50歳からの海外移住生活

風とカモメの街に暮らして                               

いよいよ家のデポジットの支払い、夫がまた、切れた!お野菜たっぷりボロネーズソース

2019-06-25 17:13:42 | 日記/料理

今日は、急に蒸し暑くなった。

いよいよ、家のデポジット(今までは、利子のみを支払ってきたが、)
を支払う期限が、間近にやってきた。

今日も、仕事のない夫とともに、私の貯金を、家のローンのファイナンス会社に振り込む為、銀行に行くことにした。

私の日本から移動してきた、なけなしのお金を、この家のデポジットにつぎ込むことに。。
一抹の不安を覚えないでもない。
この人と一緒に、いつまで、この家に暮らせるのかさえも、定かでないのに。

銀行に行くと、個室の部屋に通されて、銀行員の女性が応対してくれた。
日本へのお金の移動などの時、何度か、問題があったから、あまり、イギリスの銀行は信用できない。
でも、仕方ない。家のデポジットを支払わなければ、出ていくしかないのだから。

ところが、銀行員の女性に渡したファイナンス会社の振り込み番号は、夫が書いた簡単なメモ書き。

「書類はないのですか?」と聞かれた。

「これじゃダメですか?今までもこの番号で、振り込みしてきたんだけど」と夫が言うと、

「今は詐欺などが多いですからね。きちんとした書類があった方が確かなんですけど」と女性が言った。

私も、「こんなメモ書きだと不安だわ」と、訴えた。

そして、その場は、一旦、帰ることにした。

大切な虎の子の私の大切なお金なのだ。
もし、間違って、誰かちがう人のアカウントに入金されたら大変だと思った。

ところが、どうやら、このことが、夫の気に障ったらしい。
侮辱されたと思ったようだ。
それから、車で家に帰るまでの間、夫は、罵り続けた。
もう、嫌と言うくらい。いつものことだけど。

私が生徒のレッスン中、夫は、海に行って泳いできたようだ。
少しは気分がましになったのかしら?

出来るだけ、当たらず触らず、こういう時は、距離を置くしかない。
私も今の所、ここから追い出されて日本に帰っても仕事なんてないもの。

喧嘩はしたくないけど、出来るだけ、我慢しながら、ここで仕事を続けて行くしかない。



庭のバラ、ピンクのバラも今、満開、いっぺんに咲きすぎて、困るくらい。
少しずつ咲いてくれたらいいんだけどね。

さて、このデポジットを支払っても、70歳までは、ローンだ!
それまで、私も体が動く限り、今の仕事を続けなければ。

先月、古い生徒さんが、やめた。その代わり、新しい、生徒さん(子供)が入って来た。
古い生徒さんが辞めていくのは、残念だ。
慣れてきて、教えるのも楽しかったのに。

新しい生徒(子供)は、少し、ナーバスだったけど、体験レッスンが気に入ってくれて、来てくれることになって、ほっとしている。
私も体験レッスンをする時は、いつもナーバスになってしまう。
気に入ってくれるかどうか、体験レッスンで決まるからだ。 

今夜は、スパゲッティボロネーズ、残り野菜を使うことに。ニンニク、セロリ、小ナス、マッシュルーム、ズッキーニ(イギリスではコジェットと言う)トマト缶、バジル、それにFat5%(脂肪分5%)の牛ミンチ、



美味しかったです。食べ過ぎに注意!でもお野菜たっぷりで、ヘルシーなボロネーズソースです。
今夜は、夫が殆ど、料理に関わりました。










にほんブログ村
コメント