世相を斬る あいば達也

民主主義や資本主義及びグローバル経済や金融資本主義の異様さについて
定常で質実な国家像を考える

速報:ワシントン・ポスト、またまた「ガセネタ」報道か?

2010年04月24日 | 日記

人気ブログランキング 
ブログセンター・ ニュースと時事


速報:ワシントン・ポスト、またまた「ガセネタ」報道か?

25日の沖縄県民総決起集会に合わせた報道だろうが、ワシントン・ポストの報道だけに「ガセネタ」の可能性が高いだろう。仮に事実だとすると、岡田、前原、仙谷らの鳩山政権内部崩壊クーデターと見る事も出来そうだ。これは場合によると、反鳩山・小沢のクーデター総決起かもしれない。数日後にあらためて検証してみる。


≪ 辺野古案「大筋受け入れ」 岡田外相が発言と米紙報道
 【ワシントン=伊藤宏】24日付の米紙ワシントン・ポスト(電子版)は、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移転問題で、岡田克也外相が、現行の辺野 古移設案に一部変更を加えたうえで受け入れる考えがあると米側に伝えた、と報じた。滑走路の設計を一部変更し、海兵隊の一部を移すことが柱という。
 同紙によると、岡田氏が23日、ルース駐日米大使と会談し、概要を伝えた。岡田氏は「日本政府は、2006年の日米合意の主要部分を受け入れる方向で動 いている」と述べた。具体的な変更点として、滑走路の位置などを変更し、海兵隊部隊を沖縄から100マイル(160キロ)離れた場所に移すことなどを挙げ たという。
 同紙によると、米当局者はこの提案を歓迎する考えを表明。しかし、「まだ第一歩であり、来週にも日本政府側から詳細の説明を受けることになっている」と 語ったとしている。(朝日新聞:電子版)


人気ブログランキング 
ブログセンター・ ニュースと時事

コメント   この記事についてブログを書く
« 普天間が「日米安保論争」火... | トップ | 尻に火がついた米ネオコン勢... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事