General Magazine M's

まったり.ゆっくり.多趣味なはなし.

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

新婚旅行4~フィレンツェ2日目~

2009年05月01日 | 
さてフィレンツェ2日目です。

この日は本当は終日自由行動なのですが、
オプショナルツアーっていう、
希望者のみ参加する小ツアーがありまして、
僕らは午後、ピサ観光を申し込みました。

有名なピサの斜塔ってやつです(笑)

午前中は自由行動だったので、
早起きして、
僕らは前の日からガイドブックで目をつけていた、
「考古学博物館」なるところに行ってみました!

場所はなんとなくわかって近くまで行けたんだけど、
入り口がなかなかわからず、
道行く学生さんにかたこと英語で教えてもらって、
やっとこたどり着きました(笑)


博物館脇の外観



この博物館、
ガイドブックではオススメ度星ひとつしかついてませんでしたが、
入ってみるとなかなかどうして、
ローマ帝国以前のエルトリア文明時代の出土品から


エルトリア文明の出土品




ギリシャ・ローマ時代のもの。


ギリシャ時代のキマイラ像



はたまたエジプト関係の出土品や
有名な死者の書の一部が書かれたパピルス、
本物のミイラなどなど・・・


エジプトのオベリスク



ある意味なんでもアリな感じではありますが、
(メディチ家が好き勝手集めたものらしいです)
かなり濃い内容でしたよ~!

フィレンツェ行ったらぜひおすすめです!

博物館をたっぷり堪能した後、
今度は一路ドゥオモへ。


路地の奥に見えるドゥオモの赤い屋根



僕らはこの塔に登ってみました!



ドゥオモ



上からの景色↓


塔から見下ろすフィレンツェ1




塔から見下ろすフィレンツェ2



赤い屋根の上に柵があって人がいっぱいいるのわかりますか?
例の落書き事件はあの場所だったらしいですよ~

まあ、そんなことはおいといて、
とにかくフィレンツェらしい眺めでした!

フィレンツェは街自体が世界遺産に指定されていて、
レンガ色の屋根と黄土色をベースとした壁の古い建物を
現在も守り続けています。

お店などもそれらの建物をそのまま使っていて、
もしもリフォームを試みたなら、
かなり制限が厳しいらしいですよ~!

新しい建物にも、かなりの制限があるみたいですね。
とにかくちょっと感動するくらいすばらしい眺めでした。

で、のぼりつかれたところでそろそろお昼ご飯です(笑)
目をつけていたお店がちょっと遠かったので、
タクシーに挑戦してみました!

結構どきどきものでしたよ(笑)

なんやかんやで無事お店にたどりつきました!
お店は、トラットリアといった感じです。

イタリアの気取らない大衆的なお店です。

まずは生ハム↓


生ハム



こんな感じで店内に干してあります↓


吊り下げられている生ハムのかたまり



で、注文するとスライスしてくれます↓


生ハムスライス中



生ハムにはオリーブオイルってことで、
テーブルにはオイルがおいてあり、
自由にかけたりできます



オリーブオイル



それからワイン↓
店員さんのおすすめを注文しました。


ワイン



毎日こんな感じで飲んでました(笑)
お次はラザニア↓


ラザニア



これ、やばいくらい美味でした!
この旅ナンバーワンの味でした(笑)

また食べたいっす(笑)

で、その後パスタです↓


パスタ



これもなかなか美味でした!
ツアーに含まれている前日食べたステーキ以外は、
ぜんぜんハズレなしでしたよ(笑)

そして最後にデザート↓


デザート



このデザート・・・なんだっけ?^^;
忘れてしまったのがくやしいですが、
美味しかったです(笑)

そんなこんなで盛りだくさんな午前中を過し、
オプションツアーのピサ観光へ!

ゆっくりしすぎて時間が無くなってしまい、
ふたたびタクシーで
ツアーの待ち合わせ場所に向かいました(笑)

そこからバスでピサへ向かい、
斜塔の前で写真を撮ったりして、


ピサの斜塔



あと、道端でアフリカ系の黒人さんがバザーしていて、
そこでどこかの部族の太鼓を購入したりして
(値切ったりしてみました笑)
ピサの小ツアーも終了しました。

ピサに関しては、
いっぱいガイドさんの話聞いたんですが、
歴史的な事とか、
あんまりしっかりと覚えてないんですよねぇ;

ちらちらっと調べてみましたが、
ちょっと長くなるかもなので、
それはまた別の機会にします!

で、バスでフィレンツェに戻ったらもう夜で、
おなかもすいたので、街中のバールへ。


イタリア料理店には色々あって、
ちょっと気合入れて行く「リストランテ」
もうちょっと気さくな「トラットリア」
かるく食べて飲む感じの「バール(Bar)」


などなど、一応格付けみたいになっています。

バールはバールかなぁと思うけど、
トラットリアとリストランテは、
ほとんど違いの無いお店もあるようです。

日本のイタリア料理店はトラットリアが多いのかな?

しかし、
バールといってもイタリアンはイタリアン。
かなり美味ですよ~!

バールにはペットボトルのドリンクやお菓子、
ジェラートなんかもあります。

気軽に食べて飲めて、いいですよ!

ってなわけで、
バールに入ってパニーニやペンネや、
色々盛りだくさん頼んで
おなかいっぱいになりました(笑)



バールで食べたものたち



お腹いっぱいになったので、
この日はフィレンツェの街を眺めつつ、
歩いてホテルへ。

フィレンツェ2日目終了です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 管理を引き継ぐ事にした! | トップ | 妻の誕生会^^ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事