ひろせ明子の市議日記

無所属・無会派。
市議として日常で見たこと・感じたことを綴っています。

いじめ?

2019年10月08日 | 情報公開

昨日午後6時から「いじめ対策調査委員会」がありました。当然傍聴しました。委員会の内容にも関心がありましたが、情報公開室が閉まった後の委員会・審査会等の傍聴資料の扱いをどうするかを知りたかったのです。

  ※情報公開室は夕方5時で閉まりますので、資料のコピー代金の受け渡しができないので問題だと私は叫んでいるのです。もちろん、有料でしか傍聴者に資料を渡さないことも大問題です。

このブログでも、所属員委員会でも浦安市の傍聴資料の取扱いの可笑しさは幾度となく指摘してきましたが、一向に解決する兆しが見れないので、先月の本会議で取り上げました。本当は、こんな問題を本会議で取り上げたくはなかったのですが、情報公開の根幹に関わる問題なので取り上げました。

本会議場では、結構前向きな答弁が出てきたので、昨夕は当然にその場でもらえるものと期待して傍聴に行きました。

が、が、用意された傍聴資料表紙には「持ち出し厳禁」の判が相変わらず押されていました。
要するに、「この資料が欲しければ、翌日情報公開室に来ればコピー代金と引き換えに渡すよ!」と言うことなのです。
実際担当職員から、「明朝情報公開室に来て下さい」と言われました。
その職員曰く、「明日一番で情報公開室に持って行くよう努力します。但し、他の仕事が入った場合は少し遅れるかもしれません。」

何と無駄な仕事を職員にやらせるのでしょうか。傍聴資料をその場で傍聴者に無料で渡してしまえば、担当者は翌朝一番で情報公開室に足を運ばなくて済むわけなのに!

議会で取り上げても、何~んも変わらない浦安市、可笑しな市です。市の言い分は、きちんと会議で決めなくてはならないとかなんとか屁理屈をつけるのでしょうが、私はこの対応は傍聴者への「いじめだと思います。
いじめは直ぐに対応すべきではないですか!

いじめ対策調査委員会で傍聴者へのいじめが横行していることは、ギャグ?