ひろせ明子の市議日記

無所属・無会派。
市議として日常で見たこと・感じたことを綴っています。

たったの13億円

2019年09月21日 | 環境

可笑しすぎる今回の国の対応、たったの13億円の支援金!

千葉被災者から怒りと悲鳴…支援金わずか13億円という冷酷

千葉県内では停電や断水が続いている。完全に「初動」が遅れた安倍政権。いまだに「非常災害対策本部会議」も開いていない。ようやく被災者支援に予備費を計上したが、金額はたったの13億2000万円。“紀州のドン・ファン”の遺産と変わらない。さすがに、被災者からは「なんとかしてくれ」という悲鳴と怒りの声が上がっている。


  ◇  ◇  ◇

 災害などに充てられる今年度予算の予備費は、前年度比1500億円増の5000億円が計上されている。昨年、災害が続いたため、増額された。それなのに、たった13億円の捻出。ネット上では〈ケタが間違っているかと思った〉〈イージス・アショアは6000億円だろ〉と怒りの声が上がっている。

 疑問の声が噴出するのは当然だ。昨年の西日本豪雨では、被災者支援の第1弾として、予備費1058億円の支出が閣議決定されているからだ。1058億円と13億円。この差は何だ――。財務省は「西日本の時は、廃棄物処理から風評被害対策まで多くの項目の支出が含まれています。今回は、千葉県の停電エリアで不足している水や食料を届けるための支出に限定されています。まだ、被害の全容が分かっていない状況です」(主計局復興係)と答えた。

千葉被災者から怒りと悲鳴…支援金わずか13億円という冷酷
千葉被災者から怒りと悲鳴…支援金わずか13億円という冷酷
千葉被災者から怒りと悲鳴…支援金わずか13億円という冷酷

この記事についてブログを書く
« 刑事事件無罪 | トップ | 中村敦夫さんの一人芝居 »
最近の画像もっと見る

環境」カテゴリの最新記事