堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ち蕎麦 清水屋

揚げたての名物揚まんじゅうと原料にこだわり作った季節の和菓子と手打ち蕎麦をご賞味ください

思いでづくりをご一緒に

2021年12月12日 | イベント
杉並区堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋二代目おかみのブログ。12月11日清水屋を退職したスタッフの一人が
今日、揚まんじゅうの製造をする旦那さんの手伝いをするために来てくれて
先日いただいた色紙が繋和会のスタッフみんなにいいねって言われ,自分の思いが言葉となって表現されていてとても嬉しかった
とお伝へしてお礼を言わせていただきました。
 
自分の体がアチラコチラに痛みがあったりで、気持ちが弱気になったとぐちをを聞いてもらったり
繋和会のみんなが連日交代で作業を手伝いに来てくれて助かっているんだとか
今後の活動についてなど話をしながら清水屋の一日が終わりました。
 
部屋でテレビを見ていたときに
昔のボランティアのことが急に鮮明に頭に浮かんできたのです。
茨城県水戸市にあったみどり園で、親のいない子供達の面倒を見ている養護施設でした。
確か飯村 信 園長さんだったと記憶しています。
園長先生は大人だったのでかなりの高齢になられたはずで元気でい
らしゃるのだろうか?
養護施設はどうなっているんだろうか?状況や
卒園した子供たちはどんな大人になっているのだろうか?
などなど・・・・・。
 
中学校を卒業して社会人になり東京都交通局に努めてお給料をいただくようになってから困った子供たちをなんとか応援しようと選んだ施設がみどり園でした。
自分も片親で近所の人たちにお世話になっていて貧乏でしたが毎日を楽しく過ごすことができていたので
施設の子供たちにも元気で居てほしいと願い遊びに行きました。
 
クリスマスに大きなケーキをケーキ屋さんに作ってもらい
ためといたお給料でデパートでプレゼントを選び
父親がパチンコでゲットしたチョコレートやドロップなどたくさんの景品も一緒に持って友達に付き合ってもらい慰問に。
 よっちゃんや、清くんの名前しか浮かびませんが一緒に遊んだ記憶が思い起こされます。
 
東京オリンピックで代々木にオリンピック競技場ができたのを見せてあげたくって子供たちを東京見物に招待する計画を立てたりし
て清水屋にも協力してもらい実行することができました。
このときのご縁つながりで清水屋に嫁に来たのかも?(笑い)
 
数年立ったとき、確か、よっちゃんが東京の恵比寿の魚や?に養子として迎えられたと聞き、恵比寿に探しに行ったことがありましたがわからずでした。
なんで今頃思い出したんだろうか?若かった時を懐かしがったのか、
自分が多くの人に助けていただいて活動ができていてからなのか?
いや、いただいたあの色紙のせいかもしれない
 
社会人になり、、誰しもが自分の育った地域での活動を体験したくさんの経験を積み重ね、あの色紙のように
【人と人とのつながりを重んじ 夢のバトンを次世代に渡していく・・・・】花の育成を通して。
 
花の画像のようです
小さなお子さんからお歳しを召された方々皆さんの、夢や希望をたくさんお聞きして楽しいまちづくりを企画することが
自分のこれからの目標であり夢だと今、気付かされました。
 
皆さんが地域のイベントでやってみたいこと、ご自分の夢や希望をお聞かせいただき
できることから実現できるよう、千日紅繋和会と、心に残る思い出づくりをご一緒に~☆彡♫☆彡

妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋                

 東京都杉並区堀ノ内3-48-3 TEL:03-3311-0725

和菓子:11:00〜15:00 毎週 火曜日・水曜日定休
   
日曜・祝祭日 11:00〜15:00(そばがなくなり次第終了します)
毎週・水曜日定休 祝祭日は営業します。

 
 
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 千日紅旅立ちツアーと悲しい別れ | トップ | 清水屋臨時休業のお知らせ »

コメントを投稿