顔晴れウーマン

頑なに張る頑張るではなく、顔が晴れるように笑顔でいられるように、
顔晴れと自分にも他の女性にも
エールを送りたい。

博士の愛した数式

2005-11-14 12:03:31 | 自己啓発
偶然、実家でこの本を手にした。
以前から題名だけは知っていた本だった。

交通事故で80分しか記憶がもたない天才数学博士と家政婦、その10歳の息子との物語。何をしゃべっていいのか混乱したとき、言葉の変わりに数字を持ち出す博士。それが、他人と話すために博士が編み出した方法だった。
風変わりだけど、相手を慈しみ、無償で尽くし、敬いの心を忘れない。
博士は息子をルート(√)と呼んだ。


この本を読んで、昔の毛嫌いしていた数学の見方が変わった。
そして、また学び直してみたくなった。
数学ってロマンチックな一面もあったんだ。
博士が教えてくれた、数式の美しさ。
数式に秘められた美しい言葉。
私も家政婦のように、博士にとても惹かれた。

記憶が80分しかもたない。
とても想像できるものではないが、
それは決して悲しむものではないような気がする。
思い出せる記憶だけが、記憶のすべてではなく。
ほとんどが自分でも気づかないうちに忘れ去られている。
心の奥底にある、思い出せない記憶にこそ、美しい記憶があるのかもしれない。

日常の多くは、ほとんど代わり映えのしない、
同じように繰り返される毎日だ。
でも、そんな日常にこそ、幸せがあるんだと思う。
そんな日常を暮らせることこそ、幸せなんだと思う。
普通に暮らすことの大切さを感じた。

この本は、来春映画化されるそうだ。(もう撮りあがったかな・・)
博士に寺尾聡(ちと若し。藤村俊二でもよかったかも・・)
家政婦に深津絵里。
(好きだから。。いいかな?でも、もう少し年齢重ねたふくよかな感じがイメージかも)
とても楽しみだ。。。

さて、今日も私の普通の一日が始まる。
とても幸せな一日が・・・

410401303X博士の愛した数式小川 洋子 新潮社 2003-08-28売り上げランキング : 1,273おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« イン・ハー・シューズ | トップ | ゴッホ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (てつ)
2005-11-14 13:50:57
面白い映画になりそうですね。

記憶に残らなくても、心に残るものはあると思います。

だから人は思いやりを持つようになっていくのでしょう。
思いやり (顔晴れウーマン)
2005-11-15 12:53:35
てつ様

てつさんのいうとおりだと思います。

みんながこういう気持ちだと

世の中よくなるんでしょうね。

・・・でも、昨日の記憶がないのは、

やっぱりマズイかなぁ。(笑)

コメントを投稿

自己啓発」カテゴリの最新記事

トラックバック

発見、映画「博士の愛した数式」公式サイト (NEW LETTER)
ここ1ヶ月くらい何故か、博士の愛した数式でこのブログに来る人多いです。 今年の1月に書いた映画化される「博士の愛した数式」への期待 という記事ですが、娘が読んだ初めての小説が映画化されるというものでした。