ひろせ明子の市議日記

無所属・無会派。
市議として日常で見たこと・感じたことを綴っています。

落札率95.15は高いのではないかと考えています

2021年09月24日 | 入札・談合

過去(平成16年9月の議会答弁)には、こんなマトモな答弁が出てきたこともあったのに ⇒ 「95.15%という数字については、私どもとしては高いのではないかというふうに考えてございます」
 

それがいつの間にか、令和2年3月18日の議会では、

広瀬:入札経過書に関連して質疑を行います。今回は、私たちの手元に配られたものをそのまま数字をお示ししますと、予定価格が税抜きでいいますと1億5,916万7,000円です。それで、入札参加者は2社参加しておりまして、落札された株式会社ソウケンさんは1億5,910万円で落札して、もうお一方はエービーホームズ株式会社さんが1億5,915万円、5万円の差で惜しくも落札できなかった事案でございます。これは落札率を計算しますと、超高落札率といえます。落札したソウケンさんは99.957%、もう一社さんは99.989%と、はっきり言って両方とも100%と言いたいような超高落札率ですけれども、これについて市の見解をお示しください
 

◎財務部長(高橋豊文君) 落札率につきましては、入札時点の経済情勢等によって異なるもので、そのほかの工事の種類、あるいは規模、公共工事の発注件数、工事自体の難易度などそのような複雑な条件が絡み合って形成されていると捉えておりまして、落札率の高低に関しましては競争入札の結果であり、特に問題ないと考えております。


どこで変遷してしまったのか・・・。

...................................................

平成16年9月21日

(広瀬明子君) 答弁漏れです。
 今の契約関係で、工事落札率95.155%。これはいわゆる一般的に考えれば談合があったと思われる数字なんですけれども、これについてのご見解をお願いいたします。答弁漏れです。

◎経営企画部長(藤澤邦夫君) この金額がどうかということですけれども、確かに、いろいろな入札の改革を行て、これ以下でかなり落札している地方公共団体もあるというふうには認識してございます。
 以上です。

◆(広瀬明子君) では、もう一度お伺いします。
 95%と言っている、これは一般論ではなくて浦安のデータなんですよね。ということは、私は今までいろいろと調べた限りですと、談合が非常に疑わしい数字になるんですけれども、この数字をごらんになってどう思われるのか。談合を疑わしいと思うのか、いや、大丈夫だと思うのか、まず端的にそれについてお答えください。
 

◎経営企画部長(藤澤邦夫君) 95.15%という数字については、私どもとしては高いのではないかというふうに考えてございます。したがいまして、いろいろな入札の改革をして、引き下げていきたいというふうに考えてございます。


この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 6月議会から パイプテクタ... | トップ | 協同作業 »
最新の画像もっと見る

入札・談合」カテゴリの最新記事