39ギター

35年ぶりに弾き始めたクラシックギター
神経痛と戦いながら
どこまでバッハに迫れるか
蝶も花もアーチェリーもあるよ

雨の中元気な彼岸花と不機嫌なジョンソン

2018-09-20 21:59:14 | 日記

こんばんは

雨がよく降ります

昨日まではよかったんですが、いよいよカープがこの9連戦で優勝を決めようかという時になって、冷たい雨が降り続いています

今日の試合がノーゲームとか中止になると、阪神の予定が大変なことになるしカープとしても早めに優勝を決めたいのでやっておきたいゲームなんです

しかし試合開始が1時間伸び、途中で降雨のために中断しています

先発ジョンソンは2回まで投げて中断再開後には中村祐太に変わってしまいました

どんな理由があったのかわかりませんが、この状況で戦意喪失ということだと困りますよね

まあ、次の登板に備えて早めに変わったということで理解しておきましょう

試合はまだ続いています

この状況でカープの方はまるで覇気がなく田中の2安打だけ

鈴木は一度もバットを振らずに退いています

阪神の方は中村祐太を打ち込んで必死で戦ってきます

カープは試合を投げましたか?

 

雨の中、彼岸花が元気に咲いています

 

 

ミゾソバの花が咲きました

 

ツボミの時はこんな感じ

なかなか開いてくれなかったんですが、小さな花が開いてくれました

 

お!

丸のヒットで1点

やる気のないように見えた鈴木がホームランを打ちました

丸が塁にいたので2ラン、一気に3点返しましたがまだ4対3で負けています

阪神は一生懸命やっているのでカープも頑張ってくれないと恥ずかしいですよね

今やっと5回がおわりました

この調子だと試合終了は明日ですか?

追記:

ジョンソンが降板後に雨の中での試合強行に対して苦言を呈した

つまり文句を言っていたらしい

確かに雨の中の試合でアクシデントの可能性は高くなり、これからの試合のことを考えたら中止とするべきだ、こう考えるのも悪くはない

阪神の試合日程のためにカープが犠牲になることはない

しかし、エースとはいえこんなわがままが通るとは思えない

だから降ろされた

そういうことらしい

以前からジョンソンは雨の中の試合では仕切りに足元を気にして落ち着かない姿がありました

まあ、だけど日本で野球をやっている以上は日本のやり方、特に監督の決定は服従の姿勢をとって全力を出さなくてはいけない

気に入らないのなら来年はアメリカに帰ってください

お土産にお気に入りの石原をつけてあげましょう

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 赤い彼岸花 | トップ | 繁殖力の強い害草「クズ」の花 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事