ろしい国です。 C国という国は。。

日本が、このC国に侵略されるのでは、と毎日、気が気ではないです。
親日国の台湾と戦争にでもなったら、と心配は絶えないです。
日本の政治家さん、国会議員は、人数多いばかりで、あてにならないですね。
もっと、国民のことを考えてほしいものです。
親中派の議員も要らない!!
それに、日本のメディアは、どうして、中国に、顔色を窺って、真実を報道しないのでしょう?
いつから、日本のメディアは、こんな風になってしまったのでしょう?
真実を報道しない!? 
親中派の政治家がメディアをコントロールしてるのでしょうか?
これでは、まるで、中国みたいではないですか?

このビデオは、2月の初めに見ました。その時は、衝撃を受けたものです。

最初に発信された武漢青年からの命がけのメッセージ。
https://www.youtube.com/watch?v=EVg2gVlS94E

武漢から逮捕覚悟のメッセージ。コロナウイルス 拡散希望
https://www.youtube.com/watch?v=RZEal4v8XCM




にほんブログ村

コメント

ゆるゆる日本が心配になる

2020-04-13 21:16:24 | 海外生活、コロナウィルスに関すること

自分の国だから心配だ。
何年か前からか、関西空港に着くたびに、圧倒的な中国人の数に、驚いたものだった。
急激に増えてきた。
そして、この武漢からやってきたコロナウィルス。

あらゆる国からの入国をストップしたと思っていたのに、
4月3日から、夥しい数の中国人が日本に入国してきてるという。
入国許可の条件は、日本人の配偶者、 の「」というのは、あいまいな表現で、配偶者以外の人々も、どんどん入ってきてるという。
その数、一日300人前後だそうだ。
そして、殆どが、湖北省などの感染地域からの人々だそうだ。

中国政府でさえ、禁止していて、湖北省など感染地域の人々は、上海や、北京には、入れないのに、日本では受け入れてるという不可解な事実?!
しかも、PCR検査の結果、半数くらいが陽性と出ているそうだ。

どうなってるんだろう?!
日本人だけでも、ベッド数が足りないというのに。
私たち日本の人々の税金を使って、日本人よりも先に受け入れる?!
ありえない?!
どうなってるの?! 日本と言う国は、いつから、こんな風になったんだろう?
この情報を聞いて、腹が立って仕方ない。

日本政府は、もっと、ちゃんとしてほしいものだ。
マスコミもこういうことを、今はやりの「忖度」という言葉を使って報道しないそうだ。
これは、差別とかいう問題じゃない。
これ以上、日本に武漢ウィルスを拡散しないでほしいと、心から願う。

益々、日本には、暫く帰ることが、出来ないなと思いました。    




にほんブログ村



コメント

フィットネスクラブで耳にした会話。

2020-02-26 08:10:03 | 海外生活、コロナウィルスに関すること

今日も、ニュースでは、イタリアでのコロナウィルスの感染者拡大、そして、オーストリアとの間が閉鎖されたニュース、シシリー諸島でも、感染者、もう、感染者が増える一方で止まらない。

昨日は、嵐だったけど、ボディバランスのクラスを予約してたので、ジムに行ってきた。
行きは、まだ雨が降っていなかったので、ササ~と、チャリで行けたのだけど。
帰りは、酷い嵐だった。
クラスには、ちょっと遅れて行ってしまった。

朝一番に来た生徒さんがあったので、フィットネスクラスには、少し遅れてしまった。

私が入っていくと、見慣れない人々が多かったように思う。
そして、私は、後ろの方で、エクササイズを始めたのだが、まず左隣の人が、す~っと、マットを返して、退出して行った。
そして、しばらくすると、右隣の人も、すす~っと、マットをたたんで出て行った。
「あれ?こんなこと、今までなかったのに!」と思った。
そうか?もしかして、私、中国人と思われたか?
いろんなところで、差別とか、避けられるというのは、聞いてるけど、まさか、この田舎町で
も、と、ちょっと驚いた。

そして、ボディバランスの後は、久々にマシンジムに行ってみた。
何と、ムキムキのマッチョな黒人男性が、いかにも~~というくらいの仰々しい毒ガス用のマスクをつけてエクササイズをしてる!!
息が苦しそう~~(;'∀')

この後、暖まりたかったのでサウナに行こうかと考えたけど、男女別でないので、何か差別を受けたりするのも、怖かったので行かなかった。

今日も、朝、フィットネスクラスに行った。ピラティスのクラスを受けた。
そして、トイレに行くと、洗面所を占領して話している二人の70代くらいの女性の会話が、耳に入ってきた。
どうやら、彼女らの共通の友達が、クルーズの旅に出かけて、今、肺炎で入院してるらしいとのこと。
一人が言うには、「それがねえ~!何と、彼女、中国に行ったっていうのよ。」
それって!?コロナウィルスじゃねえの!? 心の中で叫んでた。

今や、ダイヤモンドプリンセスは、氷山の一角で、もっと、いろんなクルーズの旅をしてる人が、感染して、身近にいるんだと思った。
おそろしや~~!?
もう、防ぎようないじゃん!!(;'∀')

何しろ、この町は、結構、リッチなリタイアした人々が住んでる。
彼らは、旅行するのが大好き。
特に暗いイギリスの冬を避けて、暖かい国に旅行したりする。
特に最近は、クルーズの旅が大人気のようだ。

イタリアで、感染が拡大して死亡した人も増えて、スーパーの商品がすべてなくなっている映像を目にしたけど、イギリスでは、ゆるゆる、NHSでは、予算がないから、検査しないだけで、隠れた感染者は、もう、あちこちにいるんじゃないの?!と思ってしまった。

しかも、フィットネスクラブも清潔とはいえないし、何しろ、ドアノブが多すぎる。
普段でさえ、ドアノブに汚い手で、ばい菌がついてるのでは、と思うのに。
掃除も行き届いてないし。
もっと高いフィットネスクラブなら、少しは清潔だろうけど、うちの家からは遠いので通えないのだ。
今のところ、咳をしてる人が来てないのは、幸いだけど。
そして、私は、日本にいた時のように、満員電車で通勤しなくてよいから、リスクは少ないけど。
日本に帰る5月末には、おさまってるだろうか?

ただ、イギリスが、日本と違う点は、こちらの人は、結構、換気をする点がちがう。
冬でも、窓を開けて換気するし、ショッピングセンターも、日本と違って、天井が高く、日本のように空気が密閉してない感じがする。
日本は、どこもかしこも締め切って換気をしない感じなのだ。
冬に帰った時も、暖房と、人の多さで空気が悪く、風邪もうつりやすい感じがする。

あと、こちらの暖房は、セントラルヒーティング(ラジエーター)なので、暖かい空気が出てくるということはない。スーパーもショッピングセンターも過剰な暖房はしていないので、空気がきれいな感じはする。私は、もともとエアコンや、ファンヒーターが嫌いで、日本に帰った時も、ファンヒーターは使わずに、風が出ないストーブを使ってる。

衝撃的なYouTube、これが、もし真実だとしたら?
身の毛が、よだちます。
https://www.youtube.com/watch?v=FS_gdPCd7DM



にほんブログ村

コメント