ひろせ明子の市議日記

無所属・無会派。
市議として日常で見たこと・感じたことを綴っています。

低投票率

2019年07月22日 | 情報公開

昨日行われた参議院選挙、48.8%で50%を割るという低投票率でした。期日前投票は過去最高だったで、もう少し伸びるかと予想したのですが、これは明らかに九州の大雨が影響したのでしょう。福岡、佐賀、長崎、鹿児島が前回比で10ポイント以上低下していますから。

では、地元千葉県は・・・、県平均が45.30%で全国平均を下回っています。その中で浦安市は45.03%で、全国平均も県平均も下回りました。浦安市民は政治にはあまり関心が無いのでしょうか。

総務省発表

7/22(月) 7:01配信 時事通信
 総務省は22日、参院選の選挙区の投票率が48.80%だったと発表した。

 国政選挙(補選を除く)の投票率が5割を切るのは戦後2回目で、1995年参院選の44.52%に次ぐ低さ。一方、公示翌日から20日までの間に期日前投票を済ませた有権者は、参院選では過去最多の1706万2771人に上った。

 福岡、佐賀、長崎、鹿児島が前回比で10ポイント以上低下しており、九州の大雨が影響したとみられる。今年は統一地方選と参院選が重なる12年に1度の「亥(い)年選挙」で、選挙疲れが低投票率につながった可能性もある。

 投票率は高知を除く46都道府県で低下。最高は山形の60.74%、最低は徳島の38.59%だった。

 一方、総務省の発表によると、期日前投票者数は2016年の前回より6.79%増え、全有権者の16.01%を占めた。38都道府県で前回を上回り、高知では3割超の伸びを記録した。導入から15年以上が経過し、制度が浸透していることがうかがえる。 

 期日前投票は全国約5700カ所、当日の投票は約4万7000カ所の投票所で行われた。



この記事についてブログを書く
« 凄い熱気 | トップ | 教科書採択会議 »
最近の画像もっと見る

情報公開」カテゴリの最新記事