点滴ニャンコと暮す家族の日記

慢性腎炎のニャンコ『ゴン』と過ごした時間。ベンガル猫、ソマリ、サモエドの4ニャンズ+ワンコとゴンパパの趣味の話

猫の点滴

2006-01-31 08:06:18 | ゴン(点滴ニャンコ)の日記


ただいま点滴中。。

肩甲骨の上あたりの皮膚をつまみ、皮下注射にてプスリ。。

最近少し元気が戻ってきたみたいで、ゴンママと二人でやらないとすぐ逃げようとします。
ゴンママは注射が嫌いなので、指すのと抜くのは常にゴンパパの仕事。

猫は皮下注射は痛くないみたいなんですよね。
どちらかと言うと何か背中にあるっていう違和感が嫌いみたい。。。

じっとしているかと思うと、スキをみてどこかに行こうとするんで気が抜けません。
コメント (3)

松葉杖奮闘記

2006-01-30 13:03:05 | ゴンパパのぶっちゃけ!
甘く見ていた・・・

右足の靭帯を痛め、歩行は何かに身をゆだねなければ出来ない状態。
ううう。早く松葉杖を手に入れたい。
このもどかしさから開放されたい。

そんな思いを胸に病院へ行き、
先生に「松葉杖貸して下さい!」
と元気よく申し出、念願の松葉杖をゲット

諸注意を受け、松葉杖をゴンパパ仕様にチューニング。
よくわきの下で支えるようにして歩いている人がいるがそれはNG。
なぜかと言うとわきの下は神経が集中していたり、リンパがあるのでわきの下を支点にしてしまうと手がしびれたりする。
って教えてくれました。
大きな注意点はそれくらいで高さを合わせていよいよ始めの一歩。
んー。。。快適快適。
いやいや、今までに比べたら楽チン楽チン。

とはいえある程度自分の体に馴染むまでは杖の先端が地面に引っかかり転びそうになったりするので松葉杖の軌道や、重心の移動具合をつかむのにちょっとしたコツが必要。
C3POになったような感覚で松葉杖をさばく。。。。
松葉杖に全体重を乗せているので、転んだらえらいこっちゃ

暫く歩いて気が付いたこと。
手のひらが痛いのよ。全体重が手のひらにかかるのね。
でもって、左手だけ。
右足を上げているので、自然とバランスが左に偏るんだと思う。
ウエイトトレーニングと同じで、手首をかえさないように注意。
手首を痛めてしまうから。。。

次に肩の三角筋全部が張ってきた。
体重を前に掛けながら松葉杖をつくので、支える力がそこに集中しやすいんだと思う。
未だにそこだけが痛い。
しかも肩も左側だけ。。。

そんでもって一番効いたのが肩甲骨周りの筋群。
これが一番辛かったー
松葉杖つくのがいやになったもの。。。
疲れて肩が凝ったのが背中に来た感じと表現すればわかるだろうか?
2~3日で痛みはなくなったけど一時はどうなるかと思った。
ほんと、それくらい辛かった。

正直、松葉杖って基礎体力もしくはそれ以上ないとかえって負担になってしまうかもしれない。
ある知人は膝の靭帯を痛めた時やはり松葉杖をついていたが、つくことが辛いので途中からケンケンでの移動にした。
との話がある位なのだ。
特に体重がある人には辛いだろうなーと思う。

何かの手術をする時にも本人の体力を考慮するって言う話を良く聞くけど、松葉杖ひとつとっても体力が無いとだめなんだなーって感じた。
病気や怪我をするにも体力がないと駄目。。

まっ。。
その前に怪我しなきゃいいんだけどね

コメント

靭帯損傷 経過9日目

2006-01-29 16:28:09 | ゴンパパのぶっちゃけ!
松葉杖無しでも何とか歩行可能。
しかし。サポーターにてしっかり固定。

足首の可動領域は低屈と背屈は左足に比べ8~9割位の範囲で動くようになった。

階段の昇降についてはカニ歩き状態であれば可能。
むくみもかなり改善されて来た。

一番心配しているのはこの事がきっかけで筋バランスが崩れてしまう事だ。
座っているだけでも右足に加重が十分かけられないためお尻の左側に体重が乗っている事が自覚できる。
このままでは背骨が側湾になってしまう恐れがあるので、必ず帰宅するとストレッチポール(参考:http://www.lpn-sp.co.jp/)を利用し、体をフラットな状態に持って行く事を心がけている。

この事は2次災害を防ぐためにも非常に重要な事だ。
リハビリ期に入った際、足首以外にもやらなければならなくなってしまう事ができてしまう。
逆転の発想で足首以外は元気なのだから、足首に負担がかからないエクササイズはどんどんやるべきだと考えます。

月曜からはスポーツクラブへの復活も視野に入れて、自分の体の変化を感じつつ早期復活に励みたいと思う。
コメント (4)

ねこのしっぽ

2006-01-29 14:47:28 | ゴン(点滴ニャンコ)の日記
以前から気になっていたんですよ。
ゴンはお座りする時必ずしっぽを左に曲げて座るんです。




必ずです。
こちらが手で右に向けてもすぐに左へ方向転換。。。

他の猫ちゃん(ワンちゃんも)もそんなことあるんでしょうかねー?
こだわり?癖?みたいな所が。。。
コメント (2)

nano ナノ ナヌ?

2006-01-29 11:08:03 | ゴンパパのぶっちゃけ!
バージョン10.2以前のタイプは使えません。。。
アップルアドバイザーに聞くとそんな答えが帰って来た。

ゴンパパのPCはG4ではあるがバージョンは10.2。
だめじゃーん

みんな使えるんじゃないの?
ねーAPPLEさん。そりゃー無いでしょ。。。
ネットでアップルサービスを検索しても10.3以上であればサービス対象。
10.2はだめなのねー。やっぱり

仕方なくタイガーを購入して10.4へバージョンアップ。

10.4にバージョンアップしたら良いことも多々あったのでとりあえず満足。
良いこととは立ち上がりがすごく早くなったり、いろいろな処理がやりやすくになった。
どうにかnanoを立ち上げる環境が整った。
と思いきや、年賀状作成や雪がじゃんじゃん降ったりして次第にnanoのセットアップは後回し。。。

靭帯を延ばしてやっと時間ができて(ははは きっかけが笑っちゃうんだけど・・)
昨日やっとセットアップしました。

ipod nanoの箱の中身 実にシンプルだ

セットアップにはそんな時間がかからない。
単純明快にしているところはさすがAPPLE。
それよりも取り説を読むのに時間がかかった。
取り説といっても全て付属のディスクにインストールされているので画面上で読む。
初期の充電も1時間もかからず、取り説を読んでる時間と、曲を選択しインストール
している間になんなく完了。
ipodユーズ初心者のゴンパパはとりあえずnanoを振った。
ひたすら、おもいっきり!
音とびなし。感動。。

nano君。これからよろしくね
コメント

ドラ猫マイブーム  かにカマ

2006-01-27 08:04:17 | ゴン(点滴ニャンコ)の日記
最近はこれだにゃー
これ以外は食べにゃいのだ
この食感。そしてこの甘味。
思わず手が出ちゃうのにゃー



最近のゴンの食に対するブームはどうやらかにカマのようです。
しかも、パックに入っている奴。
なぜかきちんと包装していかにもかにカマって奴は食べない。
ある意味グルメなんですかねー
カリカリも食べずにこればっかり・・・・

獣医さんいわく、「本当は猫ちゃん用ご飯を食べてもらいたいが、病気が病気だけにまずは食べたいものを食べさせてあげて体重が減らないように!」と言われています。
獣医さんも腎臓を患っている猫達に色々なものを与えては何を食べるか試しているとのこと。
例えば、のり・魚肉ソーセージ等等・・・

この前手にとって与えたら、わしの指にまでかじりついてきて痛い思いをしました。
まぁー食欲があるうちは安心して見ていられます。。。
コメント

慢性腎炎猫 【命の水】

2006-01-26 10:17:13 | 猫の腎炎について
点滴ニャンコ・・・と言ったものの点滴や腎炎の薬については今まで何も書きませんでしたね。
今回はゴンの命をつなぐのに「キー」になっている点滴のそのもののことを書きます。

腎炎の猫は水を飲んでも飲んでもそのまま排泄されてしまうと言うことは以前書いたとおり。
それを補うのが点滴なんです。
体内の水分が足りてるかどうかは猫の皮膚をつまみ、パッと離して皮膚の戻るスピードを見る。
この手法が一般的なようです。
ゴンの場合は当然のごとく戻りが非常に遅い。
家にはクーちゃんという通い猫がいるのですが(餌だけ食べに来る。。。)その子にそれをやるとパーンと皮膚が戻っていきます。
いわゆる「張り」がないんですね。お肌の張りが・・・
ゴンの腎炎はかなり進行しているので、ほぼ毎日点滴を入れていますが、体内にまだ残っているようであれば点滴を入れる量・時間の間隔を調整しています。


左から針とチューブ・消毒液・脱脂綿・点滴(250ml)これで1セット

点滴をするとしないとでは大違いで、ちょっとタイミングを間違えてしまうと食欲が落ちたり、ふらついたりしてしまうのですぐにわかります。
要は老廃物が溜まり、排出しきれないんでしょうな。。。
その結果体がダルダルモードになってしまう。

腎炎の初期症状の猫ちゃんも点滴はするようです。(頻度は違いますが・・)
適切に点滴をするだけでも血液検査の結果が違ってきます。

腎炎の猫ちゃんにとって点滴はまさしく「命の水」と言えるでしょう。
コメント (4)

ドラ猫復活??

2006-01-25 08:09:02 | ゴン(点滴ニャンコ)の日記
最近だんだんと調子が良くなってきたと思ったらとたんにドラ猫ぶりを発揮し出した。
わずか1週間前までは自力で椅子に上がれなかったのに、今やこの通り。。。


ねー
ちょっとちょっとその変貌振りはなんなのさ!
2週間前なんて「こりゃーもうだめか」って考えちゃう位ぐったりしていたのにさ!あまりにも極端じゃん。
まいっか。元気になってくれたんだから・・・・

ゴンの視線の先はもちろん!調理しているゴンママです。
コメント

右足首靭帯損傷

2006-01-24 08:11:06 | ゴンパパのぶっちゃけ!
参ったって言う感じ・・・
1月21・22日と水上方面に滑りに行ったが、
21日午前早々右足首の靭帯を痛めてしまった。
正確に言うと今日病院に行ってそう診断された。。。

骨折をしていなかったのは不幸中の幸いだが、シーズンのまっただ中のこの怪我は痛いな。
医者の診断では全治5週間から6週間。
これは多分足首のリハビリも考慮しての時間だと思う。

間接付近を骨折、あるいはねんざをし患部を固定すると間接が動かなくなってしまう。
間接の可動領域が元の状態に戻るまでのリハビリが厄介なのは以前同様の怪我をして身にしみている。
何が厄介かと言うと時間はもちろん、痛みも伴いなかなか元に戻ってくれないのである。。

医者
「今日はどうしたんだい?」
ゴンパパ
「スノーボードで足首を痛めまして・・・・」
医者
「スノーボード?そりゃまたごくろーさん。」
ゴンパパ
「ご、ご、ごくろーさん??」
医者
「雪は来年もまた降るから、あせらず治しなさい。」
ゴンパパ
「そうなんですが・・・・」
医者
「3週間で歩けるようになるが、あまり無理はしないようにな。痛みが残る人が1~2割位おる。」
ゴンパパ
「そうなんですか・・・」
医者
「固定して足首を痛い方向に動かさないこと。 そうそう。スキーブーツ履きなさい。」
ゴンパパ
「はぁー?」
医者
「あれは足首を固定するのに一番むいてる。外に出る時はブーツ履いていきなさい。」
ゴンパパ
「それ本気で言ってんですか?」
医者
「本気じゃよ。」
ゴンパパ
「足入れるとき痛いでしょ。曲がらないんだし・・・」
医者
「しょうがないわな。それくらいがまんせい。」
ゴンパパ
「ホントですかぁー?センセイもっといい方法あるんでしょ。」
医者
「あるよ。(看護婦さんに)あれだして!」
ゴンパパ
「・・・・・・」

知らない人が聞いたら漫才みたいな会話で治療進行。
看護婦さんが出してきたのは見るからにサポーター。
昔はギブスをしたんだそうだが、今ではそれ専用のサポーターが考案され治療する側受ける側も楽になったとのこと。

センセイが言うように焦らず治すしかないか・・・・

今シーズンはぶっちゃけまだあきらめてません!
2月中旬以降必ず復活するという目標を立てて治療します!!

さっきシャワー入ったら右足大腿四頭筋が既に細くなっているのにショック!
筋力を極力落とさずに回復したいと思ってます。。。

そんな様子も今後ブログに載せて行きたいと思います。

この位では負けないぞ!!!
コメント (7)

同期会!!!  今年も!

2006-01-19 22:25:15 | ゴンパパのぶっちゃけ!
随分前にゴンパパは職業訓練指導員をしていた。
その時担任だった生徒の結束は、今までかつてない!と言われるほどあると言われている。
これはゴンパパの力ではなく、その時の個性あふれる個が偶然に集まったからだ!

今、彼らは当然のごとく学校を卒業し、それぞれの環境で我々の教えと、理想と、現実の中でもがき苦しみながらも日々成長している。
その時の指導者として、何かあるたび当時の生徒から彼等が置かれてる立場環境をを聞くたびに、実にしのびなく、うれしくも悲しいくもなる話を耳にする。
時が経ち、彼らは職場では人の上に立つ立場へと成長するとともに、家庭を持つ(あるいはそのような友人が次々と現れ・・・・)と同時に「世の中の中堅どころ!まさに伸び盛り」に遭遇するいわゆる【カベ】にブチ当たっている。。。。

しかし!
そんな彼らにも職業訓練時代の何とも若々しく、克つ、屈託のない笑顔を放つ時間がある。
その時間とは・・・
仲間といる時間。
何よりも苦楽を共にした仲間と共有した時間だ。
彼らの真の笑顔を見た時、普段はあまり見せない顔、筋肉をすべて使った笑顔を見た時
初めて彼らを指導して、そして、一緒の時間を共有できてよかったとつくづく思う。
そして何よりも彼等は何かを発散し、そしてはじけている!
ストレスが多い環境にさらされている社会人にとって、これはとても大切なことだ!!!

そんな彼らと共有する時間を今年も
わずかな時間であるが、過ごしたいと思う。

昨年から始めた同期会の旅行。
個々に理由があるとは思うが、一人でも多く生徒たちが参加でき
彼らと時間を共有できますように!
ぶっちゃけ!!彼等からもらうパワーは大きい!!


05年スナップ 皆いい顔だ!
コメント (2)

おしっこ包囲網

2006-01-17 07:59:35 | ゴン(点滴ニャンコ)の日記
体がだるいなりにもトイレへ向かうのだが・・・・

おトイレの中に体は入るのだが、そこで安心してしまうのか肝心なところは外に出たまま用を足すのです。

ですから、それをキャッチする為にトイレの周りはペットシーツだらけなんです。。。 -->
コメント (2)

ラーチャン? 民亭

2006-01-15 19:23:02 | ゴンパパの住んでる街
実に久しぶりに行った。
急に民亭のチャーハンが食べたくなったのだ。
民亭の民は本当は王民と書くのだが、文字が出ないのであしからず。
この店は実に古く、ゴンママの父親がしかも学生の頃から通っていたという位昔からあるのだ。
ここは1年中冷やし中華があり、その発端は店の親父に常連の客が「ここの冷やし中華はうまいからいつでも食えるように1年中やってくれないか!」という言葉かららしい。
実際今日も冷やし中華を注文していた人がいた。

店の場所は駅から5分くらい。下北の南口をおりて、新宿方面に歩く。
下北に住んでいれば、あるいはよく足を運んでいるのであれば知らない人はいないだろう。

店は1階と2階に分かれ、いつも迷わず2階に行く。
2階は畳の部屋でキャパ40名位でそこをおばちゃんが1人で仕切っている。
今日もおばちゃんと話したが、その元気ぶりは健在だ。
気軽に話しかけられる気さくな人なので、行ったらぜひお話ししてほしい。

もちろんオーダーはチャーハン。
赤みのあるチャーシューを使っているのでご飯を含め全体が赤みがある。
初めて見る方は驚くかもしれない。うん年前それを頼んで初めて見たときはちょっと驚いた。。。
それにたっぷりのスープ(写真右側)がついて700円だ。



具はチャーシューと卵とネギでいたってシンプル。

味はあっさり目で庶民の味と言ったところ。
化学調味料を使用しているが、舌の感触はさほど気にするようなものでもない。



ラーチャン。半チャーハンと半ラーメンのセット。
普通の「半」とは量が違うのであなどるなかれ!


ラーメンの麺は細めんで、スープはあっさり醤油味。
行ったらぜひ江戸っ子ラーメンを!
醤油味のラーメンの上にキムチが乗っている。
この組み合わせが実に絶妙。。。

全体的にボリュームが多く、価格も高くない。
ゴンパパは複数人で行くことが多く、それぞれが違うものを頼み、箸でつついて食すことが多い。
実際家族でくる、グループでもくるというパターンを多くみる。

下北で何か食べたくなって、外したくなかったら間違いなく行ってもいい一軒といえよう。
コメント

猫の習性(根性!?)

2006-01-12 07:50:46 | ゴン(点滴ニャンコ)の日記
以前、猫はどんなに調子悪くても排泄物は決められたところへやりに行く・・・・
と言う話を聞いていましたが、ゴンもその通り体調が悪く、あまり歩けないにも関わらず、トイレまでは自力で向かいます。


トイレで用を足し、その場でうずくまるゴン

動物病院の先生も言ってましたね。
猫のきれい好きな習性というか、ある意味こだわり・根性を感じずにはいられません・・・
もちろんこの後は、抱きかかえてきれいにして、ゴンのいつもの場所に連れて行ってあげます。

コメント

しょんべん猫

2006-01-10 07:49:42 | ゴン(点滴ニャンコ)の日記
明らかに腎炎が進行中・・・
本人(猫)貧血がひどいらしく、歩くこともままならない。
腎臓が反応しない為、腎臓から骨髄へ血液を造りなさいという指令が行かず
貧血を起こすらしい。。

トイレに行こうとする努力はするが、ソソウをし始めた。
写真上側が少し濡れているのが判るかなぁー。。。

今ではしょんべん猫と呼ばれてしまってる(愛情込めてね^^)


コメント

下北カレー事情 -べジーヤ編-

2006-01-09 13:09:33 | ゴンパパの住んでる街
昔から下北にはカレー屋は点在していた。
いくつか名前を挙げれば、「なすおやじ」、「ゆめや」。
今ではステーキのチェーン店を展開している「ふらんす亭」だって、うまいカレーを食べさせてくれる。
はらぺこご用足しの「COCO一」だって負けてはいない。
「カラテチョップ」なんていう、ちょっと癖になりそうな味の店(ココナッツ風味)だってある。

しかし、ここ3~4年位の間にスープカレーなるものが下北に出現、出店が続いている。
なんとも北海道が発祥の地で、その数はご当地では100店舗をこえるとか・・・

下北出店その先駆けはご存知の方も多い「マジックスパイス」。
続いて北海道スープカレー店人気投票NO1の「心」。
昔は「〇倍の辛さ」で一躍有名になった「ボルツ」だっていまやスープカレーだ!
「松屋」だって負けてはいない!

いつのまにかそんなカレー激戦区になった下北に、新たにスープカレー屋がオープンした。

その店の名は「べジーヤ」。

地元新聞に1人500円の割引券つきのチラシが入っていたので気が付いた。
下北近辺に在住の方は是非1月8日の朝刊チラシを探してください。
もともとカレー好きなので早速リサーチ。

店内は中央に6人がけのテーブルがあり、カップルがけが基本で30席弱のキャパ。
店のコンセプトは「野菜の美味しさ・ボリュームにこだわリました」とのこと。
行った時間は2時をまわっていたが、偶然にもランチタイムにかぶっていた。
(ランチタイムは11時より3時まで)
ランチタイムの特典はプレーンラッシ-がついていることと、ライスの大盛りが無料であること。
(ランチタイム以外。ライス大盛り+50円。プレーンラッシ- 300円)
辛さは1~7まであり4からが追加料金が必要となる。(7以上も出来るとのこと)
1が一番辛くないのだが、それでも辛味があるので全く辛いのがだめだという方はこのお店自体お勧めできない。

ゴンパパは辛さ4にて多分これがメインメニューと思われる
チキンベジタブルスープカレーを注文


これがランチ版チキンベジタブルスープカレーだ。真中にある白い液体が入ったグラスがラッシ-。奥のライスは普通。手前の大盛りと比べるとどの位の違いかわかるかな。。

オーダー後、5分位で出てきた。
ご飯は五穀米を使用。あくまでも健康志向なのである。
スープがメインでご飯は付け合せというコンセプトなのでご飯の量は多くない。
なのでおなか一杯に食べたい人は向かない。

野菜がたっぷり入っているので(お店いわく350g)どちらかというと女性ターゲットかも。。。


下北出店のスープカレーの中でのスタンダードメニューでは野菜の量が一番かも。

まずはスープの味み。
ん・・・これってどこかで・・?
あー何気に日本蕎麦屋のカレーの味に近いって思ったのわしだけ???
酸味が利いて後味は残らない、さっぱり系。

具はさすがコンセプトだけあって、にんじんが大きく、ジャガイモは皮付きのものが丸々入っている。
かぼちゃも厚みがあり、一緒に入っているレンコンと同様しっかり歯ごたえが有る。
野菜は個々の味がしっかり出ていて美味しい。
チキンについては物足りないかな。マジックスパイスのチキンに慣れてるからそう思うのかも。。

ご飯は五穀米だが当日はちょっと固めに炊き上がっていた。
なのでスープと絡みづらいような印象がした。
付け合わせって言うからこんなモンなのかな。
でも、ご飯と一緒に食べたいですよね。

店内は明るく、店員さんの対応もよい。
BGMにラップがかかっていたが、お店のコンセプトと馴染んでいないような気がした。

路面店ではないものの、店内はお客さんで一杯だった(ビルの2階)。
通りから見てスープカレーと目立つように表示してあったのが効いていると思う。

トータル的には★★★と言ったところか。
理由はご飯が少ないことと、カレーを食べた後の後引きが全くといっていいほど無いこと。
カレーだけに辛口の採点かもしれないが・・・

下北の店舗は客が育ててまれに化けることがあるので、時間をおいてまた行ってみたいと思う。

スープカレーは同じ味が無いと聞きます。ですから、どんな味なのか食べ比べする
「通」もいるかとか・・
上記はあくまでもゴンパパの感想。
ぜひ、ご自身の舌で確認あれ!
コメント