堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ち蕎麦 清水屋

揚げたての名物揚まんじゅうと原料にこだわり作った季節の和菓子と手打ち蕎麦をご賞味ください

商店会のイベントと補助金

2019年11月26日 | 商店会活動

杉並区堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋 二代目おかみのブログ。清水屋の仕事をこなしながら、商店会活動と地域の活性化に取り組んで来ました。

妙法寺様の落語会にみたらし団子とせんべいが木戸銭としてお客様に振る舞われました。

    

 こしあんの揚まんじゅうも在庫が少なくなってきたので製造をし、安心して連休を迎えることができます。25日・26日・27日と清水屋はお休みさせていただきます。                    

   

 商店会の役員会が今夜ありました。歳末感謝祭の説明が会長さんからありました。イベントでの振り返りをみんなで話し合いながら意見交換をしました

   

新しく入会されたお二人と前会長の(今は顧問)旦那さんも本日は出席してくださいました。診断士の中津留先生方11名の先生方が評価まとめてくださったとを発表してくださいました。

   

補助金対象のイベントが、和田商店街との協賛で年間3つのイベントの開催ができていたのですが、来年は、和田商店街が協賛できないとのことで2つのイベントしかできず、

商店会役員の皆さんは千日紅市を商店会の活動から外すことを決定しました。【妙法寺夏のふれあい祭リみんなあつまれ!】【歳末感謝祭)のイベントは商店会として存続することになりました。

その後会長さんが用意してくださった飲み物とおでん屋さんが提供してくださったおでんを頂きながら屈託ない意見が交換されました。中津留先生が千日紅市の存続が商店会にとって重要な部分であるとおしゃっていただきましたが

役員さんたちには負担が大きと感じているようです。

    

千日紅市はもともと千日紅同好会が商店会を支援するために発足したイベントなので、これまでの間支援してくださった多くの方がいるので改めて自分で千日紅市を続投したいと考えています。

企画。構成・内容の充実・予算などをしっかり見つめ直して見ます。 千日紅の花を育てながら、地域の皆様とつながったご縁を大切に、地域と商店街と妙法寺様の縁日の復活を目指すことが、

自分が今までお世話になったこの地域での恩返しと思っているので頑張るつもりでいます。

新たに地域の子供と若いお母さん方が協力してくださると言ってくださっているのでがんばりたいと自分に言い聞かせています。

補助金を当てにせず自分たちでできる内容で千日紅の花と笑顔のおもてなしを限りない可能性を秘めた子どもたちと、若いお母さん方と一緒に千日紅市を続けていきますので

地域の皆様には今まで同様にお力添えをお願いしたいと願っています。

 

杉並区堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋

 東京都杉並区堀ノ内3-48-3 TEL:03-3311-0725

和菓子:9:00〜17:00 毎週 火曜日・水曜日定休
   
手打ちそば:平日 11:00〜18:00 夜、予約のみ(17:00までに予約)、
日曜・祝祭日 11:00〜17:00(そばがなくなり次第終了します)
毎週・水曜日定休(3のつく日)、祝祭日は営業します。

コメント   この記事についてブログを書く
« 清水屋での振り返り | トップ | 清水屋のために 常に前向き... »

コメントを投稿