13番の日記

熊本FC所属の松原羽の日記

チャンピオンズリーグ

2008年05月23日 01時41分22秒 | Weblog
昨日は結構夜更かしした方多かったんじゃないでしょうか!?

かく言う自分もみました、チャンピオンズリーグ決勝マンU対チェルシー。

まあ、途中で力尽きて後半の途中ぐらいまでしか記憶がないんですがね。それでも前半だけでもおなかいっぱいでした。本当にハイレベルです。


下馬評では磐石のマンUという予想が多い中、僕はあえてチェルシーを押していました。準々決勝はフィネルバフチェだから楽勝。準決勝のリバプールが鬼門だけど、他のチームと比べて消耗度で有利かなと考えていたので。
あと、近年優勝しているチームって国内リーグは制覇していないところが多い。まあ今回はどちらも最終節まで手を抜けなかったのでその点は関係ありませんでしたけど。


試合はライバル同士だから相手のどこを押さえればいいのか、どこをねらえば攻撃できるのかという手の内を知り尽くしたもの同士の緊迫した試合でした。
ほんとに攻撃の際の両チームのボールの精度の高さは凄い。そこを狙えるのか!しかも反応もしているのか!!
なかなか海外サッカーといえど試合全部を見れる機会は多くないですから。


前半一番うなったのは、ロナウドのドリブル突破とチェフのスーパーファインセーブ、そしてランパードの母にささげるゴール!!!

もう開催国枠なんか要りませんから、クラブワールドカップには両チーム来て頂きたい!
どっちがきてもいいけど、むしろどっちもみたいですよ。


ほんとにスピーディーなサッカーをイングランドはしますよね、もしウチのチームがやったら前半半分も持たないだろうなというほど、速い、強い、上手い!

毎年、感動する夜明けの日と僕の中では位置づけております。
終わるとそれに伴い自分の誕生日です。いつもチャンピオンズリーグの決勝はサッカーに関しての新たなモチベーションを与えてくれます。

最新の画像もっと見る

コメントを投稿