堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ち蕎麦 清水屋

揚げたての名物揚まんじゅうと原料にこだわり作った季節の和菓子と手打ち蕎麦をご賞味ください

おかげさまで~。

2017年09月17日 | イベント
杉並区堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋 おかみのブログ。9月16日朝、千日紅の花たちから優しい元気をいただき出張販売の準備を旦那さんと始める。



昨日までは、体力的に自信がないのでと、とても消極的でした。なので揚まんじゅうの販売だけでもできればいいかな~と思っていたのですが朝はやくから赤飯の準備を始めています。二人の会話 赤飯とおこわと揚まんじゅうしか用意できないけど良いか?団子は無理だ。すごいじゃない!それだけできれば十分ですよ。あとは子供のお客様が多い場所だから京菓子を持っていくから大丈夫。二人でできることだけがんばってやってみよう!そうだな、、、でも俺は手伝ってやることができないから無理するなよ。大丈夫ですよ。フライヤーは三代目の友達二人が8時までに用意すれば、会場まで運び、終わりの頃に取りに来てくれる約束をしてくれているので安心して。大丈夫かな、、おまえひとりで、、。大丈夫。
娘もお母さん一人じゃ無理だから蕎麦のスタッフを一人回そうか?【内緒だけどお父さんに頑張る気力を持ってほしいから二人でやってみよう】としているので頑張って見るから!とは言っても内心は不安ばかりでした。旦那さんが準備した赤飯とおこわだけでも売り切れば旦那さんが頑張ったことに成る。二人で頑張る決意でさあ会場に。

    

フライヤーなどは会場がオープンする前の8時過ぎに届けられているのに商品を仕上げて会場入りした時には一番最後でした。途中知り合いから心配の電話が入り到着しましたと報告をする。旦那さんはフライヤーを準備自分は商品の販売準備をしているとなんと商店会の仲間の女将さんが、少しの時間だけど手伝いに来たわよ!本当にあんた一人でやる気だったんだ?と言いながらお客様に声がけをはじめました。感謝です。


旦那さんのこの時の安心したかのような笑顔がとても嬉しかった。よかった、、、。じゃあ帰るからな。店はみんなに任せて休んでいてくださいね。悪いな、、無理するなよ
必要なものがあったら言えよと言って店に戻っていきました。


昨年まではこのイベントのスタッフとして会場にいたときを思い返しながら、、、今ではみんなに見守られて此処に立っていることがとても嬉しかった。


京菓子は思った通り皆さんの目を引き、子供だけでなく大人にも人気でした(笑い)イベントを開催する側と、イベントに出店させて頂く側との、両面から全体を見させていただいた終了後、荷物を取りに来ていただくまでの時間会場に残っているのは自分だけでした。会場に落ちているゴミが目立つので掃き掃除をしていると、スタッフとして活動していたときの仲間たちが声をかけて気遣ってくださいます。中には、山田さん!後ろから見ていたけど、だいぶ腰が曲がっていてお疲れがでてましたよ!と、忠告してくださった方もいました。


店に戻り荷物運びを手伝ってもらった二人に食事を誘いご一緒に。予約の方がお一人いらしゃいました。テーブルのに変わった高杯(おちょこ?)我、訪ねてみるとご自分でお酒を楽しむので持参したそうです。この方はご家族がご一緒ですが、時折お一人で楽しみな時間を過ごしたいと三代目とおはなしをしながらお酒をのむことだそうです。



今までと違った、今日一日を振り返ってみると、自分たち夫婦が確実に年齢を重ね、頑張ってきた体は悲鳴をあげている、それでも自分たちが生きてきた証を三代目に託し、そのまま身を引いて穏やかな老後をと考えて見たこともある。パーキンソン病で不自由な動作が多く見られるようになった旦那さんと、このまま仕事から退いたときにどう対処してよいのかまだ答えが出ていない。人様のお役に立ちたいと考えていたが反対に人様にお世話になっている自分たちがそこにいる。朝から一日の終りまで多くの人のお力添えに甘えてばかりはいられないので真剣に旦那さんの体力と自分の様々な活動の事を見つめ直して見なくてはいけないと考えさせられた一日でした。

今日一日お世話になった皆様に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

杉並区堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋
東京都杉並区堀ノ内3-48-3 TEL:03-3311-0725
和菓子:9:00〜17:00 毎週 火曜日・水曜日定休
   
手打ちそば:平日 11:00〜18:00 夜、予約のみ(17:00までに予約)、
日曜・祝祭日 11:00〜17:00(そばがなくなり次第終了します)
毎週・水曜日定休(3のつく日)、祝祭日は営業します。










コメント   この記事についてブログを書く
« お祭りと~出張販売と~清水... | トップ | 大失敗を新たなエネルギーに!! »

コメントを投稿