堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ち蕎麦 清水屋

揚げたての名物揚まんじゅうと原料にこだわり作った季節の和菓子と手打ち蕎麦をご賞味ください

基礎工事が始まりました

2015年08月20日 | 日記
堀ノ内妙法寺門前通り商店会清水屋三代目です
いよいよ地鎮祭も終わり、基礎工事が始まりました。
新しい店舗の大きさがわかるようになりました。平屋なので仕方がないのですが以前の店舗よりかなり大きいです。

コメント

東神奈川へ

2015年08月07日 | 日記
杉並堀ノ内妙法寺門前通り商店会
妙法寺名物揚まんじゅう清水屋三代目です

昨日は、お世話になった蕎麦の先生の所へご挨拶に行ってきました。
「今までの和菓子と新たに蕎麦を出せるように店を立て直しする事になりました。店舗はPocchy Landさんにお願いしました!」とご報告に。
先生からは「ポッチーさんは有名なお店も手掛けているし、業界では名の通った方なので良い店を造ってくれるので安心ですよ」とのこと。
ご縁があってありがたいと思いました。宜しくお願いします!

そして帰りに、お話だけでず~っと行きたかったお店へ行ってきました。とっても楽しかったのでまたお邪魔したいと思います。
コメント

清水屋三代目として

2015年08月01日 | 日記

堀之内妙法寺門前通り商店会
妙法寺名物揚まんじゅう清水屋の三代目となりました。
末永くよろしくお願いいたします!

さて、今年の6月から清水屋を引き継ぎ三代目としてやらなければならないことに追われ、アッという間に8月になってしまいました。
アドバイザーの先生からブログを始めるように言われて、早一か月経ち焦りつつパソコンに向かっています。
会社の引き継ぎも終わり、今は新しい店舗にするための準備を着々と進めているところです。
今まで当たり前に朝店に行き、仕込みをしてからその日の注文や開店準備と続き、店に来ていただいたお客様の対応と明日の商品の仕込み等で気づけば夜になってしまう生活を何十年かしてきた自分にとって、初めてのことばかりでほぼ毎日戸惑っております。

私の三代目としての初仕事は、生まれる前から在り○十年暮らしてきた店舗の解体に向けての準備でした。
50年分の荷物と清水屋としての在庫やパッケージ類等、この大荷物をどうしたら片付けられるのか…
予定では解体工事までに3週間あったので、少しずつ捨てるものと残すものを分けて、その間に解体業者と保管場所を探せば良いとのんきにしておりました。
ところが…
お隣にある、普段から大変お世話になっている妙法寺さんへこれからのご報告と解体に向けてのお祓いや地鎮祭のお願いに伺ったところ、なんと!予定していた3週間後までに解体を終わらせるように言われてしまったのです。
その後は人生始まって以来のパニックでした。
お客様にお知らせしきれない!
注文は?
解体業者は何社か見積もり出してください!の状態、3週間後までに解体を終えるとしたら???
1週間で作業場の機械の搬出と保管場所の確保
その前に解体業者を決めて、いったい何日解体にかかるのか想像もつかない私。
何より、あの大量の荷物は?
一気に普段使わない頭を使ったので一時放心状態に…今、思い出すと自分で笑ってしまいます。
しかし、何とか周りの方の助けを借りて19日までに解体作業を終えることができました。
しかも、本当にすべての業者さんが素晴らしく良い方達ばかりで家族共々感謝!感謝!でした。
ありがとうございました。


その後、余りにも短期間で更地になった清水屋の前を行く人は驚かれている方ばかり。
店のあった更地の前で立ち止まっている方を見つけると、なるべくお声をかけさせていただいています。
道行く人からはこの機会にゆっくり休んで!とか、早くオープンしてください!愉しみにしています!といったお声をかけていただき、とてもうれしくありがたく思っています。
その反面、どうしたの?お店辞めちゃったのね!など、どうしてもお伝えしきれなかったお客様がいらっしゃるので大変申し訳なく思っています。

皆様!少しお時間はいただきますが、新しくきれいになっていく清水屋をこれからも宜しくお願いいたします。
コメント (2)