堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ち蕎麦 清水屋

揚げたての名物揚まんじゅうと原料にこだわり作った季節の和菓子と手打ち蕎麦をご賞味ください

清水屋ご予約承ります

2020年02月22日 | 清水屋の毎日

杉並区堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋 二代目おかみのブログ。2月に入り清水屋も急速に忙しくなってきました。行事の際に赤飯のご予約をいただくことが多く,前もっての注文には準備ができてとても助かります。

2/3日 節分当日 前日に紅白のお供え餅を! だいぶ形よく仕上げることができるようになりました。

 

旦那さんと二人午前5時から赤飯の注文を!

旦那さんも注文が入っているとやる気スイッチが入り頑張っています。パーキンソンで足が思うように動かない状態でも必死に頑張っている姿を見るとやはり男だ!!と心に思う。

 

パック詰めの注文。

パック注文を仕上げ。赤飯やお供え餅、お盛り物のまんじゅう、揚まんじゅうの注文などは旦那さんと二人で製造を頑張るのが自分たちの仕事.として、二人で力を合わせ頑張っています。

折り詰めの注文。

赤飯を折り箱に詰めるのは自分が一番だと張り切って詰めます(笑い)

折り詰めを仕上げ11時までにお客様のところにお届けを。

午前中の仕事終了と同時に旦那さんが会長をさせていただいている門前橘香会で節分の豆を

妙法寺様に奉納。

会員さんが福豆を提供してくださり袋詰が2日までに清水屋に届く

妙法寺様の節分会で手渡しで皆さんにお配りする福豆を妙法寺様にお届けに。

豆まきは午後3時からなのでその間、朝食を済ませ旦那さんには時間まで休んでもらい豆まきに備える

朝食はコンビニで済ませ、通りの花と、自宅の水仙の鉢植えに水やりを。

咲いたら、商店街のとおりにおもてなしとして置かせていただくので早く咲いて!!と願いながら水やりをする

手打ちそばのお客様もだんだんおいでになり、三代目もスタッフのみんなも忙しそう。

手伝ってあげたいけどそっちはみんなでがんばって!!

その分、揚まんじゅうのお客様をさばきながら台ふきんを干しておくからね。

午後は、豆まきの前にあげまんじゅうを注文されて行かれるお客様に対応しながらひたすら

揚まんじゅうを揚げ続けて、豆まきの終了後もまで頑張りました。

旦那さんが転んでと知り合いから聞かされて心配で見に行こうとしたら本人が帰って

大丈夫と言っていたが、すぐに休ませて、なが~い清水屋の一日が終了しました。

おいでいただいたお客様、三代目とスタッフのみんな、そして自分にもご苦労さまでした。

物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋

 東京都杉並区堀ノ内3-48-3 TEL:03-3311-0725

和菓子:9:00〜17:00 毎週 火曜日・水曜日定休
   
手打ちそば:平日 11:00〜18:00 夜、予約のみ(17:00までに予約)、
日曜・祝祭日 11:00〜17:00(そばがなくなり次第終了します)
毎週・水曜日定休(3のつく日)、祝祭日は営業します。

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 清水屋の振り返り | トップ | 手打ちそば清水屋の貸し切りも »

コメントを投稿