堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ち蕎麦 清水屋

揚げたての名物揚まんじゅうと原料にこだわり作った季節の和菓子と手打ち蕎麦をご賞味ください

妙法寺名物揚まんじゅう清水屋・かぼちゃ・黒糖の揚まんじゅう只今品切れ状態です

2020年01月04日 | 清水屋からのお知らせ

杉並区堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋 二代目おかみのブログ。令和2年の正月 思いもしない幕開けでした。

三代目のギックリ腰もどうにか良くなってきているようで1月4日から三代目手打ちそばが復活するようです。

揚まんじゅうもおかげさまで連日ご好評頂いています。ただいま、こしあん・つぶあんの販売をさせていただいていますのでよろしくお願いいたします。

改めまして新年あけましておめでとうございます。

清水屋を応援してくださっている多くの皆様に、ご心配やご面倒をおかけしていますが、

商店街や地域のために、ご奉仕をさせていただきながら、成長させていただいている三代目ともども

ご指導のほどよろしくお願い申し上げます。

清水屋と旦那さんと三代目のことが気がかりで、なおかつ一年で一番忙しい正月の三が日の揚まんじゅうの販売のことで頭の中がいっぱいでした。

気がつくと千日紅の水やりの作業をここ数日することができず、3日の朝には頑張ろうと思っていたら地震の揺れで起こされて

気がかりだった作業をして商店会を回ってきました。

 

ほっといてごめんね・・・・と誤りながらたっぷりのお水をあげてきました。頑張って咲いていてくれてありがとうと声をかけながら1時間たっぷりと作業してきました。

 

一番驚いたことに商店会のとおりにタバコの吸殻がかなり落ちていたのです。千日紅の朝の作業をしているときに吸い殻を拾い集めてくださる人をよく見かけましたがこんなにも落ちているんだとびっくりでした。イベントの終了したときに朝早く見回ったときには落ちていなかったのに正月は人の出が多いからかしら?

 

昨年は沢山の方とご縁をいただき、自分の生活環境が目まぐるしく変動した年でした。

困難なことが起きるたびに救いの手を差し伸べてくださる方にお世話になり、

新しいことに挑戦したいが自分に力足りず迷っていると、指導してくださる方が現れたり

小さな子どもと、そのお母さんたちとの新たな交流のご縁をいただき、現状の活動に世代交代の夢をかのうにできるかも?

 

商店街に、打ち水作戦で現れた純粋な子どもたちのパワーを見させていただいたとき救世主が現れたと

感じました。

嫌なことも沢山ありました。でも嫌なことは自分の中で解決するように自分に言い聞かせて今までも生きてきました。

人間不信になることも多々ありますが、自分の至らなさが原因になることが多く相手の方の良い部分を見つけて、

仲良くさせていただくように心がけています。

重要な決断をしました。

商店会の活動のイベントに関して、補助金、商店主の高齢化と若返りの変動の現状から活動が難しく

商店会主催から外れることになりました。

今年の一番の目的は、千日紅市のイベントを地域の皆様と一緒に作り上げていくことを目標にしています。

補助金に頼らずにどうやって運営していくのか只今企画取り組み中です。

地域での千日紅の活動を

【堀之内のおもてなし】として千日紅の花を種から育て地域の皆様と一緒に千日紅同好会のメンバーと一緒に

新しく加わったストロベリーフィールズの子供たちと力を合わせ老いも若きも手を携えて地域の活性化と人間らしい本来の優しさをお互いに持てるような行動をしていきたいと願っています。

本年度の千日紅市のイベントは、。11月3日(文化の日)開催を目指しています。

自分が初めてイベントを開催するために参考にさせていただいたのが 三重県多気町の相可高校の高校生レストランでした。

そのときにお世話になった岸川政之さんに再度相談させていただきました。

一般社団法人「未来の大人応援プロジェクト」全国にまたがって高校生の活動に携わっている方なので

これからの未来に可能性を無限に持ち得ている子どもたちとの接し方を学ばせていただきたいと思っています。

千日紅同好会の活動の思いに共鳴していただき、活動を盛り上げたいと思ってくださる方と一緒に頑張りたいです。

杉並区堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋

 東京都杉並区堀ノ内3-48-3 TEL:03-3311-0725

和菓子:9:00〜17:00 毎週 火曜日・水曜日定休
   
手打ちそば:平日 11:00〜18:00 夜、予約のみ(17:00までに予約)、
日曜・祝祭日 11:00〜17:00(そばがなくなり次第終了します)
毎週・水曜日定休(3のつく日)、祝祭日は営業します。

 

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 妙法寺名物あげまんじゅうの... | トップ | 清水屋の味を通して »

コメントを投稿