50歳からの海外移住生活

風とカモメの街に暮らして                               

やっと、お正月も明けて。

2020-01-09 05:42:24 | 健康、ヘルスに関すること

やっと、長かったクリスマス休暇、お正月休暇も終わり、日常の生活が戻ってきて、ほっとしてます。お店も開き、慌ただしく、買いだめする必要もなくなりました。
生徒も少しずつ戻ってきました。
夫の仕事も今日から、朝6時半に起きる生活が始まり、真っ暗な中、起きて仕事に行かなくてはいけない夫。
「まったく、冬休みが長すぎて、調子狂う。仕事に行く気がなくなるよ。」と、すっかりLazyになった夫。冬休みの間は、朝は、8時過ぎまで寝てました。いつまでたっても暗いので、8時にようやく日の出、といっても、太陽が出ないことの方が殆どで、一日中、暗い日々です。

この時期、普段、仕事で、残業が続いた人など、日頃の疲れがたまっていて、お休みになった途端、一気に、病気になってしまう人も多いようです。
昨年からロンドンで働き始めた友人も、イーストボーンに帰ってくるなり、倒れこんだようです。
休みの間は、まったく起きられないくらい風邪の症状が酷かったそうです。

私は、2、3日前から、鼻づまり酷くなり、普段から、アレルギー性鼻炎とか、蓄膿症とかで、一年中、鼻で呼吸するのが大変なのですが、おとといの夜中は特に、酷い鼻づまりで、鼻汁が気管に垂れて、ひどく咳こんで、眠れなくなりました。

昨日は、何とか、少しでも改善したくて、寝る前、シャワーを浴びる間、塩の入ったお湯で、鼻洗浄をしました。

アマゾンで注文した洗浄器具です。鼻が通るようになるまで、何度も、塩湯で洗浄します。
そして、シャワーを浴びた後(うちは湯船がないのでシャワーだけです)は、パジャマ兼、トレーニングウェアに着替え、ヨガなどの体操をします。体を動かすと、結構がよくなり、鼻づまりも改善されます。
そして、布団に入ってからは、いつものように、本を読むのですが、これも短めにする方が良いでしょう。
昨日は、ホットウォーターボトルを、首筋に置き、首を温めて寝ました。

そのせいか、夜中、咳き込んで起きることはありませんでした。

それから、食べるものも気を付けないといけないなあと感じています。
寝る前に何か食べると、調子悪いので、寝る前の3時間は、何も食べないようにしたほうが良いでしょう。
私は、夜更かしすると、小腹が減るので、なるべく夜更かししないようにと、生活を改めないといけませんね。
今夜は、みそ汁(友人から送ってもらったタニタのインスタントみそ汁、塩が少なめで、美味しかったです。やはり、健康のことを考えると塩は控えめにしないとね。)サバの塩焼き大根おろし、風呂吹き大根、レンコンの炒め物のネギポン酢、(レンコンは、冷凍しか手に入りませんでしたが)美味しかったです!!


瞼のアトピーも酷くなりかけてたのですが、毎日、ビタミンDの錠剤を取ってることと、マッシュルームを食べることで、アトピーは、今のところ消えてます。
鼻づまりも、消えてくれると良いのですが。

お正月明けには、カタラン人(スペインの北部地方)の双子の女の子の生徒さんのお母さんが、カタラン地方の手作りのケーキを持ってきてくれました。
とても、綺麗にラッピングされていました。

開けてみると、とっても、美味しそう!!
オレンジなどのフルーツが焼きこまれていました。
彼女の説明によると、中にはアルミホイルで包まれた、キングと、ビーン(豆)が入ってるらしいです。キングが入っていたら、Good Luckで、ビーンだとBad Luckだそうです。
夫のは、キングが入ってました。

何かいいことあるかな?
私のは、ビーンでした。白い豆でした。
手作りで、わざわざ作ってきてくれたことが、嬉しかったし、何よりも、とっても美味しかったです。




にほんブログ村
コメント

ドライマウスの方、必見!

2018-10-20 23:58:08 | 健康、ヘルスに関すること
年を取ると、あちこち悪い所が出てくるものです。
私は、目下、目のまわりのアトピーと、足底筋膜炎(左足)に悩まされています。

そして、2、3年くらいドライマウスに悩まされていましたが、何と、最近、これに効くものを、GPに
処方してもらいました。

私は、この何年間か、ドライマウス、ドライアイ、そして皮膚の乾燥に悩まされ続けてきました。

目の方は、処方された目薬で良くなってきたのですが、ドライマウスが酷くて、喉の渇きで、夜中に何度も目が覚めて、水を飲むのですが、それでも渇きが治まらなくて、痛くて痛くて仕方なかったのです。

今までは、人口唾液(スプレー式)を処方されていました。
日本の医者でも同じものを処方されていました。
でも、これも効かないのです。水も人口唾液も全く効かなくて、朝は、いつも、喉の渇きと痛みで目が覚める状態でした。

鼻も詰まりやすいので、夜中に口呼吸しているのに違いません。
マスクをしてみたり、マウステープを貼ってみたり、ありとあらゆることを試しました。

もう、このドライマウス、一生、治らないのじゃないかと、絶望的な気持ちにさえなりました。


でも、先日、再度GP(かかりつけ医)に、お願いして、「グリセリンか、何かを処方していただけませんか?」と聞いてみた所、GPが処方してくれた薬が、ちいさな、グミのようなものでした。



これを、夜中に渇きで目が覚めた時に水を少し飲み、このグミのような少し甘酸っぱい(Sugar Freeなので、虫歯になることはない)のを含んで寝ると、唾液が自然に出てくるのです。

これで、私は救われました。
ドライマウスでお困りの方、このグミのようなものを、試してみては、いかがでしょうか?
コメント