点滴ニャンコと暮す家族の日記

慢性腎炎のニャンコ『ゴン』と過ごした時間。ベンガル猫、ソマリ、サモエドの4ニャンズ+ワンコとゴンパパの趣味の話

最終回!! 【期間限定 サワディー日記】

2007-11-26 08:09:26 | ゴンパパのぶっちゃけ!
サワディー君と暮らした約2ヶ月。

色々な表情、仕草を見せてくれてとても和ませてもらいました。


ストーブの上は暖かいにゃー


もう、ボーっとしてます。

我が家のニャンズには無いキャラで、すっかり我が子のように可愛がり、サワディー君も我が家に溶け込んでくれました。

やっぱり最後は・・・


これでしょ


病み付き??

猫鍋。。。

サワディー君

また、うちにおいで

今日の一言;
家に帰ると、サワディー君が部屋から顔を出して「んにゃー!」って迎えに来てくれる気がして・・・
コメント (4)

サモエド ゆき の里帰り

2007-11-17 23:16:01 | サモエドーゆきー
約9ヶ月ぶりに生まれ故郷のブリーダーさんの所に遊びに行きました。

お母さんである ななちゃんとご対面。

ななちゃんが積極的にゆきの臭いを嗅いで確認しています。

自分の娘だってわかったかな??



ゆきの方がさすがに若く感じますね。

お鼻の黒さ、体格、毛ぶきは完全にお母さん似のようです。

っていうことは、毛ぶきはこんなもんなのかなぁー。。。



ななちゃん、元気そうで何よりです。

ゆきのお父さんはというと。。。。



お父さんの サスケ君も元気そうです。

初めてサスケ君を見たときものすごく大きく感じたんですけれど、サモエドを見慣れたせいか、あまり大きく感じませんでした。

でも、毛ぶきは相変わらず良くって同胎の獅子丸君やフォルテ君は確実にお父さんの良いところを受け継いでいるって実感できます。



上から見た顔はゆきにそっくりです。

サスケ君は尻尾をふって歓迎してくれました。

今回はママさんとの会話の中で「サスケ君やななちゃんはどうしてるかな?」って言うことから訪問する事にしたのです。

ななちゃんはもう一度子供をとる計画だそうです。

サスケ君はまだまだ現役。

いつまでも元気でいて欲しいですね。

おまけ

11月2日生まれの仔サモを抱かせてもらいました。


みんな初めはこんなに小さかったんですね。

今日の一言;
ゴンパパがゆきをお願いしたとき、予約が沢山だったらしいのですが今ではそうではないそうです。
実際、1月・2月生まれの仔がまだ引き取り手が無い状態でいました。

仔サモ抱いちゃうと迎え入れたくなっちゃますね。。。









コメント (6)

犬が箱座り???

2007-11-16 14:52:05 | サモエドーゆきー
大分寒くなってきましたね

猫はすっかり箱座りか、丸くなっているかですね。


すっかりくつろいでポーヤーンとしている健太君。。。


ゆきも箱座り。。。

犬も???

ゆきの何気ない仕草が猫化してます

今日の一言;
猫が布団の中に入ってきて、寝不足の季節がやってまいりました。。。
コメント (8)

猫鍋てんこ盛  【期間限定 サワディー日記】

2007-11-13 12:32:47 | ゴンパパのぶっちゃけ!
流行ってますね。

【猫鍋】が

我が家で鍋を出すと、サワディー君が早速入ってくれました。。。

よいしょと。。


結構気持ちいいにゃー


はまり具合がいいにゃー


てんこ盛のサワディー君、猫鍋完成です

今日の一言;
サワディー君。
何のためらいも無くお鍋に入ってくれました。
コメント (3)

ゆきと旅行  ー那須高原 ドッグラン・食事編ー

2007-11-12 07:42:47 | サモエドーゆきー
前回に引き続き
那須高原 ペンション オリーブさんのレポートです。
http://pension-olive.jp/index.html

ここの一番のウリは

部屋から直接ドッグランに行ける事(ウッドデッキテラスの向こうはすぐにドッグラン)

ドッグランが広い事。

これに尽きるのではないでしょうか。

ドッグランフェンスは地面までがっちりあります。

ですから、小型犬が抜け出すと言った心配は無用です。

排泄物入れがドッグラン内に3カ所あるので、わざわざ部屋に帰って捨てる必要なし。

ドッグランですが、、、




ご覧の通り、広々してます。

ゆきはずーとっはしゃいでましたよ。

周りの景色を遮る様な建造物が無いので



朝焼けが綺麗に見えます。

朝焼けの中、犬を思う存分遊ばして、その後飼い主は朝風呂へ。。。

贅沢っすね

この他にプールもあり、夏場は水遊びも堪能出来ます。

さて、食堂ですが・・・

一部屋ごとに、一テーブルです。

リードフックはそれぞれ2個設置してあります。

テーブル間には、目隠し板がありますが、たいして役には立たない大きさです。

実際、わんちゃん同士のトラブルに神経を使っている方は、ワンコを食堂につれて来ていませんでした。

食事の内容はというと



夕食は大まかに4品。

酒飲みには足りないか(あははははは)

最後は栃木牛のステーキで。

もちろんデザート付き。

前回の宿もそうだったんですが、ステーキの焼き加減を聞かないんですわ。

ちょっと不満です。

牛肉って同じ肉でも焼き加減で味や歯ごたえが変わりますからね。

この牛肉はこの焼き加減が一番!っていう解説があれば別なんですが、ステーキ出せば客が満足すると思ってるのかな???

で、朝食です。

ごく普通です。

        

チェックインからチェックアウトの時間めーいっぱい、ワンコ中心に考えるなら非常にいい宿だと思います。

とにかく、部屋が広いしドッッグランは部屋から行けて目の前だし、犬中心でストレス無く過ごす事が出来る宿です。

ただ、人間旅慣れてくると自分自身に対しても欲が出てくると思うんですが、その視点から見るとまだまだスキだらけの宿だと思います。

ただし、それらを妥協出来るドッグラン設備がここにはあります。

テラスでビール片手に、規制無く愛犬のはしゃぐ姿を見てリラックスするには最高だと思います。

おまけ。。。。

那須高原はペット連れ宿の激戦区と聞いてますが、宿だけの努力ではなく宿以外のペットに対するインフラ努力がまだまだ必要な土地だと思います。

ワンコと行ける○○とかいう地図もあって努力はされている様ですが、冬なんかクソ寒いのに「犬連れはテラス席のみ」という所が多くまだまだだなって感じます。

今日の一言;
なんだかんだ言いたい事言わせてもらいましたが・・・
ゴンパパはまた行きますよ。

最後は.仲良く遊んでくれた仔です。

シュナウザーのハッピーちゃん。
元気で疲れ知らずですーーーー。。。
コメント (4)

ゆきと旅行 ー那須高原 宿概要編ー

2007-11-08 12:42:22 | サモエドーゆきー
えー
この度は、ゴンパパ久しぶりの大風邪を引きまして、コメントが遅れたり、仕事はもとより、自分が考えていた以上の方々にご心配おかけした事をこの場を借りてお詫び致します

なんとか、パソコンに向き合える体力もついたので、遅ればせながら先日行って参りました【那須高原】レポートをお送り致します。

今回の那須高原トリップは何を隠そうゴンパパの○○回めの誕生日と2月に行いますイベントの下見&打ち合わせをかねて企画した物です。

では、まだ体力が100%でないので早速。

今回は宿泊場所の施設概要に関してレポートさせていただきます。

宿泊施設名は【ペンション オリーブ】
http://pension-olive.jp/

オリーブと言えば「ポパーイ!」の相棒が思い浮かびますが(歳がばれる?)
初代オリーブの声優は私のおばなんですってことはさておいて

東北道那須ICを降りて、県道17号線を那須高原方面に走り、左手に見える道の駅をこえてすぐの交差点を右。

そこは気が付くと県道68号線。

標識通りに県道68号線を進むと信号を挟んで1つのクランクがあるんですが標識を見落とさずその道なりに進んで行き暫く走ると「ペンション オリーブ」って言う非常に見つけづらい看板があ
るので、指示通りに右に曲がるといきなり砂利道。

っていうか、右に曲がる時に「ここかな?」て思うくらい素敵なお家があるので気をつけるべし。

の前に重要ポイント!
県道68号線は危険一杯で、所々突然車1台分しか車線がなくなる部分があるので要注意。

しかも、このシーズン大型ダンプがカットんでいるので用心です。

それと冬のシーズンも注意が必要な道だと思います。

砂利道を進んで行くと

いきなり開けるんですわ


車は楽に8台以上は止めれるスペースですが、残念なのは玄関に横付け出来ない事。

HPをみても判る通り、建物自体がコの字型をしているので無理。

車で玄関近くに寄せても限界があり、近く行っても距離があるので、愛犬と荷物とで何往復もしなければならない状況では決して易しい作りとは言えないと思う。

「ドッグランエリアから部屋のオープンデッキを通って荷物を運び入れると楽ですよ。」と宿の方が助言されたが、天候の悪い日を考えるとエントランスから入れた方がいいに決まっている。

犬を濡らしたくないと考えている人もこのご時世、少なくないだろうし、雪が降る土地なんだから。

ワンコの足洗い場が左手にある玄関をあけると受付を兼ねたちょっとした広間があります。
造りはいたってシンプルですが天井が高く開放感があります。

ディスクが沢山おいてあるが、ここのオーナーは世界大会まで行った事がある強者だそうな。(宿泊されていた方で、仲が良くなった方から聞いたんですけど。。。)

モコミルクパパさーん!
出番ですよ\(^0^)/

もとへ

中に入ってから気が付いたのですが、玄関、廊下、部屋の中まで一貫して土足OK


床の素材はフローリング系なので犬は滑るんです。

股関節や他の関節に不安がある、あるいは引っ張る、走り易い等の仔には少し心配な作りです。

でも、考え方によってはここで遊ばせるわけでもないし、走り回るならドッグランに行けばいいのでこれはこれで、ものすごく清潔感があって良い印象でした。

シンプルで、綺麗ですから!

で、ここからがこのペンションの本領発揮!

部屋が広い!

なんちゃって、犬と泊まれる宿。。。

とは訳が違う。

今回宿泊はダブルののお部屋ですが、ベッドはキングサイズ。

ベッドの硬さも程よく安っぽさを感じさせない。

掛け布団も暖かく、寒がりのママさんも珍しく文句を言わない程。

ゆきが居ても部屋が狭く感じない。


ゆきがチビサモってことを差し引いてもフルサイズのサモ、2匹は楽勝ですわ。。。


ハンドタオル、バスタオルはもちろん、歯ブラシ、冷蔵庫、湯沸かし器、テレビ、犬用の足拭きタオル、コロコロ、消臭剤、うんちビニール袋
いやー。。。

室内には必要な物は殆どあります。

飼い主はパンツ1つで

もとへ

部屋の空調はエアコンのみなので、湿度を気にする方はタオル、びちょびちょ攻撃ですね。

先ほど言った様に部屋もフローリング系なので、愛犬の粗相も気にならないと思います。

実際我が家は部屋にゲージを持ち込まず、室内はオールフリーにしてましたから。

リードフックも室内にありますし、心配であればつないでおく事も出来ます。

2つ難点が。

荷物が床置きになってしまうんです。

荷物を置く台がないんですよ。

愛犬に中身をあさられない様、注意管理が必要です。

もう一つはくつろげる椅子が無いんです。

部屋にあるのはパイプ椅子なんです。

ワンコにかじられるリスク低減、部屋のスペースを極力保つ目的から意図的にその仕様になっているものと推測できます。

本日の最後はお風呂について。

露天(洗い場も露天)と内風呂(ガラス戸を開けると半露天になる)の二つ。

温泉ではなく かつ、24時間入浴可ではありません。

風呂好きのゴンパパにはちょと残念な所。

チェクインした順番に50分単位で入れる順番が決まります。

ご希望の時間に入りたい人は、早くにチェックインする事をお勧めします。

申告時に朝風呂を入りたいとリクエストすると、ちゃんと受けてくれます。

もちろんゴンパパは、早起きしてゆきとドッグランで遊んだ後、朝風呂に浸かりました。


大きさは大人二人で入るには十分。

シャンプー、リンス、ボディーソープが完備。

愛犬とは衛生管理上一緒に入ることは出来ないが、脱衣場にリードフックがあるので部屋に置き去りにする心配は要らなくなっています。

那須連山の景色をうたっていますが、湯船につかると

囲いで回りの景色は見えません。残念!

次回はドッグラン編です。

しばし、お待ちを。。。

今日の一言;
学生時代の風疹以来、ガッツリ寝込みました。
皆さん、風邪が流行っているようなので気を付けて下さい。。。

コメント (12)

凛ちゃんの日課

2007-11-01 10:20:16 | ベンガル猫 りんとの時間
我が家の猫社会は【凛】を頂点に成り立っています。

毬藻も健太も凛には服従です。

凛がやる遊びを毬藻、健太が見て真似する位、凛は見事に統率しています。


今日も部屋の全体を見渡せる位置から・・・


見てます。

1日何回か上に行って周りを観察しています。


今日の一言;
大地君の教育も頼まなくっちゃ。
コメント (4)