世相を斬る あいば達也

民主主義や資本主義及びグローバル経済や金融資本主義の異様さについて
定常で質実な国家像を考える

●最悪の首相、官房長官、財相、外相&日銀総裁を戴く哀れな国

2018年02月11日 | 日記

 

地元経済を創りなおす――分析・診断・対策 (岩波新書)
クリエーター情報なし
岩波書店

 

知らないではすまされない自衛隊の本当の実力 (SB新書)
クリエーター情報なし
SBクリエイティブ

 

いのちの場所 (シリーズ ここで生きる)
クリエーター情報なし
岩波書店


●最悪の首相、官房長官、財相、外相&日銀総裁を戴く哀れな国

見出しには書ききれなかったが、厚労相、経産相、防衛相、経再相と軒並み醜悪な面々が大臣の要職に就き、日本という青息吐息の国家を奈落の底へ底へと誘っている。安倍晋三以下のこれら面々が、どこまで自分達の棄民的行政をふるい続けているか、自覚があるのかどうか、判らない。

この面々には、自らの行いを、他者的目線で再確認するような能力を有していないと云うことなのだろうか。巷の人々でも、常に持っているであろう、“反省”という自然の行いが出来な人々の集合体なのだとする、とてつもなく怖ろしい。多分、戦争が起きても、“致し方なかった”“いまさらやめられなかった”などと、後々の回想録などで語られても“あとの祭りなのである”。

一国のトップが、Facebookの記事に付和雷同するかたちで、〈哀れですね。朝日らしい惨めな言い訳。予想通りでした〉などと書き込みをして平然としている。ネトウヨたちに、朝日を攻めろ、潰してしまえと鼓舞しているようにさえ見える。ネトウヨの沖縄2紙を潰せキャンペインの流れで、産経がフェイク報道をして、恥をかいたのは最近のことだった。福田康夫元首相が、政界引退の時期を早まった、と後悔しているかどうかは判らないが、福田の保守性が日本の保守の原点に思える。

ツイッター上では、安倍応援団のネトウヨたちが、ヘリ墜落被害者の家族に対して、いわれなき誹謗中傷な書き込みをして嬉々としている。<何様? 墜落して亡くなった隊員の事考えねーのかよ>、<わざと落ちた訳じゃないし、許せないの意味が分からん>、<死ななかっただけいいじゃないか>……。もう普通ではないのだが、彼らのお蔭で、安倍自民党は岩盤支持層を固め、たった25%の票数で、日本を支配しているのだから、???と思う日々の連続だ。

安倍晋三は、平昌オリンピックの開会式出席前に、韓国大統領との対談で、「五輪終了後に北に向けた米韓軍事演習をすべきだ」と、あきらかに越権であり、外交上あり得ない発言をしてしまった。安倍らの頭の中は、アメリカが父、日本が長男、韓国が次男という図式があるようで、兄が弟を諭すのは当然と考えていた故の発言だと言える。しかし、余程の馬鹿じゃなきゃ、これほど外交儀礼に反したことが言えるわけもない。ペンス米副大統領も、こんなこと言ってくれとは頼まない筈である。忖度されているので、忖度をしてみたかったのだろうか。しかし、文大統領に喧嘩を売ったような発言は、後々、日韓関係の更なる悪化を招きそうである。

安倍自民は、国会を動かし、何としてでも“森友問題”に終止符を打ち、安倍昭恵夫人の国会招致を逃れるために、佐川国税庁長官の国会招致はやむを得ないと云う方向になっているようだ。佐川であれば、“なんやらかんやら”強弁に次ぐ強弁を行い、言い逃れる器量があるだろうから、良いんじゃないのか?そう云う流れになっているようだ。しかし、そのかわり、昭恵は絶対にダメ!!。何を言い出すか、亭主の俺がわからないのだから、駄目駄目。そんなところだろう。谷さえこを呼ぶ方が面白いのでは?

外務大臣になった河野太郎という男の酷さも際立つ。安倍内閣の閣僚の多くが酷い奴らだが、この男の場合、「ごまめの歯ぎしり」なんて名のブログの中では、安倍的ではない、福田康夫的保守本流な情報を発信していただけに、その豹変、変節ぶりが“ハンパない”という点で驚愕な人物だ。反原発は、大臣にして貰えたから“一時封印”どう云う意味なんだ!かと思えば、小さい核兵器作って、核なき国家に向けて攻撃することもあり、などと云う人倫に反するアメリカの軍事戦略にたいして、諸手を上げて賛成する始末。そうそう、俺の専用機買ってくれとも言っていた。まぁ、外務次官に言わされているとしても、情けなさ過ぎ。

無論、これで終わりではない、書き連ねていけば、明日になっても終わらなのは確実。そこで、数日前に現代ビジネスに掲載された、≪辻野 晃一郎 アレックス株式会社代表兼CEO グーグル日本法人元代表≫のコラム、「自民党支持者の私が安倍政権に抱いた「大きな疑念」「政治の劣化」を突き詰めると…」が、安倍政権によりズタズタにされた我が国の民主主義や立憲主義について保守の立場から検証している。検証であり、劣化を暗示する行為の数々を解説している。優れたコラムである。


 ≪自民党支持者の私が安倍政権に抱いた「大きな疑念」
「政治の劣化」を突き詰めると…
【この国の「政治の劣化」はどこまで進むのか? 一連の政治スキャンダル、最新の世論調査、戦争ビジネス解禁、安保法制の強行採決……元Google日本法人代表を務めたことがある実業家・辻野晃一郎さんが当初期待を持っていた安倍政権に対して疑念を抱くようになるまでを綴る。】

■一向に進まない政治スキャンダルの真相究明
早いもので2018年も2月に入った。今年は、改憲の発議なども想定され、この国の将来を決める上で極めて重要な年になりそうだ。 しかしながら、今国会の様子をみていても、現政権下で進む政治の劣化には目を覆うばかりだ。
森友学園問題、加計学園問題、元TBS記者の逮捕揉み消し問題、スーパーコンピューター開発企業による国の助成金不正受給問題、リニア新幹線の汚職疑惑など、次々と噴出するスキャンダルは、すべて安倍晋三総理自身、あるいは政権の関与が疑われる内容だ。
しかし、野党も検察もメディアもまともに機能しておらず、どれもぐずぐずと燻り続けるばかりで真相究明にはほど遠い。
菅義偉官房長官は口癖のように「我が国は法治国家ですから」と言うが、とても民主的な法治国家とは思えないような露骨な隠蔽や虚偽答弁が延々と続く。
権力を盾に国家のトップが平然とルール違反を繰り返す光景は傲慢以外の何物でもないし国民を愚弄する行為だ。
最も恐ろしいのは、「魚は頭から腐る」といわれる通り、モラルハザードが国全体に蔓延していくことだ。
このような状況を憂えて、福田康夫元首相も苦言を呈している。
昨夏、共同通信のインタビューに応じた際には、安倍政権下の「政」と「官」の関係を批判。「各省庁の中堅以上の幹部は皆、官邸を見て仕事をしている。恥ずかしく、国家の破滅に近づいている」「政治家が(官僚の)人事をやってはいけない。安倍内閣最大の失敗だ」とする同氏の指摘は重い。

■政権批判と不寛容さを増す社会
私は、もともとは自民党支持者だ。
正確に言うと、今のところ政権運営能力を保持した政党は自民党しかないことを渋々ながらも認めている立場だ。
2009年から3年余の間、旧民主党が政権を担った時期にそのことを痛感した。
また、思想的には特に右でもなければ左でもない。ましてや反権力でもない。権力者が権力を公正に行使してくれるのなら結構だ。
実際、第二次安倍政権が発足した当初は大いに期待したものだ。しかしながら、次第に、この政権は日本の将来を極めて危ういものにするのではないかと感じるようになった。
JNNの最新の世論調査が2月5日に発表された。
それによると、森友学園への国有地売却をめぐり、75%の人が佐川宣寿国税庁長官は「改めて国会で説明すべき」と回答しており、国税庁長官に就任して以来、一度も記者会見を行っていない理由についても78%の人が「納得できない」と答えている。
また、茂木敏充経済再生担当大臣の「線香配布」問題でも、70%が茂木氏の説明に「納得できない」と答えており、「納得できる」の15%を大きく上回っている。
昨年10月の衆院選前に、この連載への寄稿で、現政権の何が問題なのかを自分なりに整理して指摘してみた。別に政権批判が目的なのではなく、一国民の目線でおかしいと感じることを率直に指摘したまでだ。
すると、早速ツイッターなどで「がちがちの左翼脳」とか「朝日新聞の受け売り」などと言われたり、名誉棄損にあたるような誹謗中傷を受けたりした。 ヘイトが横行しているが、世間は不寛容な空気に包まれ、自由な言論を封じ込めようとするエネルギーが確実に高まっていることを実感した。

■安倍政権への期待が疑念に…
最初は期待したこの政権を疑うようになったきっかけは、2015年9月の一連の安保法制の強行採決だ。
 前年7月に集団的自衛権の行使容認が閣議決定されたころから政権の暴挙が目立つようになったが、安保法制の強行採決ははっきりとこの政権の異常さを露呈したものと感じた。
さらに決定的だったのは、昨年11月にドナルド・トランプ米大統領が来日した時だ。ジェラルド・フォード以降、歴代の現役米大統領は全員来日しているが、皆、羽田空港から入国している。
しかし、トランプは平然と米軍横田基地に降り立った。これは日本を植民地扱いしているとも解釈でき、我が国の主権を侵害する行為であったといえるが、安倍政権はそれを黙認し、メディアもそのことをまったく取り上げなかった。
挙句には、安倍総理は、「日米が100%共にあることを力強く確認した」と発言したり、米国製武器調達の積極推進を約束したりするなど、友好ムードをアピールする限度をはるかに超えて露骨に米国への隷属的な態度を示した。 また、国連での核兵器禁止条約採択の場では、日本政府は核保有国などと歩調を合わせて参加をボイコットした。
その後のICANのノーベル平和賞受賞に際しても冷たい対応に終始したが、これは、沖縄に対し一貫して冷淡な態度を取り続ける姿勢とも共通したものだ。
日米安保条約によって守られているという建前の日本として微妙な立ち位置にいることは理解するが、米軍基地負担を一身に担う沖縄へ寄り添い続けること、および唯一の被爆国として、核不拡散や核兵器の全面的な廃絶に向けて尽力し続けることは、日本国としての基本的立ち位置である。
それを踏みにじるような行為は、多くの国民にとっても決して気持ちのよいものではないだろう。安倍総理は、長崎の被爆者代表に「あなたはどこの国の総理ですか?」と面と向かって問われていた。
トランプ政権は、米国の核戦略の指針「核態勢見直し(NPR)」を発表し、爆発力を小さくして機動性を高めた小型核兵器の導入に言及した。
これに対し、河野太郎外相は、「高く評価する」との談話を発表しているが、米国は、世界で唯一、人類に対して広島と長崎で実際に核攻撃を実施した国であることを決して忘れてはならない。
:北朝鮮に対する先制攻撃「ブラッディ・ノーズ作戦」の現実味が高まっているようだが、米国という国が何をしでかすかわからない点においては北朝鮮以上に危険な存在ともいえる。
我が国の責務は、米国の暴走を煽ることではなく、抑えることであるのを間違えないでもらいたい。

■戦争を放棄した国から戦争ができる国へ
武器輸出三原則を防衛装備移転三原則に置き換え、長く封じ込めてきた戦争ビジネスをついに解禁し、防衛省主導のもと、経団連をはじめとした経済界もその動きに積極的に加担している。
海外の武器展示会で、防衛副大臣が不慣れな手つきで武器を構える写真がネットに流れ話題にもなった。
憲法で明確に戦争を放棄した我が国を、強引な手法でなし崩し的に戦争ができる国に仕立て直そうとするやり口は尋常ではない。その総仕上げとしていよいよ今年は冒頭に触れた改憲が本格的に動き出そうとしている。
立憲国家にとっての憲法は、コンピュータでいうところのOSのようなものだ。時代に合わせて見直す議論があるのはむしろ健全だが、それは100%国民の為でなければならない。
私自身は、戦争放棄、平和主義、人権主義、国民主権などの現憲法の原理原則は不変であるべきと考える立場だが、改憲については、護憲派と改憲派がそれぞれの考えを慎重に時間をかけて議論することが大前提だ。
強引に安保法制を成立させ、政治のモラルハザードを率先垂範するような現政権に憲法の見直しを主導する資格があるとはとても思えず、日本国民は大いに警戒しなければならない。

■経済至上主義という根底にある問題
産業革命以降、世界の経済は大量消費を前提とした大量生産のビジネスモデルを根底に発展してきた。
2度の世界大戦を含む20世紀は、日本だけではなく、世界がまさに「物欲」や「支配欲」をベースにした資本主義で大きく経済発展を遂げた世紀であった。
そして、戦後の高度成長期は金融資本主義に移行してマネーゲームの世界が生まれた。
マネーゲームの世界はリーマンショックによって一旦破綻したが、その後は、インターネットや人工知能などの技術革新によって、「フィンテック」というテクノロジー主導のマネーゲームに姿を変えた。
日本ではコインチェックの事件が起きたばかりだが、仮想通貨フィーバーもその延長線上にある。
そもそも、行政が歪む根底にある問題とは何であろうか。前述の一連の政治スキャンダルはそのほとんどが利権や金銭に絡んでいる。 別に今に始まったことではないが、結局、政治が利益誘導の道具として利用される構図になっていることが本質的な問題だろう。田中角栄時代のロッキード事件以前から今日に至るまで、政治の本質は何も変わっていないということだ。
安倍政権が高い支持率を得てきた一番の拠り所も、実態はどうあれ、表向きの経済が好調な状態が続いているからだ。
世の中の根底に経済至上主義がある限り、権力者を利用して利益誘導しようという人たちが消えることはなく、政治が歪む根本要因となり続けている。戦争ビジネスはその最たるものだ。

■「欲」の支配からの脱却
資本主義や経済至上主義が行きつくところまで行った結果、富の格差は広がる一方だ。
一説ではビル・ゲイツやジェフ・ベゾスなど、世界の8人の富豪が、世界の下位50%の人と同じ富を持つといわれる。また、米国に限ると、上位0.1%の人が下位90%の人と同等の富を持つとされる。
行き過ぎた格差社会の是正はまさに政治の役割だが、一方で、経済至上主義や利権に支配された政治が現代の格差社会を生み出したともいえる。
インターネットが普及した現代社会は「Wisdom of crowds(群衆の叡智)」の時代だ。今や、技術革新によって、一個人の発言や行動の影響力は飛躍的に高まった。政治の暴走や歪みを食い止めるのは、良識ある個人個人の叡智や行動でしかない。
政治の劣化について突き詰めて行くと、結局のところ人間の「欲」というテーマに行き当たる。
現代社会では、かつて大切にされた教えも忘れ去られてしまっているが、たとえば、孔子の教えを体系化した「論語」では、全人格的な成長を遂げた個人としての「君子」の在り方を描き、「徳」の大切さについて説く。
世の中の秩序を形成して維持し発展させてきた人類は、今こそ、欲に支配された古い秩序から抜け出さねばならないのではないか。
それができない限り、毎度同じような政治スキャンダルが繰り返され、戦前の軍産複合体や戦争ビジネスが復活し、歴史は繰り返す、という結論になりかねない。
今年は、政治家だけでなく、将来に対する我々一人ひとりの自覚と責務が問われる年になる。
 ≫(現代ビジネス:コラム・辻野晃一郎)

米中戦争前夜――新旧大国を衝突させる歴史の法則と回避のシナリオ
クリエーター情報なし
ダイヤモンド社

 

米中戦争 そのとき日本は (講談社現代新書)
クリエーター情報なし
講談社

 

米中海戦はもう始まっている 21世紀の太平洋戦争
クリエーター情報なし
文藝春秋

コメント   この記事についてブログを書く
« ●アベノミクス失敗の証明 日... | トップ | ●米国、イスラエル、イラン、... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事