39ギター

35年ぶりに弾き始めたクラシックギター
神経痛と戦いながら
どこまでバッハに迫れるか
蝶も花もアーチェリーもあるよ

ヴィヴァルディのチェロ協奏曲

2014-02-12 22:21:52 | ギター

こんばんは
毎日寒いですね。
最近は夕方のウォーキングが楽しみになって来ています。
どうしてかというと、歩くのに慣れて来たのか少し楽になって来たからです。
楽をしたのでは運動にならないような気もしますが、気持ちよく息があがって足腰に疲労感が感じられるので丁度いいような感じがしています。
最近はオプションとして、公園の鉄棒で腕立て伏せをしています。
今までとは違う腕と胸の筋肉を使うので、結構刺激になっています。
まあ、「元気にしていますよ」と言うことですね。
・・・
お気に入りブロブの「puniさんのそらそらふぁみ☆ギターとあみぐるみ」が20,000アクセスに達しました。
Puni20000 偶然、20,000のキリ番に出くわして、嬉しくなってスクリーンショットを取りました。
まあ、20,000と言う数字は多くはないのですけど、延べ20,000人の人が立ち寄って見て読んでいったのかと思うと、結構な人数ですよね。
とりあえず、おめでとうございます。
偶然キリ番がゲットできたのも何かの縁ですね、これからもヨロシクお願いします。






・・・
今日はもう左手首の痛みが取れて来たのでギターを弾こうか弾くまいかと少し悩んで、少しならいいだろうちょっとでも痛みを感じたらそれでやめようと言うことでギターを弾きました。
最近こだわっているバッハの無伴奏ヴァイオリンソナタ第1番のアダージョとフーガです。
結構面倒くさい曲でもう少し楽なのはないの、と言った感じですが2日ほど休んだので逆に力みもなくいい感じで弾けました。(え?うまくはないですよ・・・)



・・・
さて音楽鑑賞の時間ですが今日はポール・トルトリエのチェロ20CDボックスの3枚目
ヴィヴァルディのチェロ協奏曲です。
チェロは大体弦楽合奏の中で埋もれた存在ですが、チェロ協奏曲になってくれると少し目立って、重厚というかいぶし銀の曲想を披露してくれます。
チェロ協奏曲と言えばドボルザークとかシューマンの情熱的なものが有名ですが、バロック調のこう言った落ち着いたものの方が好きですね。

Dsc00134


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« カザルスの古い録音 | トップ | 勉強になっている »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
39さん!嬉しい~ ありがとうございます♪ (puni)
2014-02-13 10:44:37
もうすぐ20000だと思いながら忘れていました。
パチリしてくださって 嬉しい\(~o~)/
ちなみに 今 わたしがそらそら・・・に行くと20039でした!(^^)!
知識0でパソコン買って、おそるおそるブログを始めて。
星の数ほどあるブログの中から お気に入りブログを見つけ。
お目にかかったことはないけど 毎日ブロ友さんの記事を楽しみに
励みにする・・・こんな楽しいことができるなんて
3年前までは思いもしませんでした。
のんびり気ままで自分のことしか書かない、ぐちってばかりの
拙いブログですが これからもどうぞ仲良くしてくださいね(*^_^*)
puniさん こんにちは (39ギター)
2014-02-13 11:00:56
キリ番を狙って取ることもありますが、今回は全くの偶然でした。それだけにこちらも嬉しいです。
しかもpuniさんは20,039ですか?
39に縁がありますね。
これからも頑張りましょう。
では・・・

コメントを投稿

ギター」カテゴリの最新記事