堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ち蕎麦 清水屋

揚げたての名物揚まんじゅうと原料にこだわり作った季節の和菓子と手打ち蕎麦をご賞味ください

飯舘村にお邪魔しました

2018年06月11日 | おでかけ

杉並区堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋 おかみのブログ。ある日、飯舘村にご一緒しませんか?と知り合いからのメールがありました。毎日が時間に追われているのですが2つ返事で参加させていただきますと。旦那さんも誘いましたが迷惑をかけると思うのでお前が行ってこい!と了解をしてもらいました。当日の朝、誘ってくださった方が家庭の事情で不参加となり知らないメンバーの方とご一緒することになりました。目的もどのような場所かもしれませんがすべてを奪われた方々の生き様を自分の目で確かめたいと言う思いでお邪魔しました。

   

【地域をともに作る】菅野宗男さんの言葉にとても共鳴した部分がありました。これからの地域活性化のためには、都会の人と田舎の人と一緒になって取り組むことも必要だと思っています。活動のためにご自分の生活もご自分の持ち物もすべて提供されて多くの方々の交流の場を提供されていることにとても感銘を受けました。

  

 自分も10年間地元の皆さんにお力をお借りして街興しをしていますので、一人では何もできないことを、自腹を払い意見交換の場作りをしたりすることも度々でした。しかし自分たちの街を、自分たちの命を、自分たちの生活も自分たちで守らなければならない現実は都会にいても皆さんと同じです。ただ何もかも失いその中で生きるために一歩踏み出して地域の皆さんにより沿い生きる勇気を与えようとしている皆さんには到底叶いません。

   

 当日、自分たちの車でご一緒された田尾陽一さんの案内でたくさんの場所を見せていただき多くの方にお会いすることができました。霊山に立ち寄ったときに、とても空気感の良い景色と気持ちの良い風に吹かれこんなに素敵なところがたくさんあるんだと、木々のざわめきに酔いしれていました。説明されている田尾さんが山の良いところを説明されているときに本当に自然が好きで山登りも好きなご様子で話されているときの笑顔がとても人間らしく田尾さんのお気持ちがにじみ出ていたように感じました。夜には多くのみなさんが集いたくさんのごちそうでおもてなしをしていただきました

  

 溝口勝さん

地元に戻られて新しい挑戦をされている皆さんとともに農業の面を開発されそのために学業の面からも研究しながら足並みを揃えて頑張られている姿はとてもまぶしく頼りがいを感じさせていただきました。三人のリーダーが居る福島再生の会。とてもバランスが取れていて同じ目線で目的のビジョンが見えているかのように自分は感じ取りました。

   

次の日には田植えを体験させていただき、松川第一仮設住宅の皆さんのところにお邪魔して多くの皆様の力強さを見させていただきました。

  

 前日、山津見神社でお会いした【までえな食づくり】に貢献された管野さんとお友達が仮設住宅の集会においでになりました。

歳を重ねた御自分をしっかり見つめて生きている姿にはとても力強く前向きにご自分でできることを考えておいでのようでとてもたくましく女性のリーダーの顔が見えました。

  

人は常に自分との戦いです。人に与えてもらうのではなく自分が描く幸せなビジョンに近づくために努力する。今回、ご縁ができた皆さんの心に秘めた熱い心意気がじんじんと伝わってきた貴重な時間を過ごさせていただきました。

  

 自分も南相馬や双葉郡川内村にたびたびお邪魔していますが何も手出しをすることができません。せめて花を通して強く生きている皆さんに笑顔と癒やしの空間を提供させていただいています。地域の皆さんと一緒に千日紅の花を種から育て咲かせてご縁の輪を広げていきたいと願いながら活動しています。

 今回ご縁ができたみなさんが必要とすることができた際には目一杯協力と応援をさせていただきます、人としての生き様をしっかり見させていただきました。東京でなにか不都合なことが起きると人は静かに去っていきます。皆さんの助け合いの精神がとても光っている姿は自分にはとても眩しく、またとても嬉しい体験をさせていただけたことに感謝しています。

ありがとうございました。

どうぞお体に気を付けてお過ごしくださいませ。またお会いできる日を楽しみにしています。

杉並区堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋

 東京都杉並区堀ノ内3-48-3 TEL:03-3311-0725

和菓子:9:00〜17:00 毎週 火曜日・水曜日定休
   
手打ちそば:平日 11:00〜18:00 夜、予約のみ(17:00までに予約)、
日曜・祝祭日 11:00〜17:00(そばがなくなり次第終了します)
毎週・水曜日定休(3のつく日)、祝祭日は営業します。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 過ぎゆく時間とイベント準備 | トップ | 防災体験をイベントで!! »

コメントを投稿