39ギター

35年ぶりに弾き始めたクラシックギター
神経痛と戦いながら
どこまでバッハに迫れるか
蝶も花もアーチェリーもあるよ

二人揃って倒れてしまいました

2019-01-07 22:03:57 | 日記

こんばんは

長男家族が東京に帰ってくれたのが1月4日、そのあと途端に体調を崩してしまいました

しかも家内と二人同時

家内は年末から風邪気味でそれが本格的になって4日には声がかすれてでなくなりました

幸い熱はあまり出てないということでなんとか家事をこなすことができました

買い物とか僕が代われるところは当然変代わりましたよ

僕は年末に鼻水・くしゃみ・咳がひどくなりましたがこれは耳鼻科に行ったのでなんとか治りましたが、同じ頃から肘のあたりに弱い痛みと違和感がありました

まあそのうち治るだろうと思っていたんですが、それが5日になって一気に悪化しました

5日には家内をいつもの内科医院に連れて行って、ついでに年末にやった僕の血液検査の結果を聞いてきたんですが、その時には肘の方は気になるほどではなかったので先生にはそのことは言わずに帰ってきました

ところが夕方になって急に症状が進み出して腫れがひどくなり痛みも出てきました

日曜日はさらに腫れて右腕がパンパンになってしまいました

今日になって朝一番から土曜日に行った病院に行って事情を話すと、再度血液検査を行って白血球が多くなっているしCRPと言う炎症の数値もかなり大きくなっているといことで抗生物質をもらいました

どんな菌がどんなことで入ったのかはわからないんですが、これが肘の関節に入ってくると高熱が出るそうです

僕が血液検査をしているときに先生が家内に「肘を使うテニスのようなスポーツやってますか?」と聞いたらしいんですが、案外アーチェリーも肘を酷使しているのかもしれませんね

抗生物質を4日分飲み切ったらまたきてくださいということでした

まあなんとかなると思うんですが、年末年始のあいだ長男家族が帰ってくることでいつもにないことを大量に対応してくたびれたんでしょう

そこに悪い菌が居たんで二人揃って倒れてしまいました

明日から仕事ですが、一週間かけてじっくりと回復するしかないですね

 


昨日の日曜日は、部分日食がありました

あいにく広島は曇りでしたが、なんとか雲を通して見ることができました

 


丸の人的補償は長野になりました

予想では一岡のような若手の投手というのもありましたが、阿部・亀井・長野が案外プロテクトから外れていたらというのもありました

本人にすればプロテクトから外されていたのがショックでしょうね

長野はFA権を持っているので、案外1年で戻ってこいよという裏約束があるのかもしれません

もしそうならどこまで巨人はしたたかなんだとも思いますが、そうなればまた人的補償を獲得できるしカープにとってはそう悪いことではないですね

長野は紳士的なコメントを発していますしカープファンも大方は歓迎しているようです

もしこれからずっとカープでやっていけば主力選手として引退の日を迎えることはあるでしょうね

長野選手は緒方監督と同じ佐賀県の出身ということですからうまくやっていけるんじゃないでしょうか

逆に巨人の方は主力のベテランを出してしまったということでチーム内の動揺は大きいでしょうし、何よりも丸にとっては大きなプレッシャーになりますね

 

来年のカープはますます面白くなりそうです

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 旅の終わりは悲しい | トップ | どこに向かっていくのか »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事