堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ち蕎麦 清水屋

揚げたての名物揚まんじゅうと原料にこだわり作った季節の和菓子と手打ち蕎麦をご賞味ください

清水屋三代目が頂いた嬉しい言葉は、、。

2017年08月21日 | 三代目の願い。
杉並区堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋おかみのブログ。手打ちそばのスタッフがいないので2日間フロアーの作業を手伝いました。一日目、母娘の対話の時間が持てました。2日めに三代目の仕事ぶりを朝からずーっと終わりまで見ることができました。

お客様の対応を頭では理解しているのですが、、いざ、営業が始まると、お絞りとお水、メニュー表とを持って注文をお聞きする。、伝票にかき、オーダーする。娘は作り、自分はお盆のセットそします、蕎麦豆腐を【本日のそばと同じそば粉で作った蕎麦豆腐です、召し上がってみてくださいませ】と言って提供する。できた順からお客様にお出し、頃合いを見て蕎麦湯をお持ちし、食べ終わったら熱いそば茶をお出しする。娘が一人で調理しているので待たされている方に配慮し冷たいお水のおかわりとおまたせしてすいませんと言葉をかける

下げた食器を流しに入れる、皿・コップ・ざる・湯呑み・徳利などなど分けて並べておく。会計に成るともっと大変です。エアレジというパソコンの小型化?にテーブル№、人数・品物名・計算と順番通りにしないとレジが開かない。毎日スタッフが一番時間をかけているのが理解できました。70過ぎのおばさんにはとても手こずる作業なのでその都度娘に助けてもらわないとできません。注文は、次から次に~作るのに手一杯の相手も手を止めるとお客様が待つ時間が長くなってしまうので注文伝票に金額を書き入れて、レジを少し開いてもらっておいてなんとかスムーズにさばくことができました。しかし作る側は、人気の天せいろやかき揚げ、冷やしたぬきと手際よくカウンターに出てくること。

天せいろ5まいおねがいします!卵焼きが入ります!と品物が別々が入ったりしても少しも動じずにテキパキとはい!!お待ちどう様!という具合です。待たされているお客様もすいませんもう少々お待ち願いますと声をかけると、大丈夫ですよ。こちらの卵焼きとお蕎麦を食べるのを楽しみに来ていますので、と嬉しい言葉をいただきました。

 (写真は写す間がなく以前のものでイメージとして。)

開業してあと数ヶ月で2年目となりますがよく此処までさばくことができるようになったと、、と、その時、食べ終わったお客様が今日は、謝らなければなりません!えっと驚いている私の様子に異変?と感じた娘が調理場から出てきました。するとお客様がいきなり深々と頭を下げて、前回立ち寄らせていただきましたが、女のヒトがそばを打ち、調理も一人でしていて長続きしないだろうと思っていた。しかし、味は変らず、丁寧な仕事ぶりを自信を持ってされている姿を見て、驚きましたし、自分の評価が間違っていたので誤ります。とても美味しくいただきました。その方の言葉に自分は嬉しさのあまり言葉が詰まってしまいました。娘は、ありがとうございます、気に入っていただけて、とても嬉しいです。おまたせする時間がかかってしまいますがこれからも頑張りますので、どうぞ宜しくお願いいたします。と笑顔で嬉しそうに店主としてのご挨拶をしてました。親は負けました。三代目はちゃんと成長してました。

お母さんは何もしなくっていいから、スタッフのみんなに清水屋として当たり前に楽しく仕事ができるように、お母さんが今までしてきたことをスタッフに教えて見守っていてくれればいいからと、言われた言葉が思い返されて娘の言う通りに頑張っていこうと、三代目についていっても大丈夫と確信しました。

スタッフのいない2日間とても勉強になりました。そして年寄りにもできる仕事を割り振ってもらえたことに感謝した日でもありました。

杉並区堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋
東京都杉並区堀ノ内3-48-3 TEL:03-3311-0725
和菓子:9:00〜17:00 毎週 火曜日・水曜日定休
   
手打ちそば:平日 11:00〜18:00 夜、予約のみ(17:00までに予約)、
日曜・祝祭日 11:00〜17:00(そばがなくなり次第終了します)
毎週・水曜日定休(3のつく日)、祝祭日は営業します 
コメント   この記事についてブログを書く
« 手打ちそば清水屋の思い~。 | トップ | 貸し切りの手打ちそば・注文... »

コメントを投稿