39ギター

35年ぶりに弾き始めたクラシックギター
神経痛と戦いながら
どこまでバッハに迫れるか
蝶も花もアーチェリーもあるよ

ロマニリョスとKenneth Hill

2009-11-22 20:30:16 | ギター

ヤマハのギターフェアに行ってきた。

ヤマハのお姉さんにも久しぶりに会った、いつものかわいい笑顔で応対してくれました。

行くと早速、あれ?髪形変えました?と聞かれて、散髪代を節約していると言うのもかっこ悪いので、「うん、伸ばして荘村清志みたいにしようかと思って・・・」といってごまかした。

まあ、あまり髪を短くするのは好きではないので、年に3回ぐらいしか散髪に行きません。

黒澤にセシリア張ってありますよ、と言うことなので早速弾いてみた、いい感じで鳴り過ぎず、かといって物足りないと言うほどでもなく、しっかり弾くと落ち着いた音が出るといった感じで、自分のギターも黒澤なので同じ感じかな、という安心できるギターでした。40万円台より60万円台の方が当然もっといい感じで、お金を出せば出すほどいい音が出てくると言うことです。

その後いろいろと百万円前後のものを弾かせて貰って、その間に何人かお客さんが来ているようでしたが、こちらが中央にドンと座ってヘタにもかかわらず大きな音で鳴らしているので、また来ます見たいな感じで引っ込んでいきました。悪いことをしました。

最終的に気に入ったのが「Kenneth Hill」フェア価格で126万円でした。

ギターの音は、自分が弾いているときに聞く音と、人が弾いているときに聞く音は違う。

当然タッチなどが違うのでと言うことではなく、自分の弾いている音を正面から聞くことが出来れば自分の思っている以上に音が出ているのではないか、と言うことはなんとなく判っていた。

きょう弾いたギターのうち最高額の300万円とか400万円とか行っていたロマニリョス(値段が違いすぎるので呆然として覚えていない)は自分で弾いた感じでは、あまり音が出てない感じで「これがあの・・・村治佳織も弾いている・・・?」といった感じでしたが、正面で私の弾くのを聞いていた別のお客さんが「すごく出ていますよ」といってくれたので、あっやっぱりそうなんだと言う感じでした。

人に音を聞かせるプロはこんな感じの楽器を使っているんだ、と一つ勉強になりました。

まあ、われわれアマチュアは先ず自分が満足することが重要なので、よほどの人じゃないともてあますような高級ギターでした。

で、そのKenneth Hillですが。弾いている自分にもいい音がしておそらく正面で聞いている人はもっといい音がしているのではないかと思いました。650ミリですが弾きやすく、ボディーに対してネックが高めに少し傾いて付いている、例の福田進一が弾いているあれに良く似た感じのギターでした。

ネックが少し傾いて付いていることで表面板の振動が微妙に変わり、いい音になるのかもしれません。

気に入ったのですが、なかなかすぐに手の出る金額ではないので、一晩悩むことにしました。

3年ローンだと月額3万8千円と言うことで払えない額ではありませんが、娘の独立・就職でいろいろとお金のかかる時期に、ローンを抱えるのもなぁ、でも今年いっぱいで生命保険は解約するのでその分を払いに回せるなぁ、とかいろいろ考えて、まぁ一晩考えて明日また行ってお別れをすることになるのかなぁ、と思っています。

弦は、ハナバッハのスーパーローテンション(イエローラベル)を買って帰りました。

明日、Kenneth Hillにお別れを告げてから、張り替えます。もしかしたら、衝動買いするかもしれないというドキドキ感を一晩楽しみたいと思います。

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 練習効果ばっちり | トップ | ヤマハのギターフェア »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
試奏、ありがとうございました。 (ちえ)
2009-11-23 01:36:43
私あまりお世辞で接客できない人なんで、良くないとか合わないと感じたらズバッと言ってしまいます…
逆に信用していただけたら、、、。

ケネスヒルの杉は、ほんとよく合ってましたよ。
聴いていて、心地好かったです。
遠慮も主張もし過ぎず、変な倍音も鳴らず、バランスも良いですし。
楽器選びはしっかり悩んで悩んで悩んでくださいな!
精一杯、サポートしますし、もちろんアフターも保証しますので!!!

23日はまたまた混むかも。
可能なら午前中が少なめ、かもです。

コメントを投稿

ギター」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事