私目線。

きょう出会った街の景色、心の景色

葛飾八幡宮で、これなーんだ?

2018-01-09 15:16:18 | 境内の景色
1月5日撮影 葛飾八幡宮 

年末年始、快晴が続きましたが、この日は久しぶりの曇り空。
用事で近くまで来た帰りに葛飾八幡宮に立ち寄りました。
一年ぶりです。



随身門の正面に向かって右側は左大神?左大臣?
なぜかこちら側だけライトが当たっていました。



右大臣?の裏手には金ぴかの虎と手前は龍?



新しいしめ縄が清々しく、身が引き締まる思いがします。



さてお参りをすませて戻る途中、随身門の前で目に留まったこの枝は何でしょう?



珍しくもないと言われそうだけど、私は初めて見ました。
イチョウには長枝と短枝、2種類の枝があるのですね。
つるつるの枝が長枝、うろこ状の短い枝が短枝。
その先端に冬芽が付いています。
短枝のうろこに見えるものは葉が付いた痕だそうです。



普段、目にしているイチョウの木は背が高くて、枝を見ることができないのだけど、
こちらのイチョウは上の写真のように、目の高さに枝があるので気付いたのです。
短枝の先から葉や花が展開する頃にまた訪れたいと思います。



正月も五日ですので、人出はまばらですが、
時折り、御用始めのお参りらしき人達がグループで行き交っていました。

鳥居のすぐ向こうを走っているのは京成電車、快速佐倉行き。
空いていますね。


 LUMIX GM5 + LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6
コメント