チャムとウイジとナナとモモ

アメリカ生まれのチャムとウイジの近況を、
日本のおじいちゃんに報告してます。
通りすがりの方も、どうぞごゆっくり~。

ナナ道場

2012-09-30 | 育児
「ナナに弟子入りしたいのニャ?
でも修行は厳しいニャ。覚悟は出来てるニャ?」



「ただ座っているように見えるニャ?
実はシッポで全体重を支えているのニャ!」
Comment

日本雑貨

2012-09-29 | 育児
「はあい!あたちのつかまり立ちも堂に入ったもんでしょ」



「このまま移動も出来るのよ!」



でもまだつま先で立っていますね。
まだまだ未熟じゃのう。



噂のダイソー。
現金のみ受付、返品不可という(米市場では)二重苦を抱えならがらも、アジア系のお客さんを取り込んでいるようです。
通路が狭くベビーカーは通りにくい上にカートに子供を乗せる部分が無いので、おんぶできない大きさで歩けない月齢の赤子にはやや厳しいかも。



そしてそのご近所の日系スーパーミツワ。
日系のフードコートも充実していてナイスです。


*********************************


何故ウイジは泣かされても泣かされても、チャムの後を追いかけて行くのでしょう。
不憫よのう。

そしてウイジを煙たがっているチャムですが。
一応、ウイジを気にかけているところもあります。

朝起きて、ウイジが見当たらないと「ういじ~?どこどこ~?ベビー、すりーぴん?」と探すような事を言います(が、探さない。
プリスクールにお迎えに行く時に、ウイジを連れて行くと、先生やクラスメイトに「うっいーじ!」と紹介してくれます。
ストローラーにウイジを乗せて、「チャムの仕事はストローラーを押す事だよ」と言うと、得意げに押してくれます。

でもおもちゃはウイジに渡したく無いのです。

男心は複雑じゃのう。

さて、お久しぶりチャム語。

おずゅみんさい=おやすみなさい
ぺっぷしこ=アイス
こっふぃ=コーヒー
あいあー=ファイヤー
ばっしゅでー=バースデー

あと、「はいどーぞ」と言った後に「はいどーも」と間髪入れずに自分で返答しています。
そこはお母さんの台詞だよー。
Comment

ナナっぽ

2012-09-28 | 育児
シッポのある猫を飼ったのは初めてですが、これはなかなか良いですよ。



くるんとしてくれます。
Comment

検証

2012-09-27 | 育児
こちら、一歳三ヶ月のチャムです。



そしてこちらが・・・・



うっいっじー!



今度の家には大きめのパティオがあるので、どうしようかウキウキ考え中です。
とりあえず、ウッドデッキを敷いてみたところ。



ナナ「ナナも外に出たいニャー」
モモ「モモには関係ないのニャー」


******************************************


雨にも負けず
風にも負けず
雪にも夏の暑さにも負けぬ
丈夫な体を持ち
欲は無く
決して怒らず
いつも静かに笑っている

そういうオカンが居ったら教えて欲しいわいな。

さて、チャムがイヤイヤ期に突入しているところ、ウイジが後追い期。
しかもウイジはチャムの後追いをしています。

まーチャムの嫌がる事嫌がる事。

チャムの立っている横で、つかまり立ちで寄り添うウイジ。
まあなんて微笑ましいのでしょう。
にこにこ。
と見守っていたら、なんか様子が変。

よーく見ると、チャムがウイジの手の指を一本一本つまんで、徐々にウイジが掴まっているテーブルの縁から引っぺがしているのです。
のおおおおおお。
なんという陰険な。
西部劇の悪者か君。
そしてウイジは「にゃああにゃああにゃああにゃああ(汗」と訴えていますが、そこから移動する気はなし。

やがて、掴まる場所を失ったウイジは、ふらふらとその場で尻餅。
「にゃあああにゃああああああああ(泣」

そんだけ。

またある時は、チャムが本を読んでいるところに乱入するウイジ。
本のページをぐしゃぐしゃっとして、チャムに「にょお!(NO」と怒られ、手で押返されますが、もちろん止めません。
何度もしつこくアタックを繰り返し、ついにチャムが階段の上に逃げると、更に追おうと階段に手をかけるも、ウイジにはまだ登れません。

階段の下で「にゃああにゃああにゃああ(涙」と悔しがる(?)ウイジ。
するとチャムは靴下を脱いで、その靴下をウイジに落とします(なんでなんだぜ?
「にゃああにゃああにゃああ(大泣」と訴えるウイジ。















じゃああああウイジは階段から離れたら良いんじゃないっすかねええええええええええ!!!!!!
(ちゃぶ台がしゃーん!!












は!
いや、常にこんな感じで。
母は母ですので「ウイジ、お兄ちゃんの読書の邪魔しないの」とか「チャム、靴下をウイジに投げないの」とか、理性的に道義をお伝えしますよ?
でも、一日中「にゃあああにゃあああにゃあああ」を聞かされるとね、ついつい禁断の「お兄ちゃんなんだから妹と遊んであげなさい!」とか「お兄ちゃんなんだから優しくしなさい!」とか言っちゃいそうになるわけですよ。
言わないけどさ。

なんで一緒に仲良く遊べないかねえ、君達は。
やでやで。
Comment

ういーじ

2012-09-26 | 育児
10ヶ月、ウイジのチャム化が止まりません。
1歳3ヶ月くらいの時のチャムっぽくなってきました。



飲みながら寝てしまうのも、チャムゆずり。



ターゲットで、安くてかわいい服を発見。
気難しい。



キャットハウスもお引っ越し。
ナナニャン良かったね。



おまけ。
お父さんはイクメンですが、気がつくとこういう事になっていたりします。
これは夜の寝かしつけに苦戦したお父さんが、テンパってミルクを次々投下した物と思われます。
Comment

わくわくウイジ

2012-09-25 | 育児
「新ちい家でお昼寝よ!」



「全然寝れないわ!」

お昼寝は、次の次の日から平常運転になりました。

*************************************


ナナ「緊急会議ニャー!」
モモ「ニャー!」

ナナ「お母さんがご飯の量を減らしているんだニャー!」
モモ「ニャー!」

ナナ「ニャン権侵害だニャー!!」
モモ「そうかニャ?」
ナナ「どういう事ニャ?」
モモ「モモはいつも通りの量を食べてるニャ?」

ナナ「・・・そうかニャ?」
モモ「そうニャ。ご飯の量は減ってないのニャ」

ナナ「・・・」
モモ「・・・」

ナナ「違うニャ!ナナのご飯はやっぱり減ってるのニャ!」
モモ「そんな筈無いニャ!ナナはモモと一緒にご飯食べてるニャ!」

ナナ「じゃあナナのご飯だけ減ってるニャ!モモはずるいニャ!」
モモ「モモずるくにゃいニャ!」
ナナ「シャー!」
モモ「シャー!」
Comment

新しい家

2012-09-24 | 育児
「新居でチーズデビューよ!」



「むむむ」



「美味ちいわ!」



「むやみにテンチョンが上がるわ!」


****************************************


ナナがダイエット中です。

今まで、家が広過ぎてなかなか自分の猫に出会えなかったのですが、今お手軽な大きさの家になった為に、二匹のうちどちらかが常に目に入る状態です。
ナナモモも喜んでおります。
ナナモモは人間が大好きなので、すぐに寄ってきて撫でてポーズ(お腹を向けて転がる)。
歩いているとお腹を向けて転がって行く手を阻むので、時々踏まれています。
でもめげない。

前々から薄々思ってはいましたが、ナナはデブです。
顔が細いのであまり見た目ではわかりませんが、抱っこすると重過ぎて身のあちこちがデローンと垂れ下がってきて、やがて下に落ちます。
モモは逆に、毛がフッカフカなので丸く見えますが、持ってみると実は軽いのです。

そして、ナナはモモが食べ残した餌を食べてしまいます。
その時食べなくても、後で餌場にこっそり戻ってきて、ポリポリ食べてしまいます。
気がつくといつも餌皿の前に。

今までそれを見逃してきたのですが。
というか、目に入らなかったのですが。
この家では、猫の餌場がリビングの中心。
嫌でも目に入ります。

そこで開始したのが、残り物回収ダイエット。

今まで、モモがちょっとだけ食べて残した餌を「モモニャンがあとでお腹がすいて、食べに戻ってくるかも」とそのまま置いておりましたが、これをこまめに回収。
片付けてしまいます。
どうせ後で戻ってきて食べるのはナナニャンだから。

朝、ちょっと多めに盛って、満足するまで食べさせたら、残りはすぐに回収。
夕方頃「お腹すいたニャー」「ニャー」「ニャー」と主張し始めたら、残さない程度にやや少なめに盛ります。

そして夜寝る前に、缶の小さいのをお皿二枚に分けて出してあげる。
ナナはすぐに食べ終わって、モモを押しのけようとするので、二匹は別々のところで食べてもらいます。

さて、このダイエットでナナは痩せる事ができるのでしょうか。

二匹とも、人間をモミモミするのが好きなので、頻繁に膝やお腹に乗っかってきますが。
はっきり言ってナナに乗られると辛いです。
幸せになる為に、痩せて下さい。
Comment

お引っ越し

2012-09-23 | 育児
「というわけで、サンタバーバラを後にちて、いざオレンジカウンティーへ!
リアル・OC・ベイベーよ!」



チャムを待っていたのは、先にパッキングされて移動していたおもちゃ達。
早速車並べ職人。



あまりにチャムにぴったりなカーペットは、IKEAで仕入れました。



このコーナリング。


**************************************


たまには有益な事でも。

嬉々として節電に励む私に、夫の人が耳寄りな情報をくれましたよ。
なんと夜20時を過ぎると、電気代がお安くなるんですって!(あら、もうご存知?

ということは、爆音を立てながら回る洗濯機も、食器を割らんばかりに熱湯を高圧で噴出している食洗機も、水を温めるのに永久を感じる業務用衣類スチーマーも、夜に使えばお得なのです。

この事を知ってから、夜寝かしつけの20時にいったん一階に降りて、食洗機と洗濯機のスイッチを入れるようになりました。
すると寝かし終わる頃には洗濯は終わっているので乾燥機へ。
乾燥機も夜に回せばお得ですね。

タウンハウスで壁は隣家と共有の我が家。
絶対お隣さんから騒音で怒られているところですが、お隣さん、実は我が家が越してきて1週間で引っ越してしまったのです。

お隣さんはアジア系のお父さんと、ラテン系のお母さんと、元気はつらつ過ぎる子供3兄弟の家族でした。
しかしこの一家、何故か寝かしつけが24時回ってから始まるのです。
泣き叫ぶ阿鼻叫喚の子供ら@深夜。

そして、これまた節電の為なのか、どんな熱帯夜でも必ず窓大全開のお隣さん。
ぎゃあああああああぐえええええええええどおおおりゃああああああ。
びえええええええええ。
ふあーんふあーんふあーんふあーん。

何をしている音なのか・・・。

せめてもっと早い時間に寝かしつけを始めれば良いのに・・・。

始め、あまりに山暮らしが長かったから、静寂に慣れ過ぎたのかと思っていましたが。
段々、これは明らかにおかしい。
つかうるさいぞ。
と思い始め、無言で怨念を送っていたら、一週間後お隣さんがこつ然と空になったのです。

怨念が居んねん。

それ以来、静かな毎日を過ごしております。

お向かいさんがヘビースモーカーで、毎日大声で電話をかけながら我が家の目の前のバルコニーに出てきてはタバコを吹かしておりまして。
夜22時程度まで我が家に向かってしゃべり続けている事がございますが。
こちらにも念を送っておきましょう。

サンタモニカ市だったら逮捕だぞ~(念
Comment

つかまり立ち

2012-09-22 | 育児
「あーおいちいわー。ぶどうおいちいわー」



「こんなにおいちいのに、あとちょっとだわ。悲ちいわ」



車のおもちゃに座っていたウイジですが・・。



「あら、立ち上がってちまったわ!」
8月20日、おめでとうございます。



引っ越し前に、食料庫で古いかつおぶしを見つけたのです。
「なんにゃーこれー」
「なんにゃー」



「なんだかわからないのニャー」
「いらないのニャー」
不評。



おまけ。
「ナナ引っ越すのニャ」
「ふーんだわん」

最後まで片想いのナナでした(涙


**************************************


日系のマルカイスーパーに行ってきました。
慣れれば日系の食材はなくとも生活は出来るのですが、プラスαで食卓を豊かにしてくれる、そんな日本食材を求めて。

ほぼ日本のスーパーと同じ程度の品揃えを誇るロスの日系スーパー達。
価格はもちろん日本よりも高め。
本当に必要な物だけを買うのならば大した出費ではないけれど、行けば必ず「あれも欲しいわ」「これも欲しいわ」と色々と手に取ってしまいます。
普段アンコに興味ないのに、何故かもみじまんじゅうとか買ってしまいますね。
何故でしょうね・・・。
甘い物あんまり好んで食べないんですけどね・・・。

というわけで、日系スーパーには極力近寄らないようにしています。
それは以前マリーナデルレイに居た時から心がけています。
チューペットとか食べないのに買って、二年間くらい冷凍庫に入っていて、引っ越しでついに捨てたっつーくらいなもんですから。
無駄な買い物をしてしまうのさ。

今回何故マルカイに行ったかと言うと、味噌がなくなったので。
日本料理に使う調味料は、やはり他では手に入りにくいですから。

でもって、やっぱり一気に色々買ってしまいました。

こないだいただいて、美味しかったパン屋さんのパンが卸されていて、「あ!あった!」と大量買い。
だって美味しいベーカリーは人類の宝だもの。
かわいそうに、サンタバーバラの人達は、いくらお金を積んでもおいしいパンを食べられないのだなあ・・。
自分でパン焼きを極めない限りは。

今日中に食べなければならないとわかっていても、お刺身を何冊か買ってしまい。
日本のピーマン(小さい!)を買い。
日本の茄子(小さい!)を買い。
ニラだの三つ葉だのタラだの買ってしまい。
鍋をするしか無い状況に追い込まれたりしていました。
まだ日中30度あるのに鍋。

結論として、あと一月は日系スーパーに足を運ばないようにしたいと思います。
支払いの時、今まで見た事無いくらい長いレシート出た。
Comment

ウイジの後追い

2012-09-21 | 育児
ちょっと後追いが始まったウイジですが。
チャムを後追いしています。
昼寝をしたいチャムに、ちょっかいをだしているウイジ。



やめてよー。
手足を出すと怒られる事を知ったチャム。
最近はもっぱら頭でウイジを押してます(頭突きではない。



「あたち、諦めないわ!」
「・・・」



また別の日。
パジャマのチャムにひっつくウイジ。



まだハイハイが巧く出来なかったので、逃げられたウイジ。


*****************************************


ウイジが後追いする相手は、チャムが一番。
次にナナモモを追いまわし、お父さん。
お母さんは一番人気がありません(ええ。

こないだチャムが、しつこくウイジにつきまとわれて、足でグイグイとウイジのおちりを蹴飛ばし始めましたので
「こらーノーキッキング!ノーキッキング!」と怒ったら

「ボール」

え?

「でぃす、いずボール」

え・・・。

ウイジはボールじゃないよ!!

ちょっと涙ぐんでしまったお母さんでした。

なんか、世の中のお兄ちゃんお姉ちゃんは「下の子が出来てから、我慢ばっかり!親にも怒られてばっかり!」とか30になっても40になっても怨念たっぷりに言いますけどね。
あんたっち、下の子が自分よりも圧倒的に弱い時に、天下取ったみたいな振る舞いしてたでしょうが。

そんなことない。
下の子を泣かせた事なんか無いってやつぁ、出て来いってんだ!

と、下の子だった母は思ったのでありました。

あと、たとえボールでも家の中ではノーキッキングだからね。
Comment