愛知HAPPY無色透明 1000 happy things

無色透明 1000 happy things 愛知HAPPY

nature誌の論説を読む★463、9(2010年1月7日)

2010年01月27日 | マガジン


nature誌の論説を読む。
思い切って意訳します。当たらずとも遠からずと思って読んでください。


http://www.nature.com/nature/journal/v463/n7277/full/463009a.html

463、9(2010年1月7日)| ;公開2010年1月6日



A decade for
psychiatric disorders 
精神疾患の10年




統合失調症のような精神疾患には理解と治療が必要です。



ニューヨークのメディアサーカスには妄想のある
精神病患者が治療のため訪れます。


英国では、毎年、がん研究のための慈善団体に8億ドルを寄付しています。
精神健康に関する調査では、数百万人とされている神経変性疾患、うつ病などの人々は生活をすべて失うことがほとんどです。




.
そのような格差のための時間は、過去に比べて、より一貫して積極的な方法で対処されることです。


生物科学の大きな進歩を遂げる態勢を整えて、精神疾患の汚名を返上することが望まれます。




人間の脳の神経細胞よりガンなどの腫瘍細胞の治療の方が簡単で、治療研究も進んでいます。
精神病に影響を与える遺伝子と環境の分離は困難であり、診断は非常に困難です。


スティグマの問題が解決していません。

いくつかの国では、うつ病では偏見がなくなりつつあり
欧米諸国ではちらほら鬱病を告白している人もいます。




対照的に、統合失調症の場合、すべてのメディアによって隠された存在であり、
主に殺人事件と関連付けられています。


研究課題


統合失調症-妄想、モチベーションの低下、認知機能低下の組み合わせ-

精神疾患の治療に必要な課題研究の例をあげます。




マスコミで取り上げるのは典型的な極端な行動の病例ですが。
人口調査は、すべての人で、精神疾患の生涯有病率はおよそ3%であることを示しています。

統合失調症は薬物治療と認知療法の組み合わせで、治療のチャンスは十分あります。


早期発見、早期の環境要因をより明確に理解することで精神疾患の予防ができる可能性があります。


統合失調症の症状と、脳内物質の減少との関係を理解することが重要です。
例えば、神経伝達物質のドーパミンであり、

ドーパミンシステムが妄想と関連付けられています。
新しい薬は、数十年にわたってその有効性が確かめられており、副作用は減っています。


統合失調症には前期の妄想の発現と後期の意欲低下の段階があります。

進行性のバイオマーカーを開発することで、
それらのリスクを識別し、病気の発病を抑えたり、
または障害を軽減できるようにする必要があります。

早期の治療がより良い結果につながります。


診断と治療を向上させるために基礎生物学の理解を深めることが不可欠です。

新技術-ゲノムワイド関連研究、イメージング、神経回路の光学的操作-

神経回路の認知機能障害の基礎となる時代が始まっている。

特定のいくつかの遺伝子が統合失調症、双極性障害や自閉症を持つ患者に共通なことが示されています。

これは、環境要因をより明確に理解して、
精神疾患を初期段階で早期発見し、予防できることを示唆しています。


環境影響


環境要因に関する基礎的な研究があまりにも少ないのです。
統合失調症のパターンの約80%が遺伝によって決定されるようですが、
それらの遺伝的影響は環境への影響の感受性にあります。


直接的な環境影響の残りの20%は、社会的ストレスが(たとえば、引越し)統合失調症患者の発病に大きな影響を与えたと考えられています。


統合失調症に対する最近の評価は、さまざまな学問分野の融合と協力が必要なことです


“worldwide challenge is to bring together the
various disciplines that are needed to examine models of disease causation based
on various aspects of gene–environment interplay” ( J. van Os and S. Kapur Lancet 374 , 635–645; 2009
).



もちろん、分子だけでなく基本的な生物学も、統合失調症の妄想とその永続性などのメカニズムを理解する上で欠かせません。







アメリカの国立メンタルヘルス研究所所長は
「統合失調症であれ、鬱病であれ、これらの脳内ドーパミンや遺伝や環境の理解が、科学的なアプローチを必要としている。」
と強調しています。( TR Insel J. Clin. Invest. 119 , 700–705;
2009
),






臨床精神科医の治療に「科学」の影響を与える。

精神科医はまだ、現代生物学の研究を始めて日が浅いです。

現在の精神医学的な診断は、今後10年で大きく変わろうとしています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日経サイエンスをいい加減に読み下す

2008年12月01日 | マガジン
日経サイエンスは私が買う雑誌の中でもっとも高い。
が、内容も濃いし面白いので毎月買っている。

今月はノーベル賞主に物理の解説だった。
名古屋理論として名古屋大学時代の仮説が紹介されていた。

物質の細かい細かいところを突き詰めて考えていく姿勢は
パラダイム的には前の時代のスタイルだが、
小粒な応用研究ばかりの昨今でも
考えることの重要性は失われていない。

今日の日経では数学が弱い、日本というような記事があった。
たしかに数学が嫌いとかいう話は雑誌にもよく出てくる。
文系の大学生には分数ができない人がいるというのは
あながち嘘ではない。


そのぐらい数学が出来ない人がいる。
が、数学が出来る人が恥ずかしがる必要は、もちろん、ない。
恥ずかしいのは数学ができない側なのだ。

雑誌に限らず、新聞記者でも数学が苦手なことを
恥ずかしがらない人がいるのが困る。

日経サイエンスにもどると
宇宙のはじめについて
ビッグバンがはじめとする考えがあったが、
それはビックバウンスというバネの伸び縮みのような
イメージに修正されつつある。
時間がはじまる瞬間が見つからないからだ。

理論でも実験でも時間0の瞬間が無限大になってしまって
矛盾してしまう。

これを解決するのがバネだ。
あるところまでは小さくなって
限界を超えると再び大きくなるというのが
ビッグバウンス。
この縮んだ前の宇宙が
今の宇宙の鏡の反転した対称のような宇宙であろうと考えられている。

この辺りが面白い。

どの部分が対称になっているかで宇宙が違うからだ。
対称性の乱れと関係していくわけで。

まあ、ごく単純に電子がプラスで陽子がマイナスとか、

磁力が遠くまで届くとか、
ブラックホールからドンドン物質があふれてくる?
あるいは近づけないホールとか。

そんな想像ぐらいしかできないです。

ああ、これはまったくの素人考えですよ。
信用しないように。

あとは、遺伝と知能ね。
双子の研究から子供のときは環境で学力が変わるけど
大人になると結局、兄弟は親から引き継いだ知能になるらしい。

なんかかえるの子はカエルっていう詰まんない結論だけど
事実ならしょうがない。
確かに当たっている気がする。

私も子供のときは親に似ず秀才だったが、
今ではすっかりぼんくらだ。

頭が悪いのか、良いのかも知れないが、一般的な頭の良さとは違う。
つまり悪いんだな。

蛍光タンパク質。
これは斜め読みながら光るタンパク質だが、
カラダに埋め込んだとき、光を当てると電気信号を発する作用があるらしい。

この発信する信号を使って脳を画像化するだけでなく、
脳の働きの代用をできるようになるようだ。

脳の信号をこの蛍光タンパク質の信号で置き換える???

なんかSFの世界みたいで
読み間違えかも知れないが、夢のある話ではある。
難病、障害を治すために研究して欲しい。

工学系の話は意外とすくない。
物性物理やナノテクノロジーなんかがすきなんだけどなあ。

印象が薄かったのか、よく覚えていない。
ガンバレ エンジニア。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

monoマガジンiPhone特集

2008年07月24日 | マガジン
iPhoneが出る直前のmonoマガジン。
使い勝手を特集している。

PCキーボード風な入力画面も
携帯風な入力もできる。
携帯風は「な」の長押しで「なにぬねの」が表示されて独特の便利な入力法ができるという。

今までと勝手が違うので慣れるまでちょっと手こずるか??

ショートメールのやり取りがチャット風に表示されたりするのも新機能。

携帯のスケジュール機能が、
PCでのカレンダー管理とリンクできるのもいい。



iPhone以外では
水中MP3プレイヤーが紹介されている。

水泳やる人ならみんな欲しいよね。
BGMがあれば長くゆっくり泳げる。

でもまだ水泳独自のスタイルになっていない。
水中メガネやキャップと一体化したラジオがあればいいのに!!と思う。
ラジオでFMを聞きながら泳ぎたい。

お風呂で防水プレイヤーとして使おうなんていうのと兼用ではイヤだ。

スイミング専用のプレイヤーが安くて、オシャレなものになってくれることを願います。



次は防水携帯を買おうと思ってます。
夏は防水必須だよね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ダイム・14~血液検査ハイオチップ

2008年07月05日 | マガジン
情報誌ダイムの14号


スピリチュアルな和服小太りおじさんは
ダイムにも出てます。
似たような内容をあちこちで話してるから、どこで読んだかわからなくなったよ。

スピリチュアルなんて女性誌向けなのにダイムのような男性向け雑誌にも顔を出す。


セルフプロデュース力が彼のお気に入りのキーワード。


自分で目標を掲げて計画を立ててまず今出来ることを考える。
男性的な思考だ。

セルフプロデュースはそれに近い自己実現を思い出させるキャッチフレーズだ。

実際の彼の著書や言動を知らないので見出しから想像しただけなんですが…。

なんか怪しいくせに自信たっぷりな雰囲気が嫌い。もしくは滑稽に思える。


計画も大事かもしれないけど、計画通りの人生なんてつまらないって見方もある。
流されるままにたどり着いたらって人生でもいいかもしれない。

騙されたり踊らされたりしながらも不幸にならないように気をつけてる。

それでいいじゃん。




写真は血液検査用バイオチップ。
血液から腎臓や肝臓のことが分かるだけなら別になんともないが、


血液から脳の中の物質や遺伝的な才能や弱点まで分かる可能性があるのが興味深い。

どこまで耐えられるのかねえ?

変わり者か、異常者か、が血液で分かるってことに怯える私。

医学と心理学と計測化学の将来が気になる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

DIME13携帯特集

2008年06月25日 | マガジン
DIMEで携帯特集。
アイフォーンが話題だがDIMEではそれだけじゃない。

日立のWOOO携帯。有機EL画面だ。

auのリスモ ビデオの紹介記事が大きい。

パソコンでダウンロードした2時間映画を携帯に転送して視聴できる。

レンタルDVDのようなもので一定期間内だけ見られる。

新シンプルプランなら月々も安くなるからこのままauを貫くか?


そろそろソフトバンクへ引っ越しか?


まだまだ使えるW41H。壊れるまで使い続けるのも良いかも。

auは携帯メールとGメールの組み合わせはどうなったのかな?携帯メールをPCでチェックできるし、バックアップも検索も良さそうだから期待してるよ。

Gメールってウェブメールの一つでGoogleのやつね。auはメイン検索にGoogleをいち早く採用してるからね。通信方式もアメリカ式らしいですよ。


安くて薄い携帯がいいなあ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自己組織化技術@DIME

2008年05月15日 | マガジン
DIMEって30代の男性をターゲットにしてるようです。
電子マネーの特集や新世代モバイルコンピューターとか興味引くもんばっかり載ってます。

科学技術の紹介で気になったモノを紹介します。
「自己組織化」という技術です。

シリコン基板上に金属を配列させる方法で
タンパク質(フェリチン)がうすく広がって自然と整然と並ぶ性質を利用する技術だ。
タンパク質に目的の材料を含ませて配列させてから
タンパク質を焼き除く方法らしい。

一番のカギはタンパク質と一緒に含まれるナトリウムやカリウムを取り除く技術で、
これが出来たことでナトリウムを嫌うシリコン製造工程への応用が拓けた。

高密度回路を非常に低コストな装置で製造できる。
化学と電子材料の新しいトピックだろう。

面白いよねえ。



このほか、ダイムで気になったのは、
Suica、ICOCAっていうJRのICカードの名前だ。
関東は一番だからいい。関西も関西弁の雰囲気いい。
名古屋がTOICAトイカっていうのがわからん。なんの意味なのか?駄洒落なんてイヤだっていう意思を表しているのか?東海の「TO」かなあ。

北海道キタカも九州スゴカもいい名前だよね。
名古屋ももう少し面白いのを考えて欲しかったなあ。

一番気になった記事については、次のブログにまとめました。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

CanCam5月号デジタル小物

2008年04月01日 | マガジン
CanCam5月号
エビちゃん(蛯原友里さん)は表紙にのっているけど
なんか印象薄かった。

◆面白いのはキャンキャンモデルのデジタル小物事情です。
携帯やデジカメ、DSとかお気に入りサイトとかを紹介してます。
徳澤直子さんが一番デジタルに強いらしい。
携帯待ちうけがフランク・ミューラーとは面白い。
普通には買えないような高価なフランク・ミューラーも
待ちうけならたぶん無料。
これはいろいろ腕時計で集めてみたいな。

◆他に料理はCOOKPADっていうサイトがお気に入り。
他のモデルさんもDS持っている人が多い。
料理レシピ(DS献立全集)が人気らしい。
英語漬けや脳トレ、脳内サプリより実用的で面白そう。
ピラティスのソフトもいいな。
PSP派はいなかった。

デジカメのミニ三脚も安いし小さくていいのがあるらしい。
ビックカメラで710円。

◆峰えりかは携帯のmicroSDカードをPCにつなぐところから
PCがようやくちょっと分かったって。
その程度でデジタル開眼とか書かれている。
女性はデジタルに弱い方がかわいく見えるからね。

CanCamモデル以外に
読者モデルのデジタルライフのレポートも面白い。

◆お気に入りサイトはレコード会社直営♪
知ってる。私もダウンロードしました。
定額制より一曲ずつの方がいい。
ダウンロードするのは、
CDレンタルやラジオ、YouTubeで探せない特別な歌だけだよ。

◆音楽プレイヤーはiPod以外に
日本メーカーでソニー、パナソニック、ビクターが載ってました。
私は以前はビクター派でした。
超マイナーだと思っていたのに、意外だな。
女の子から見た企業イメージがいいのかな?
まあ、ほとんどの人はiPod派だろうな。

◆iPodのスピーカーはスタイリッシュなデザインのものが紹介されてました。
デザインだけで、メーカーも性能、音質についてコメントがないのが
女性誌の限界かな。
男性視点からみると物足りない。

◆関心空間というサイトが紹介されてました。
関心あるキーワードを登録して他人とつながるサイトなんだって。
ミクシィの発展したようなものか?
mixiはすでに古いのかな?
kanshin.comです。


デジタルを離れて
◆デートプランが真っ白で「どこに行く?」って聞く男はNGらしい。
そうだね。反省します。

◆携帯電話を気にしすぎている男も危険信号だって。
気をつけよう。
理由は対人関係に不安を抱え、他人に愛される自信がない。
愛を疑う面倒な男なんだって。
私も当てはまってるのかなあ?
自覚症状はないけど。

◆別れた彼を忘れられない。
別れ方があいまい、好きなまま別れた…など理由はあるけど、
要するに「別れた」「愛がなかった」という現実を受け入れる…。
当たり前だな。それが難しいだよ。
いまだに、元カノを引きずってるわ。


ちょっと今回長く書きすぎました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加