特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター 公式ブログ

2011年3月17日の設立から7年。孤児遺児応援活動、現地ボランティア活動等、現在進行形で被災者応援活動を行っています。

本日、3月26日(土)午前10時から 東日本大震災・支援物資を受付ます

2011年03月26日 02時36分08秒 | HP新着情報

このブログをご覧の皆さん。
3月26日(土)から、東別院で物資の受け付けを開始します。

以下の注意をよく読んで、支援物資をご提供ください。
支援物資よりも義援金が重要です。
このことをご理解の上、なお物資も送りたいという方は
どうぞ、支援物資をご提供ください。

25日以前に支援物資を送ったり、持ち込んだりしないでください。
私たちが東別院をお借りできるのは3月25日(金)からです。
25日(金)は午前9時から開設準備にあたります。

なお、17日(木)結成会議では、26日(土)、27日(日)は
安定した運営のために、プレオープンにするとしましたが、
現地に行った3人は、自分たちの安全ばかりを考える場合ではない、
26日から全力で取り組むべきと考えました。
そこで、21日(月)午後5時からの運営会議で方針変更を提案し、
22日(火)の報告会で了承を頂きました。
17日の会議だけに参加された皆さん、どうぞご了承ください。


■受け付ける物資
 □タグ付き春物新品衣料品、新品下着・靴下(大人、子ども、乳児)
(3/24 0:34 新品靴下追加、3/26 0:50 新品下着追加)
    被災地に届けるのは4月2日(土)です。
    被災者に届くのは数日後になります。
    まだまだ寒い東北地方ですが、
    この後のことを考えて、新品の春物衣料品をご提供ください。
    なお、「新品」はタグなどがついていて、
    明らかに新品と分かるものです。
    クリーニングがしてある美品でも、中古衣料はご遠慮ください。
    送られた中古衣料品は、後日、着払いで返送させていただきます。 

 □新品タオル、新品バスタオル
 □中古タオル、中古バスタオル
    3月20日(日)の現地入りの際、床上浸水の家庭では、
    掃除が始まっていました。
    水道が復旧し、
    各家庭での掃除が本格化する4月には、
    掃除用のタオルが大量に必要になります。
    新品は新品の使い方、中古は中古の使い方があります。

 □FMラジオ、電池(
    (3/25 03:05 電池追加)
    コミュニティ放送局「FM76.4ラジオ石巻」では、
    被災者に関するきめ細かな情報を発信しています。
    どの家庭でもこの情報を得られるようにしたいと思います。


 □爪切り(新品)、耳かき(新品、綿棒可)、傘(中古可) 
      (3/23 21:55 新規アップ、3/24 1:00 傘(中古)追加、
      3/25 2:35 綿棒追加)


■1箱:500円(現金、金券)の輸送費をお願いします
    私たちは民間のボランティアです。
    トラックをレンタルして皆さんの支援物資と支援の思いを    
    直接、被災者の皆さんにお届けします。
    トラックレンタル費用、ガソリン代としてご協力ください。
    金券は下記のものだけで500円になるようにお願いします。
     切手、全国百貨店共通商品券、図書カード、ビール券、おこめ券、
     クレジットカード各社ギフト券
     郵送でご提供される方は、
     現金を同封することはできませんので、
     金券をお送りください。 

■送料はご提供される方がご負担ください
    兵庫県佐用町水害で支援物資を集めた際には、
    着払いで送られてきた支援物資がありました。
    どうか、ご提供される方が送料をご負担ください。
    着払いの場合は受取を拒否させていただきます。
    
■梱包にあたって分類にご協力ください
    できれば一つの箱に同じ種類のものだけを入れてください。
    ご提供いただける方も、
    以下の分類で、透明ビニール袋に分けて、分類を明記してください。
    箱の上・横(四面とも)には、中身をマジックでお書きください。
    [大人男性]
    [大人女性]
    [子ども男子]
    [子ども女子]
    [乳児]

■受付先
    〒460-0016 名古屋市中区橘二丁目8-55 
             東別院お茶所内 愛知ボランティアセンター
     電話 090-6590-3117
     受付時間 午前10時~午後7時(無休)
     
     東別院へ問い合わせ電話をかけないでください。   
     東別院には多少の駐車場はあります。
     長時間の駐車は絶対にしないでください。
     東別院の施設を特別のご好意でお借りしています。
     どうか皆様もご協力ください。
     お帰りの際にはご本尊様の御前でお参りください。
       
■届け先
     物資=宮城県石巻市立湊小学校
     義援金=宮城県石巻市役所

■義援金・活動資金受付先
     義援金=三菱東京UFJ銀行 大曽根支店
      口座名:愛知ボランティアセンター義援金受付代表久田光政
      普通預金     
      口座番号:0033068
     
     活動資金=ゆうちょ銀行 
      口座名:被災者支援 愛知ボランティアセンター
      口座番号:12100-17999031
      ※他行からゆうちょ銀行へ振り込みの場合
       支店番号:218
       口座番号:1799903

■ボランティア
     仕分け・分類ボランティア      
      活動時間:午前9時~午後8時(無休)
      1日2時間以上可能な方。
      1回だけでも結構です。
      老若男女誰でもできる単純な作業です。
      ただし、「愛」だけはたっぷりこめてください。      
      この会のメンバーは高校生から後期高齢者の方まで
      幅広い世代が集まっています。
    
     現地輸送・現地ボランティア     
      4月1日(金)から、原則として毎週末に物資を運ぶ計画です。
      日程は、金曜午後6時ころ東別院を出発。
      原発の不安が解消されるまでは、
      東北道は利用せずず、新潟から、山形を通り、
      宮城県石巻市に土曜の午前8時~9時ころ到着します。
      物資を降ろし、終日石巻市で活動し、
      支援者のお宅で宿泊させていただきます。
      日曜朝に現地を出発し、
      午後10時までには帰名します。
      トラックと車2台程度、
      人数は10名前後を予定しています。
      また、被災地でボランティアセンターが開設されれば、
      大規模なボランティアも実施します。

     ボランティアを希望される方は、
      aichiborasen@gmail.comへ
       氏名、年齢、職業、ボランティア可能な日時を明記して、
       メールをお送りください。

※この文面の転送、拡散は大歓迎です。
 が、必ずこのままコピーするか、
 このブログアドレスを紹介してください。
 長文なので短くしたり、
 よかれと思って書き換えたりしないでください。
 まちがった情報のメールは、
 迷惑なチェーンメールになります。
 どうかご協力ください。            

ジャンル:
東日本大震災
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ボランティアセンター開設! | トップ | 朝日新聞に紹介されました »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (beth)
2011-03-23 23:43:50
爪切りや耳かきは新品ですよね?

傘はどうでしょうか?
皆さん、お久しぶりです。 (長谷川 景子)
2011-03-24 21:35:09
物資の耳かき(新品)なんですが綿棒は、NGですか? 赤ちゃんは、綿棒があるととても便利かな?と思います。 なかなか思うように動けませんが、少しでも力になれたらと思っています。宜しくお願いします。
bethさんへ (山田涼子)
2011-03-25 00:05:51
傘は中古でも構いません!
もちろん、骨が折れていたり、破れていたりするものは不可です。
よろしくお願いしますo(^-^)o
長谷川さんへ (山田涼子)
2011-03-25 06:59:45
綿棒(新品)可です。
よろしくお願いします!
山田さんへ (長谷川 景子)
2011-03-25 16:10:51
はじめまして私は、昔お世話になっていた贈る会のOGです。 物資の件教えて頂きありがとうございました。 これからも宜しくお願いします。
Unknown (ベビとも)
2011-03-25 22:39:38
高校生フェスのOG竹内です。
先日久田先生に電話をかけさせていただきました。半田市で助産院母体のベビーのサークル活動をしています。
さっそくサークルのブログにリンクを張りました。
そこで、おしりふき(ウエットタイプ)を1箱提供したい と申し出てくれた方がみえます。受け入れ可能でしょうか。

また、育児中に不可欠な、おんぶ、抱っこひもも集めています。

助産院より「被災地での救援にあたっているかたへ」 災害時の母と子の育児支援 共同特別委員会 NPO法人ラクテーション・コンサルタント協会 から出されている参考資料を預かりました。被災地へ届けていただけれませんでしょうか。

コメントを投稿

HP新着情報」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事