39ギター

35年ぶりに弾き始めたクラシックギター
神経痛と戦いながら
どこまでバッハに迫れるか
蝶も花もアーチェリーもあるよ

JavaScriptがそのままではないんですね

2019-05-14 22:30:05 | 日記

こんばんは

 

今日のカープ

先発の野村くんがあまりパッとせず、いつもの「打たせて取る」ピッチングが今日は「打たせてしまう」になっていました

4回に3点取られて3対3と追いつかれたところで交代

続くレグナルトもパッとしないで押し出しで1点くれてやって4対3と逆転され

今日のカープはパッとしないのかなと思っていたらヤクルトの方がもっとパッとしなくなりましたね

5回にカープは打者一巡の猛攻で一挙に4点とり、試合をほぼ決めた感じでした

 

ヤクルトはチーム打率がよく点を取れるチームですが防御率は悪く得点と同じぐらい失点をするチームです

カープの方は失点も少ない分得点も少なく対照的ですが、最近は投手陣が割と調子が良くなってきて今日のように先発が早めに引っ込んでもあとが続けて良く抑えてくれます

去年までのカープとは一味違う感じですが、これから打撃の方が伸びてくれば十分にリーグ4連覇も可能です

 

今日の電子工作、特に進展はありませんがプログラミングで少し気づいたところがあります

micro:bitのプログラミングはブ画面上でロックを積み重ねるわかりやすい表現になっていますが、その分何かと制約もあります

まあ色々な制約も持っている機能でなんとかなるんですが、今日は少し悩みました

「それは数値を文字に変換する」ブロックがないということです

文字を数値に変換するブロックはありますが、逆はないみたいなんです

どうしてこれが必要かというと明日ぐらいに4桁7セグメントが通販で届くんですが、各桁に与えるデータは数値の各けた一桁を与えることになります

数値を文字列に変換して左から1文字ずつ切り取っていくということです

とりあえず今日は先日もテストをしたA/Dコンバーターで読み取った可変抵抗器の抵抗値をパネルに1桁ずつ表示しようとしたんですがつまづいてしまいました

10の累乗をかけたり割ったり整数部を取ったり余りを取ったりすればできると思いますが、数値の桁数や小数部の有無など色々と考えると汎用的なものは難しくなります

そこで色々と調べた結果、JavaScriptのメソッドでtoString()を使うことにしました

画面をJavaScript表示モードに変えて問題の箇所にtoStringを使ってもとのブロック表示に帰ると、「ブロックに変換できなかったJavaScript文」として灰色のブロックが現れました

あーなるほど「こうやればJavaScriptの文法が丸々使えるようになるんだな」

ついでに色々と試してみるとこのtoStringメソッドは、JavaScriptでは引数に2を与えると二進数の文字列にしてくれるんですが、このブロック言語ではそこまではできないようです

つまり文字に変換しますがそれはあくまでも10進数としてになります

まあ2進数表現が必要な場面ではないのでとりあえず「できない」ということがわかったということで、いい勉強になりました

JavaScriptがそのままではないんですね

 

豚菜(ブタナ)

葉は地面に張り付いていてそこから細い花茎がシュウっと伸びて黄色のタンポポ似の花がさく

コメント