世相を斬る あいば達也

民主主義、資本主義とグローバル経済や金融資本主義の異様な違いについて

●官邸が嫌がる豪雨報道 朝日までが腫れ物に触れない態度

2018年07月12日 | 日記
対立の世紀 グローバリズムの破綻
クリエーター情報なし
日本経済新聞出版社

 

[増補版]戦前回帰 「大日本病」の再発 (朝日文庫)
クリエーター情報なし
朝日新聞出版

 

広告が憲法を殺す日 国民投票とプロパガンダCM (集英社新書)
クリエーター情報なし
集英社


●官邸が嫌がる豪雨報道 朝日までが腫れ物に触れない態度 

すっかり腰が砕けた朝日新聞、国税査察で麻生に脅かされたか?NHKサイトは、夜中は官邸の監視も緩むからか、被災者情報をデカデカと載せているが、これは、夜中にNHKサイトを閲覧されていないと云う確信の証拠だろう。いずれにせよ、安倍官邸の西日本豪雨災害隠しは尋常ではない。まぁ、それに応じて、腰砕けになっているNHKニュース、朝日新聞は最低だと云える。 他紙も控えめだが、腰抜けまでは至らない。

ちなみに、暇つぶしがてらに、朝日、NHK,読売、毎日、産経の5紙の比較表を作ってみたが、意外に時間を喰った。まぁそれでも、朝日新聞が一番豪雨災害に触れたくない様子に見えたのは俺だけなのか? *産経の長ったらしい見出しには吃驚だが、産経の特殊感が出ていて、個性的で面白い。産経には、何らの圧力も、忖度もなく、安倍応援団を継続している。まさに、わが世の春だろう。日刊ゲンダイにも発行部数を抜かれ、自民党日本会議系からの広告が頼りということか。しかし、朝日新聞やNHKの忖度か何かよく判らないが、その報道姿勢には気が滅入る。

報道ニュースというもの、その情報が読者や視聴者に飽きられた云々で価値を変えていい情報と悪い情報がある。嘘は悪い、隠蔽は悪、国民の生命を蔑ろにする内閣の責任は、次々豪雨災害の中で成立する国民の賛同なき法案への報道はどうなっているのか?それでなくてもノーテンキな国民が多いことを良いことに、棄民的法案を通過させる国会に物申すのがメディアではないのか。それでなくても安倍一強政治が独走しているのだから、メディアくらいは、批判的目線を失って貰いたくないものだ。権力のバランスが悪すぎるじゃないか!毎日のトピックスのバランスが常識的か?

現在の政治情勢が継続すると云うことは、全体主義の方向が決定することを意味しており、気がついた時はファシズム体制の国家になり、いつの日か好戦的になり、米中韓等と戦火を交えるような国家になる可能性がある。グローバル経済の行き詰まり如何では、必ずしも、米国と再び戦火を交えない保証はない。無論、韓国、中国との戦火の可能性の方が高いのは当然だが……。

≪朝日
―西日本豪雨(ごく小さい赤枠)―
・薄まる酸素「もう待てない」 タイ洞窟救出、決断の時
・日大の森前コーチが異議申し立て 内田前監督も意向
・スタンドで国旗・爆買い 広告…中国が変えたW杯の風景
・松井氏、共産元議員に謝罪 「募金から経費引く」と投稿
・iPhone通信料、値下げに期待 ドコモはプラン検討
・錦織、ウィンブルドン4強ならず ジョコビッチに敗れる
・胸に入れ墨、仲間は鑑別所へ 言葉吐き出す福祉ラッパー
・治療薬に空気混入、直前に容疑者はカメラに 連続中毒死
≫(朝日新聞デジタル:トピックス(午前02時03分)


 ≪NHK
―ニュース特設 西日本豪雨(太い青枠タイトル)―
・豪雨被害 175人死亡 62人安否不明
・死亡の老夫婦 留守番電話に「助けて」
・愛媛 ダム放流「下流域の被害は予想もやむをえず」
・金塊換金の1.9億円盗んだ容疑で男5人逮捕
・タイ洞窟から救出 病院で撮影の少年たちの映像公開
・米制裁措置で中国の自動車輸出に影響 米企業にも打撃か
・サッカーW杯 往年の名選手がミニゲーム
 ≫(NHKサイト・トピック)


 ≪読売
ワールドカップ特集(青い太枠)
・西日本豪雨「異常気象の代表」…世界気象機関
・「崩れたら集落壊滅」ため池が決壊の恐れ
・「希望捨てない」不明者公表、情報募る…岡山県
・対話進まなければ軍事衝突あり得る…永岩元空将
・トランプ氏、NATOの国防費負担倍増を主張
・盗撮した人を集団で恐喝「ブラックハンター」逮捕
・イケア、給水容器自主回収…猫の頭ぬけない恐れ
・10年前から噂「黒い巨大なしっぽ」、ワニ捕獲
・白鵬が休場…2日目の取組前に支度部屋で滑った
・錦織、ジョコビッチに完敗…85年ぶり4強逃す  
≫(読売新聞)


≪毎日
―ワールドカップ速報(細い青枠)―
・NHK ネット常時同時配信、総務省解禁へ 実現へ法改正
・西日本豪雨 死者176人不明61人に 猛暑の中捜索活動
・与良政談 記録的豪雨より飲み会!?=与良正男
・米中貿易戦争 報復の連鎖やまず 生活関連品まで追加関税
・オウム 松本元死刑囚の遺骨巡り 妻子らが対立
・警官による制圧死 TBS抗議せず 映像押収認める
・アップル 契約見直し 公取委「iPhone料金拘束」
・マヨナラ粒子 京大グループが実証 同じ動き観測
・タイ洞窟 「水が少年たち救った」病床の少年らの映像公開
≫(毎日新聞)


 ≪産経
(見出しが長いんだよ産経さん)
・「安倍晋三首相の嘘つきは証明されている」 前川喜平前文科次官が講演 「面従腹背は役人必須の技術」と強調 ・総務省、NHKの常時同時配信容認へ 受信料引き下げ、ガバナンス改革…検討課題も
・米政府が注目する「大東亜会議」 狙いは「アジアの心」を知り、対中包囲網構築へ
・アメフト 学連処分に異議申し立て 日本大の悪質反則問題
・西日本豪雨 安倍首相「激甚災害指定へ作業進める」岡山県の被災地視察 即応予備自衛官300人招集、熊本地震以来3回目
・栗本薫さん未発表作発見「中島梓」名義で内省的な私小説
・オウム 「遺骨は太平洋に」 麻原元死刑囚の四女側が意向 国に要請支援
・竹島関連の今年の事業に韓国政府が88億円投入 空港建設などインフラ事業や認知度向上などに利用 ・世界文化賞 カトリーヌ・ドヌーヴ氏ら5氏に世界文化賞 10月に東京で授賞式典
・錦織、ジョコビッチに敗れ、日本人85年ぶりの準決勝進出ならず
 ≫(産経新聞)


保守と大東亜戦争 (集英社新書)
クリエーター情報なし
集英社

 

「右翼」の戦後史 (講談社現代新書)
クリエーター情報なし
講談社

 

在日米軍 変貌する日米安保体制 (岩波新書)
クリエーター情報なし
岩波書店
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ●報道管制か自主規制か TV... | トップ | ●米国支配の世界に亀裂 こん... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事