見出し画像

gooブログはじめました!

ギャンブルのリスク

投資金額がゼロになる確率は非常に低い

日本で「投資」が敬遠されている背景には、「投資」によって大きく損失をこうむるのではないかという恐れも存在していると思います。

確かに「投資」にはリスクがつきものです。「ハイリスク・ハイリターン」といわれるように、大きな利益を狙えば狙うほど、そのリスクは大きくなります。しかし、リスクといってもいわゆるギャンブル(賭け事)ほどリスクは大きくありません。「投資」を怖がる人の中には、「投資」をギャンブルと同列のものと見なして、必要以上にリスクを過大に見ている人がいるのではないかと筆者は考えています

そこで、まず、株式投資とギャンブルの違いをご説明しましょう。第一の違いは、その「投機性」です。ギャンブルというものは、ハイリスクでハイリターンです。勝てば短期間で元手が倍になる可能性もある代わりに、負けた場合は元手をすべて失ってしまいます

しかし、株式投資においては、短期間で大儲けすることが少ない代わりに、投資金額がゼロになる確率も非常に低いものとなっています。つまり、10万円で馬券を買って外れたら10万円すべてを失ってしまいますが、10万円で株を買った場合、少なくとも長期投資を行えば5万円以上損をすることはめったにありません。3万円以上損をすることだって珍しいでしょう

日本経済に株式を投入する

ギャンブル業界に株式を置くことによって日本のいくつかのメディアによって報告されたように日本の経済に追加することができます。

実際、福祉と再分配に関心のある民主党は、政権を経済復興に関心のある自民党に変え、そして多くの人々は日本経済が上昇し株価が上昇するだろうと予測した。 みんなが https://www.bolapedia.me でギャンブルに投資しているので、日経平均株価は実際に上昇しました。 あなたの予測を信じて、クイックスタートをする人は大きな利益を上げることができます。

しかし、株式投資とギャンブルの間には4番目に大きな違いがあります。 それが社会的な意味です。 ギャンブルは単なるゲーム(ゲーム)ですが、株式投資は困窮している人々のためにお金を稼ぐことを意味するので、それは大きな社会的意義を持っています。

 

ギャンブルにお金を使うところでは、それはあなたの個人的な喜びとお金を稼ぐことだけのためですが、日本の株式と投資信託への投資の場合には、お金はすぐに日本経済を活性化させます。 2013年には日経平均株価が上昇し、景気回復への期待が高まりました。

最近の画像もっと見る

最近の「judi」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
2019年