堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ち蕎麦 清水屋

揚げたての名物揚まんじゅうと原料にこだわり作った季節の和菓子と手打ち蕎麦をご賞味ください

豊洲市場と迎賓館

2018年11月20日 | 突然な出来事

杉並区堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋。11月19日。数日前に突然の電話。杉商連の日帰り旅行にいきませんか?知り合いからのお誘いでした。阿佐ヶ谷駅からバスで豊洲市場に~。

 

今、話題の豊洲市場は、食の安全・安心を確保 省エネに取り組み環境に配慮 効率的な物流の実現と新たなニーズへの対応 地域と連携し活気と賑わいの創出を掲げて平成30年10月11日に会場したそうです。驚いたことに案内していただいた各エリアに大勢の見学者でいっぱいでした。    

豊洲市場は取り扱う生鮮食料品や市場での役割に応じて3つの街区に構成されているのだそうです。 

 

水産仲卸売場~市場は終わったあとでしたのできれいに片付いていました。3階には見学ギャラリーと飲食店舗が入っているそうです。

    

屋上緑化広場は市場関係者の皆さんや、仕入れにおいでの方、一般の買い物においでのみなさんが憩いの場所として訪れる場所として作っているとのことでした。

 

見渡せば2020年のために選手村の建築が着々と進んでいる様子が目の前に広がっています。

 

屋上緑化広場には豊洲ぐるり公園からも上がれるそうです。

水産卸売場棟を見学している方がとても多くいて3階の飲食店舗では市場で働いているみなさんも昼食を食べることができないくらい一般の皆さんでいっぱいだそうです。青果棟には野菜や果物の旬で色分けされた見学者コースもあるようでとにかく見学している間すれ違う人、人、人でいっぱいでした。豊洲市場をあとに築地市場に行き昼食をいただきました。煮魚が美味しい味付けで満足でした。

 

次は迎賓館に~。ココでも人がいっぱいでしたいつも車で通っていても開放されていたなんて知りませんでした。荷物検査をして中に入り赤い絨毯を踏みしめながら自分たちとは無縁の豪華な景色を見て回りました。中では写真がだめで残念でした。

 

外での撮影はOK でした。商店活動でいつもお世話になっているみなさんと一緒にと旦那さんが撮ってくれました。

猪鼻さんの病気と戦っている姿にいつも感心させられて、旦那さんも勇気を頂いていて、ご一緒できたのでたのが嬉しかったようでした。

 

清水屋の古くからのお客様も初めて夫婦でご一緒でたくさんのお話をお聞きすることができました。

 

バスまでの帰り道に歩き疲れたところでちょっと休息場所が有り皆さんしっかり休憩していました。

 

 お客様からコーヒーと紅茶をごちそうになってしまいました。嬉しい~💓ありがとうございます~\(^o^)/これからがまだ嬉しいことが有りました。新宿で懇親会が用意されていました。今回、大勢の皆さんとこんなにもお話ができ、自己紹介デ知り合いになれて、疲れが飛んでしまいまいました。楽しい時間がともに過ごせて旦那さんと二人一緒に参加してよかった~と思いました。

誘ってくださった方に感謝です。快よく参加することを許してくれた娘にも感謝です。

朝、集合時間が9時だったので朝食をいただく余裕が有りました。今日は食べ過ぎの一日でした。()笑い

杉並区堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋

 東京都杉並区堀ノ内3-48-3 TEL:03-3311-0725

和菓子:9:00〜17:00 毎週 火曜日・水曜日定休
   
手打ちそば:平日 11:00〜18:00 夜、予約のみ(17:00までに予約)、
日曜・祝祭日 11:00〜17:00(そばがなくなり次第終了します)
毎週・水曜日定休(3のつく日)、祝祭日は営業します

 

 

 

 

 

 

                      

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 清水屋の毎日を | トップ | 地域支援のご縁をいただき »

コメントを投稿