おしゃべりなあぐねす保育園

ジツハ保育園トハ ナアンニモカンケイナイブログ 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

耳に

2018-05-19 21:36:09 | せごどん
飛び込んできた
奄美のことば

そして
魂を擽る
島唄の調べに

こころも
からだも
わしづかみにされ

画面に
引きずり込まれた
まま

視つづけた
第18回

そうそう

とぅまは

このように
健康的で
愛くるしく
美しい女性

だった、のでは

年齢的にも
自然で

そのほかの
史実は
ともかくとしても


青く青く輝く
奄美の空と海

そして

二階堂とぅまの
清純な演技は

前々回
あたりから
続いていた

重苦しい
気配を
一瞬に
拭い去り

次回を
強く待ち望む
期待を齎した
とおもう
コメント

春休みを

2018-05-18 23:21:41 | 志學館大学
休むことなく
こつこつと
重ねた

学生たちの
努力が
実を結び

某県警察官採用試験の
1次試験
大卒程度の教養試験と小論文に

担当講座からの
受験メンバーの

80%強が

とりわけ
女子学生は100%が
合格!!

続く関門も
きっと大丈夫

日頃の努力を
合格の神様が
ご存じだから








コメント

どげんなことに

2018-05-15 23:09:36 | せごどん
なるのやら


様相如何では
・・・が
・・・に


気にかかっていた
ところも

さして
のようで

ここらで
よかろう
と、なった

第17回のせごどん


「ナレ死」
ではなく
ちゃんと
さよならした
斉彬公



あれ
これで最後の
ご登場なの・・

それでは
あの、場面
はどうなるの
のが、よぎった

幾島殿の
さようなら

それに

よーく
耳を傾けると

そう、なんだよなぁ・・・

ということを
おっしゃっている
にもかかわらず

印象修正が
できないままで
お気の毒
に感じた
斉興公

のオオラク気配
 
などなどに
対する

これまでにない
姿をみせた
久光公の
ドアップ

のようすに

新旧交代を?

いやいや

あらたなことの
はじまりを感じた
回でもありました


鶴丸城内で生まれ
以後薩摩を
離れることが
なく

人的資源も含めた
藩の動向を
見続けていた
ともいえる
久光公

それゆえ
その有効な
活用方法も
練ることができ

精忠組の
面々を
巧に束ね、
挙藩一致体制
を作りあげる
ことができた

のでは・・

と、妄想中の
わたくしめ
でありますので

彼が
今後どのように
描かれていくのか

気になるところ


と、いうことで
これからも
鎮座視聴は
continue



  お仕事場の
  窓の向こうに
  幾島様ご実家の
  お墓があります
 
  篤姫様のご実家のも


コメント

ふわふわの

2018-05-12 23:58:31 | おやま勉強会


honey meil
のケーキ



無花果や紅茶
などなどが
ぎっしりの
どっしりした
パウンドケーキ

を、パクつき
おいしいー
を連発しつつ

ノーベル平和賞が
どったらこったら

高校生の
権利と教育における
盾と矛について
どーの
こーの

はたまた

巷で話題の
ゆるやかな話題
についても

あーでもない
こーでもない

と、いつものように
本日も
ぺちゃくちゃ

楽しくて

こころも
からだも
ころころ笑い

来週からの
活力気力を
充電満タン完了
なりなり


もちろん
お勉強も

バッチリ

いや

パッチリ
でござりました



やませんせー
シバネエさま

ごちそうさまでした!



















コメント

どこぞの

2018-05-11 00:06:00 | せごどん

MOVIEで
お目にかかったような
いで立ちで

またまた
ご登場
された

斉彬様

もしかすると

これから
描かれるであろう

せごどんが
決断を迫られる
数々の場面でも

ご登場
されるのかも・・

斉彬様

いや
世界のワタナベ様

12月まで
オソラク

などなど
想った第16回


斉彬様は
文久年間に
照国神社に
祀られ



におなりに
なる、のだし


ところで
戊午の密勅

あれっ
これって
もしかして

戊午の・・・
の、こと・・・

かなっ、と
理解するまで
やや時を要した

わたくし

予習をしてなければ
理解が難しかった
かも

それゆえ

解説
いらないのぉ・・

と、イランセワ的
thinking

孝明天皇も
不在のままで
行くのかなぁ・・

重要人物
のような気がする
んだけどぉ・・

それから
橋本佐内さん
って

捕まって
どうなったの

ナレで言ったっけ・・

イランセワ
だらけ





甲突川のほとり
猫の薬師小路

ともかくも
幕末近代の
歴史に
名を残す
多くの方々が
生れ育ったところ



凛とした
気配が漂う

彼ら下級武士が
住んだ住宅

ドラマに視る
様子とは
ずいぶん
違う





コメント

全47話の

2018-04-29 00:26:50 | せごどん
3分の1を
費やし

斉彬を
どこまでも
スーパースター
として
描き切った

せごどん

このままで
いくと

はたして
西南戦争まで
行着くことが
できるのだろうか・・

もしかして

死なない西郷
という展開も
あり、なの・・
とか、なんとか

また
どこまでも
狡猾な人間
として描かれる

井伊直弼

ドラマは
勧善懲悪
というものが
当たり前

なんだろう
けれども

幕府を取りまいていた
内憂外患
をおもうと

気の毒に
おもいもした

第15話までくると・・


斉彬は
その治世
7年半

そのうち
鹿児島滞在
38か月

安政5年7月16日
午前6時前に
鹿児島にて急死

数日間
悪寒・下痢・高熱で
臥せていたという


急遽
鹿児島に
もどった
父斉興は

藩の財政困窮
を知り
財政整理に
着手

10年間の
非常倹約を
藩内に達した


というのも

斉興と調所が
血のにじむような
思いで
蓄えた藩金は

篤姫の婚礼費用
海防費用
集成館事業
として
費やされ

かつ
斉彬が
大坂で起した
新借財の返済
が迫りきていた


それゆえ
几帳面で気の小さい
勝手掛家老の
新納久仰は
途方に暮れていた

とは芳先生の
ご研究









コメント

とっても

2018-04-27 21:23:46 | 高等学校のお仕事
ひさしぶりに
高等学校で
授業


福祉コースで
学ぶ生徒さんから

ハングルを
勉強したい!

という声が
あがった

ので、と
おまねき
いただいて

ハングルを

そこで

うーーーん

と、あれこれ
考え

直接話法を採用

どうなるか・・
とややドキドキ
していたけれど

総勢25名

元気よく
たのしく
笑顔いっぱいの

授業になりました





コメント

入学したての

2018-04-26 23:18:45 | つれづれ
1年生が
びっくりする

祝日返上の
授業

さっそく
ゴールデンウイーク
に体験

することに
なっていて

ゆえに
わたくしめも
お仕事

こうしたことは
よくあることで

当たり前気分

けれども
こころの
どこかで

お休みしたい
旅にでも出たい

という気持ちが
あったの、かも

『美術館へ行こう』

と、いう本を
なんとなく購入

たまたま
載っていた

碌山美術館

as it is

高村光太郎の作品
「手」に
会いたいと出かけ

対面できたとき
つまさきから
頭のてっぺんまで
満身感激した
碌山美術館


もう
ずいぶん前から
行ってみたいと
おもい続けていて

やはり
行きたい
とおもった
as it is


そんなことを
こころにしながら
めくった頁


わたしの
ささやかな旅

税込み
1620円なり








コメント

敬虔な

2018-04-22 00:59:46 | せごどん
聖公会
信徒であった
とも言われている

Townsend Harrisの
土足



家定の
イクヒサシク
ユウコウヲ・・・



慶喜の言行録
小騒ぎ



人を殺めた
吉之助の
ありよう



記憶に
残った

第14回

ああした
出来事が
なぜ
起きていたのか


徳川幕府を
とりまく
国内外の
情勢

斜陽化した
幕府のちから

そこに

訪れた
外様たちの
チャンス

そうした
ことって

ドラマから
みえてこない
ような

watashi
ハ、デスケド


それにしても

ハリスの土足


描きたかった
ことってなんだろう

速度は
遅いけれど
あたらしい
研究成果
でているんだ、けどなぁ

とかなんとか

独りよがりの
うけとり方をして
気になったりした


ところで
いっしょに視聴
していたひとが

ケンパクショ
って、なに?

と聞いてきた

説明が
必要なこと、かも


んーん

そもそも

あれって・・・
・・・
するような
・・・
だったっけ・・













コメント

年に

2018-04-21 23:41:34 | 九州大学
数回

懇話会という
名の
研究会
に参加する

今日も
いつものように

箱崎駅を降りて
赤レンガの正門から
はいり

箱崎キャンパスを
横断して
会場に向かった


行くたびに
破壊が進み

跡形もなくなった
学び舎
の方が多くなった
キャンパス

わたしにとって
人生の
あらたな扉を
開いてくれた
キャンパス

大好きだった
工学部の食堂も

このさき
どのような
世界が広がって
いるのだろうかと

好奇心を
そそられた
地球惑星学科
への
矢印も

みんな
みんな

思い出のなか


大きくなった
蘇鉄は
どうなるのだろう

春を可憐に彩る
桜たちは
どうなるのだろう

気になる

せめて
木々だけは
生き延びてほしい









コメント