39ギター

35年ぶりに弾き始めたクラシックギター
神経痛と戦いながら
どこまでバッハに迫れるか
蝶も花もアーチェリーもあるよ

興味を持って調べると面白いですね。

2013-07-25 22:55:06 | 俳句川柳

こんばんは
今日はこの夏最高の暑さでした。
広島のアメダスは16時で34.3℃を記録しています。
大竹ではなんと37.1℃でした。
まだまだ序の口だよ、そう仰る地域の方もいらっしゃると思います。
いつもはエアコンは15時過ぎと決めていて、出来れば使わないで済むものならエアコンはつけないと頑張っているのですが、さすがに今日は昼過ぎにはつけていました。
仕事も忙しいですし、ちょっと気温が下がれば大幅に仕事がはかどるので、まあ必要経費ですね。仕事のためとは言え電気代は自前なので痛いです。
・・・
こう暑いと今まで散々撮って来た写真がさっぱり撮れていません。
花はごく少数でいつもの花がいつものところに咲いているので写真を撮る気になれないし、蝉はやたらうるさく鳴いていますが姿はほとんど見せないし、たまに見つけても別に珍しくもないし、と言うことでなかなか写真が撮れない言い訳をしています。
・・・
暑くても寒くても忙しくても、そのときの風情や感情や何でもないことでも歌にするのが俳句なんでしょうが、これもやはり暑さのせいか頭がボッとして何も出てきません。
夏の季語を調べてそこからなんとかひねり出そうとしていますが、無理矢理になりますね。
面白い季語で「麦の秋」と言うのがあります。
「秋」と書いてあっても季語としては「夏」なんですと・・・
秋を穀物の熟する時期ととらえ、夏であっても麦の熟するときなので「麦の秋」なんだそうです。
同じ様な季語で「竹の春」は秋の季語で「竹の秋」は春の季語だそうです。
「竹の子」は夏の季語で「竹馬」は冬の季語ですと・・・
え~と・・・え~と・・・だんだんこんがらがってきました。
興味を持って調べると面白いですね。

コメント