特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター 公式ブログ

2011年3月17日設立。孤児遺児応援活動、現地ボランティア活動等、現在進行形で被災者応援活動を行っています。

海外での被災者応援活動に関する愛知ボランティアセンターの考え方

2016年07月12日 14時18分23秒 | [平成25年(2013年)台風第30号]フィリピン・キナカルタン島ボランティア

代表の久田です。

海外での被災者応援活動に関する愛知ボランティアセンターの考え方

NPO法人被災者応援愛知ボランティアセンターは、2013年にフィリピンで発生した台風30号によって甚大な被害があったキナタルカン島での被災者応援活動を実施してきました。

愛知ボラセンとしては、第4世界(いわゆる後発途上国・途上地域)で発生した甚大な自然災害・人為災害に遭った被災者を応援する活動を今後も行っていきます。具体的な方法は被災状況や地域によって異なりますが、愛知ボラセンらしい活動を展開していきたいと考えています。

さて、当該被災地域が復旧から復興期に入り、自然災害・人為災害被害対策から、第4世界(いわゆる後発途上国・途上地域)の貧困対策と考えられるような段階まで、関係が続いてきた場合には、NPO法人の約款で規定している「被災者応援」と齟齬をきたしてくるのではないかと考えられます。

そこで、新たに任意団体・愛知ボランティア・クルーfor People of the Fourth World(略称=国内:愛ボラPFW、海外:Aichi V.C. for PFW、代表:久田光政)を設立し、愛ボラPFWがその地域での活動を引き継ぐことにします。愛知ボラセンは必要に応じて、愛ボラPFWの活動に協力していきます。

これにより、今後のキナタルカン島での活動は、愛ボラPFWが主体となって行っていきます。

なお、愛知ボランティアセンターがフィリピンスタッフのルーさん来日にあたってお借りした応援資金の負債も愛ボラPFWが引き継ぐことになります。
  
今後もキナタルカン島での活動にご協力賜りますようお願い申し上げます。


2016年夏 第6回フィリピン・キナタルカン島スタディー&ボランティアツアー
 2016年8月10日(水)~15日(月) 
 詳しくはこちらをご覧ください。

コメント   この記事についてブログを書く
« [愛知サマーセミナー7/16] ... | トップ | 立体的な生きた活動をしてく... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

[平成25年(2013年)台風第30号]フィリピン・キナカルタン島ボランティア」カテゴリの最新記事